トラック運送業界

2017/08/04

No.2479 トラアポ iPhone版もうすぐです

 なんとなくこのブログの2,500回目が見えてきました。単なる通過点ですが…。

 築地の場外市場は、あの有名なラーメン屋さん「井上」が出火元のようですね。明日辺り築地に行こうかなんて思っていたけれど、どうなんだろうか? 野次馬が多くて大変か?

 

 今朝もBBCニュースで大井真理子さんが大きなお腹でシンガポールのスタジオからライブで出演されていました。しかし、もうすぐ産まれるのでは?と心配になるくらい大きなお腹でも、これだけ仕事できちゃうんですね。見習うべきです。

20170804_mariko_oi_of_bbc

 いよいよ、予約システムのiPhone版が8月下旬にはリリースできる運びになりました。来週月曜日に、何日にリリースできるかを決定したいと思っています。

 トラアポについては、ホームページにもしっかり掲載しました(まだ仮設という感じで、近い将来大幅リニューアルする予定です)ので、ご覧下さい。

 説明のビデオも作りましたので、ご覧になって下さい。「利用イメージ」に掲載しています。

 

 これが普及すれば、ドライバーの負担はそれなりに減ると思っています。あとは導入する配送センター、倉庫側の気持ち次第。倉庫側のメリットも一杯あるので、簡単に元が取れると思うのです。待たせるのは良くないし、結局は非効率です。アイドリングストップと言っても、この暑くて湿度の高い中で、エアコン止めて車内で待つなんてムリですから…。

 

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/02

No.2477 道路を作る方々から発想をいただきました

 朝10時から、道路建設の業界系の雑誌の座談会に呼ばれて、勝手なことを言ってきました。こういう業界に呼ばれると、普段は道路を勝手に使っている我々トラック運送事業者とは、全く逆に視点を持てるので、とってもありがたいと思いました。こういう機会がないと「高速道路は高いから、値下げしてくれ!」で終わってしまいます。

 道路の渋滞がどこで起こりそうなのかを、ビッグデータを使ってピンポイントで予測するとか、全国の老朽化したトンネルとか橋の一斉点検が始まっているとか…。知らないことがたくさんあって、とにかく「新鮮」でした。世の中偏ってはいけませんね。

 とくに、今日のビックリは:

「道路の劣化は車重の12乗の影響がある」という話し。話しを要約すると、軸重20トンのトラックは、軸重10トンのトラックの約なんと4,000台相当になるそうです!(軸重については話しが長くなるので、後日。ロジスタをご覧下さい!)

 

ということは、たったの0.3%の違法な大型車両が、道路や橋の劣化の90%近くを引き起こしているということになるそうです。

 

 結局、狭い世界にいて、これがすべてだ!みたいに思っていると、まったく違う考え方があってビックリすることになります。ビックリだけならいいけれど、仕事に影響したりしたら大変です。この歳になっても、普段接することのない業界の方々とお話をさせていただくチャンスをいただき、新たな視点での発想をいただくことができました。本当にありがたい1日でした!

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/25

No.2470 テレワークしながらネットショッピング?

 東京オリンピック期間はテレワークですか。会社休みましょうですか? トラックの配達もテレワークでできたらいいですね。飲食店も、デパートもテレワーク。できる人だけはやりましょうと言うことなんでしょうが、われわれ運送・倉庫業にはなかなか難しいでしょうね。

 アメリカのNBCのご意向で、水泳、陸上短距離、体操の団体は決勝が午前中になるようです。ということは、アメリカの日曜日のゴールデンタイムを考えると、日本時間の月曜日の朝10時(アメリカ東海岸は夜9時)というのがあるんでしょうか? 観客もテレワークでしょうか? 無観客試合? 

トラックでは遠隔点呼というのがありますが、そもそもテレビ会議などができる仕組みがないとなかなか難しいし、トラックドライバーの点呼を自宅でやるわけにはいかないなー。出発前の始業点検もあるし…。技術的にはできますけど、さらにアルコール検知器とかみんな自宅に用意しないとダメなんですよね。

事務職のことだけでなく、現場系の方々のことも考えないと、仕事やっててバカバカしく思う人が多くなるのではないかと心配。そもそもこういう働き方、アメリカでは会社に就職しないで、フリーランス(個人自営業者)として働く若い人が増えているというのと、なにか対照的な動きですね。

 テレワークをしながら、ネットショッピングで自宅に宅配をお願いする? それって増えそうです。そういう問題です。

 

 ということで、今日は山梨に行って、富士山弁当を食べてきました。ちょっと形が苦しい感じですが、富士山弁当です! テレワークとは関係ありません…。

20170725_

20170725_2

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/24

No.2469 バスの運転手さんが足りなくなると…

 仙台の市長選挙、投票総数が388,964票 投票率44.52%(前回30.11% 大幅に増えたと言っても、こんなもんなんですか。低いですねー。これでは市民があーだこーだ市政にもの申しても、まったく迫力ないですね。

 

 バスの運転手さんが足りません。あれだけマスコミにたたかれた貸切バスですが、運転手さん不足。イメージが悪くなったこともあるようですが、それい以上に原因はどうやら海外からの観光客増のようです。そこでバスのドライバーの大募集が始まり、そこにトラックのドライバーが応募して、結果トラックドライバーが不足という図式に。今後オリンピックに向けて相当相場が上がっていくという話しも。

 高齢化したトラックドライバーに、荷物の積み降ろしは当然大変な仕事です。しかし、バスにはそういう荷物の積み降ろしは、せいぜい積み込んだスーツケースくらいしかありません。10トン分の荷物の積み降ろしなんてない。

 次に、泊まりの場合、トラックに寝泊まりする必要は無く、旅館やホテルに泊まれることが多いです。温泉も入れたりして…。

 さらに、きちんと休憩できますね。お土産屋さんなどで…。コンビニと言うことはあまりないと思います。唯一の欠点?は、運転中にたばこを吸えないことでしょうか!? 当社、一応トラックの中での喫煙は注意が散漫になるので近年禁止にしましたが…。

 

 この問題を我々トラック運送事業者が克服するためにはどうしたらよいか? せめて自分の会社の休憩室は順次きれいにしてきていますが、それでもこの業界をいかに魅力的なものにするか?が大切。小手先ではなかなかできません。

 

 さて、アメリカで人気ナンバーワンのピックアップトラック、「フォードF150」のなんとパトカー仕様が発表されました。F-150 Police Responderというらしいんですが、まあ、「F-150警察仕様緊急対応車両」とでも訳しましょうか。別に「Pursuit Rated」と書いてあるので「犯人追跡用に対応」ということにもなります。

  

ピックアップトラックのパトカー!? これは結構迫力あるよなー。こんなの日本で走っていたら大変だなー! さらに追いかけられたら大変!

 ということで、プロモーションビデオ?をご覧下さい。

 

 新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/26

No.2448 ヤマト運輸の不思議

 藤井四段、スゴいですね。これはもう運ではなく実力。これで一気に将棋に対する理解度が変わります。目指せ将来の藤井!

 

今日の私のブログ、ヤマト運輸の広報の方などが発見していただけたら、どうぞご意見下さい。

 たしかに、我々運送業にとって、ヤマト運輸さんの「苦しみ」「ご苦労」は、広く日本の国民に対して、運送って水と空気と同じではないということをアピールできました。これについては大変感謝しています。これだけ物流について、一般紙やバラエティ番組が扱ったことはありませんでした。

 でも、ここに来て新聞社がヤマトさんをいかにも悪者みたいに「未払い残業問題で、現場は未だに我慢している」「言い出したくても言い出せない」なんて書いているのは、私としてはどうかと思っています。残業するのが悪いとか、そういうことではありません。

 施設的にも、人数的にもすべてにおいてキャパシティーをオーバーしているのが今のヤマト運輸の実態。では、なぜヤマト運輸は「今日はこれ以上の荷物の引き受けはできません」と言わないのでしょうか? なんで全部引き受けなくてはいけないのか? この理由が分かりません。

 夏休みに北海道に行って、みんなお土産の海産物=カニなどを買います。当然素敵なお土産です。でも、運ぶ能力、冷蔵庫の要領など、限界があるはずなのに、なんで受けるんでしょうか? これが結局は末端のみなさんに負荷としてかかっているのでは? さらには商品がきちんと保冷されているかも疑問。できないなら、なんでできないと正直に言わないのか? あまりに不思議なんです。ある意味変な会社です。失礼。

 

新卒採用の情報はこちら

毎週日曜日にやってます  葛西流通センターのブログ

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/15

No.2443 受付予約システム「トラアポ」の宣伝です!

 今日は川崎陸送の株主総会でした。当然?ですが、新橋の老舗中華料理店「新橋亭」で開催。祖父からのお付き合いですから当然です。

今期は先行投資を結構やりましたので、成績はあまり言えたモノではありませんが、この先行投資が来期、再来期と効いてくるはずです。今期みんなでがんばります。

 

 日曜日からインドに行くので、その前に「トラック受付予約システム」の現況報告です。

 現在川崎陸送の京都営業所で、アンドロイド版をドライバーの方に無料で配付して、完全本番テストをしています。というよりも、業務で使い始めています。細かいバグが出てくるのを都度修正しています。そして、ネット予約を普及させるために「LINE予約」という、電話の代わりにLINEで予約の連絡をしてもらうのも、81日にiOS版をリリースするので、9月末日で終了することを、先日発表しました。

Screenshot_2017061623503994

 エル・スリー・ソリューションの「トラック受付予約システム」は、トラック側から料金を一切いただきません。そりゃそうでしょ!? 床屋さんや美容院で予約をするときに「システム利用料」なんて取られますか? 我々は世間の常識にこだわっています。

 そうなんですよ。トラックとか倉庫とか「我々は特殊だ」という、どこかで聞いたことがあるような言葉がやっぱり出てくるのです。「全部予約を取る」なんて言ってるけど、新幹線は「自由席と指定席」があるじゃないですか。飲み屋も年末は予約を入れていくけど、普段は「今日空いてるかな? 覗いてみるか?」なんて言って、予約なしでお店に行っちゃいます。そういうところにこだわったのがエルスリーのトラック受付予約システムなのです。

 

 ということで、順次外販を行っていきますので、少しでも多くのドライバーの方々予約を取って待ち時間が短くなるように。そして倉庫側も、どの車が何時に来るかがきちんと分かるようになるので、しっかり予定を組んで効率化できるという、この仕組みをご利用下さい。

 

 と、今日は大幅に宣伝モードになってすいません!?

 

 

 

 

新卒採用の情報はこちら

コーヒーは平等院に限る!? 京都営業所のブログ

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/13

No.2440 「気持ちは青年部会」の総会!

 東京都トラック協会港支部の青年部会の総会が、芝パークホテルで行われました。と言っても、青年部会?という位高齢化?していて、私は支部長で青年部会の上に一応いるのですが、なんだか60歳超えた部会員も結構いて、自分も青年部会員でしょうか!? 「気持ちが青年部会」と言った方がいいのかもしれません。

 ともあれ、若い?運送会社の経営者、経営者2世が集まって、いろいろな話しをすることは大切。60越えた「気持ちは青年部会」の方々もそれなりに?情報を発信していました。発信以上に受診も大切。ともあれ出てこないと「アイデアのためのヒントは出てこない」のだと思います。

 そこで話題になっていたのが、研修旅行でどこに行くのか? 決して物見遊山ではありません。若手の?経営者が普段なかなか見に行けないような所に行って触発されて、それを自分の会社に持って帰れるか? 温泉に行って呑んで帰って来るというのもあったでしょうが、今やそんな時代ではない。グローバル化する世界の中で、距離、時間などを体感できるような研修旅行をしてきてほしいなと思って、いろいろ話をしてきました。

 どこへ行くのか? いろいろ候補もあるので、私のアドバイスした場所は単に一候補。彼らにいろいろ考えてもらいましょう! モノはとにかくいろいろなところを勢いよく動いてますから。

 

新卒採用の情報はこちら

アンパンマンは偉大です   関東営業所のブログ

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/12

No.2439 実は動いているモノの量は減っている

 イギリスのメイ首相、退陣要求の嵐ですね。選挙に負けたのに責任取らないと…。こんなに短期の政権、どこかで繰り返し見てきたような…。議院内閣制はこれがあるから大変。大統領制は人気がハッキリしているから、落ち着いて専念できるのでしょうが…。でも、政権が長くなると、韓国のように不正が起こるし、日本の最近の問題も、総理大臣がコロコロ変わっていた頃には、こんな問題起こしたくても起こらなかっただろうな、なんて思います。

 

 人手不足で大変だと言われていますが、さらには宅配が増えているということでドライバー不足という話にもなっていますが、動いているモノのトン数(国内輸送トン数と言います)は実は減っています。日通総研のレポートでも、2016年は0.5%減。

 

 という状況で、なんでドライバー不足、人手不足と世間で言われているのか? 今週土曜日に行われる川崎陸送のQC発表会の席で、その辺の話しを物流ジャーナリストの森田富士夫先生をお招きして、お話ししていただくこととしました。景気がいいから人手不足だったバブルの頃とは違う人手不足。その辺をしっかり理解したいと思います。

 これから就職する方々も、輸送トン数のみならず、売れものの量そのものが実は減ってきている中での就職というのは大変だなと思います。今まで経験がないような経済の中で働いていくわけですから。我々も試行錯誤していますが、若い方々には新しい発想でがんばって欲しいと思いますし、土曜日の当社のQC発表会でも、面白いアイデアが出てくることを期待しています。

  

新卒採用の情報はこちら

2017年入社新入社員のブログが始まりました

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/15

No.2412 過剰なサービスレベルを見直しましょう

 今日は千葉ジェッツの話ではありません。あっさり栃木に2連敗して今シーズンが終わってしまいました。

 

 アスクルさんが当日配送を休止すると発表。ヤマト運輸からの要請によるとか。当日配送が必要な人もいるでしょうけど、大半の「当日配送を必要としないモノまで当日配送する」からおかしくなりました。それだけの話しです。今日頼んで今日届いた本を、私は滅多なことでは読みません。本屋さんで買った本は、帰りの電車の中で「早速読む」ということをしますが…。

 我々自身が「必要なモノと必要でないモノの優先順位付け」が全くできないからこうなるし、そもそも当日配送は有料でプラスアルファーだとしないからおかしくなります。この辺がシステム上の失敗。

その逆ですが、実は大量に当日配送をした方が、物流ネットワーク上は固定費を賄うことができるし、有料でプラスアルファーの料金をもらうと、当日配送が少なすぎて、特別な配送体制を組んでも採算が合わなくなるという考えもありました。だけど今や物量が多すぎて、郵政を含めて物量は右肩上がりなのですが「もうさばけません」という状況。ありがた迷惑なのです。

 

宅配サービスは「日本のきめ細やかな物流サービス」なんて肩書きを付けて、アジアにもこのシステムを輸出しようなんて無謀な考えがあります。これこそ日本人の過剰仕様、過剰スペックによる上から目線。かつて宅急便を語る新聞・雑誌に、単身赴任のお父さんが洗濯物を宅急便で自宅に送って、奥様が洗濯した下着・洋服類を再び宅急便で送り返すなんて言うのがありましたが、これを「おかしい」と思わない方がいけなかったのではないかと思います。「便利」の意味をもう一度冷静に考え直す時期だと思います。そんなもの必要ないし、なくてもいいんですから。日本が最高だという幻想を改めるべきでしょう。逆に少子高齢化の現実をしっかり理解するべきなのです。

 

この発想の延長線上に、コンビニの24時間営業があります。私は伊豆大島が好きなのですが、何故かというと、日曜日の午前中、どの商店も閉まっているからです。朝のウォーキングをするとき、この静寂は懐かしくもあり、快適です。日曜日の朝はお店が開いてないと分かっていれば、それはそれで我々生活できるでしょう。

ということで、サービスのレベルを見直す、それも「お金をたいして払ってないのに最高のサービスを要求する」という我々の体質、思考回路を見直す時期だと思っいてます。

 

新卒採用の情報はこちら

BBQでも、すでに巣立っています  京都営業所のブログ

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/26

No.2394 東京都トラック協会港支部

 午後4時から新橋の新橋亭で東京都トラック協会港支部の正副支部長会議。その後午後5時から理事会。2,400万円くらいの収入予算を、事務局が苦労して効果的に使っていただきました。おかげさまで:

1) トラックドライバーのためのセミナーが2015年の4回より26回開催できました。

2) トラックドライバーが半年間の無事故無違反をチームで競う「セーフティドライバー・コンテスト」も前年比8チーム多い、289チーム867名が参加。

3) 独自で健康診断を開催できない会社のための、ドライバーのための健康診断も年間で8回開催し37社、466名が参加。

4) 日の出ふ頭にある「安宅丸(あたけまる)」で納涼会を開催して事務局含めて48名参加  (あれ?これはあそびだった!)

 

とまあ、こんな感じで、大手の運送会社が普通にしていることを、「団体戦」でやってきました。協会の意味って、一社ではなかなかできなくて、やるとしても躊躇してしまうことをできるようにすることだと思っています。今年もしっかりこういう活動をして、少しでも各社の事故防止に役立ててもらえればと思っています。トラックは一旦事故を起こすと、図体が大きいので、そのインパクトも大きいんですよね。軽自動車が起こす事故とは大きさが違います。だから事故を防ぐためにいろいろ努力をしなくてはならないと思います。

以上、真面目にトラック協会港支部の支部長としての発言でした。

 

新卒採用の情報はこちら

桜と綿菓子  江川・坂戸分室・赤穂・山口営業所のブログ

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧