ニュース

2018/02/06

No.2617 不法移民による酔っ払い運転での死亡事故

 無事に2日間のグループディスカッションが終わり、午後3時からグループ毎の発表。30分の持ち時間。その後質疑応答。ギリギリまでいろいろパワーポイントのプレゼンテーション資料を作り込んでいただき、なんとか格好は付いたかと…。みなさん他人いろいろな意見を聞いて、大分考え方とか視野も変わったと思いますが、それでももっと大胆に決めていって、メリハリのある経営方針と改善案を作って欲しいとお願いしました。いよいよ17日(土)が運命の面接の日です。私の担当させていただいている7名の方々はどうなるのでしょうか!? 一緒に採点をしていただいている山田先生と一緒にいろいろ最後は配点を協議しますが、なんとかみなさん「経営者の視点」に変わっていて欲しいと…。

 

 21:30品川発の新幹線に乗って、名古屋の八事に来ました。明日早くに出て、広域運送事業協同組合のドライバー研修です。八事に泊まるのは初めて。とは言っても、夜の11時半過ぎにチェックインして、寝るだけです。

 

 新幹線の中で読んだニュースで、なんとNFLのインディアナポリス・コルツのラインバッカー、エドウイン・ジャクソン選手が、ウーバーに乗っていて、不法入国のグアテマラ出身の男性のピックアップトラックにはねられて死亡。ウーバーの運転手さんも一緒に跳ねられて死亡。これがなんと酔っ払い運転で、法的許容範囲のアルコール度数0.083倍近くのアルコールが検出されたとか…。ジャクソン選手はまだ26歳だそうです。

午前4時頃にジャクソン選手がウーバーの車に乗っていて具合が悪くなり、高速道路の路肩に車を駐めて運転手さんもジャクソン選手の介抱に向かったところを、酔っ払い運転の加害者のトラックが路肩に乗り上げてきてはねられたとか。さらにどちらか一人は、高速道路上に跳ね飛ばされて、事件を見つけたパトカーにも轢かれてしまったらしい…。

 犯人が酔っ払い運転で、不法移民。当然無免許運転。2度も逮捕されては国外退去になり、3度目の不法入国だったと言うこと。ペンス副大統領の地元インディアナ州で起こった事件。当然トランプ大統領もツイートを既にしていて、「防ぐことができた事故だ」と…。メキシコ国境の壁の問題、不法移民による酔っ払い運転での事故、NFLの選手が死亡したということで、これはかなりの大荒れになりそうです。

 移民に厳しくしていれば、3回も不法入国をする人が酔っ払い運転をすることが防げたと言う理屈で、これに賛成する人は多いんでしょうね。

 今日私にとっては一番インパクトのあるニュースでした。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/30

No.2613 ワフー酋長 今シーズン限りで引退

 熱がようやく下がり始めました。今朝起きて36.4度 平熱が36度行くか行かないかですから、もう一息。でも、夜になると少しあがって来ている状況で、ムリは余りできません。しかし、ながーい風邪だと診断されて、どうなんだよ?という感じです。こんなに風邪を中途半端に長くひいたことないですから。

 

 メジャーリーグのクリーブランド・インディアンズのロゴ、「ワフー酋長」が2019年のシーズンからなくなっちゃうみたいですね。ある意味弱小球団ですが、このロゴ結構好きで応援してたんだけどなー。やっぱり「人種差別的だ」ということらしいです。だから、フットボールの「ワシントン・レッドスキンズ」は裁判沙汰にもなっていて大変らしい。でも、昔からあるんだから、そのくらいは鷹揚になれませんかね?

Cleveland_indians_logosvg

 人種差別とか移民とか、難民とか、LGBTの問題とか、日本人はまだ慣れてないことが多いです。実はトランプ大統領が唱えているメキシコ国境の壁とか、アラブからの移民を厳しく制限するとか、同じことを日本で発議したら、日本人はどういう反応をするだろうか?と思ってしまいます。トランプ大統領は極端だとか言いながら、例えば中国や韓国、ベトナムなどからの移民がどんどん増えるのは規制すべきだという話になったとき、日本でどういう反応になるのか?

 まだまだこの点での議論がしっかりされてないし、日本がグローバル化してない点は否めないと、「ワフー酋長」の一件で思いました。

 でも、ホッとしたのはワフー酋長のグッズは今後も販売継続されるそうで、ユニフォームとかからは消えるだけなんだそうです。(ただし、本拠地オハイオ州クリーブランド周辺だけだそうです) 私はワフー酋長を見て人種差別とは思ったこともありませんでした。だからまだ修行が足りないのかもしれませんが…。

Chief_wahoo

  

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/27

No.2612 MeTooとセクハラ

 今日、アメリカのサプライチェーンの団体、CSCMPのサンフラシスコ支部の方から「#MeToo: Women in Logistics」というのアンケートが送られてきました。ロジスティクスの分野でもセクハラ問題議論するんだ…。これは大変な広がりなんだなと理解。そういうことなんですよね。私なんかが考えている以上に大変なことになってるんだ。

 

以下、英文ですが、アンケートご覧になりたい方はクリックして下さい。

 

https://www.surveymonkey.com/r/MeTooWomenInLogisticsEdition

 ミシガン州立大学に所属していた医師、ラリー・ナザールが女子体操アメリカ代表チームの専属医師として何十年もセクハラを行ってきた問題。全米体操協会そのものが理事会メンバー全取っ替えを打ち出しました。理事全員入替で再任なし。大相撲の理事再任とは違うなー。それにしてもまさに「一から出直し」というこの潔さはスゴイ。

 ただし、この問題、ますます飛び火をしていて、ミシガン州立大学のフットボールプログラムが、過去に16件の選手による性的暴行問題があったのを隠していたとか何とかで、監督が急遽記者会見して全面否定。「そもそもこういう問題は警察から私に知らせが来て初めて知っているものなので、隠しようがない」と…。それもそうだよな。裏で隠蔽しようにも、100人以上の先週がある大規模チームでこういうのは難しい。

 で、バスケットボールまで飛び火して、こちらも監督が試合後に記者会見。アメリカ中にこれは飛び火していきそうです。これもそういうことなんですね、としか私には言いようがない。

 

 オリンピックの交通渋滞を避けるために、なんと物流事業者に配達の時間を変更してもらうことを考えているとか…。まさに本末転倒。深夜に配達して下さいって言われて行えば「拘束時間の問題 ワークライフバランス」で労基署に入られて指摘を受けちゃうんでしょうね。縦割り行政のちぐはぐさが如実に出てます。北里や杏林大学の病院の労働の問題も、患者の数と医師の数の関係が改善されないまま、労基署がバカの一つ覚えみたいに入るからこういうことになる。病院は割増賃金を払えということなんでしょうが、それ以前に「診療しない時間を増やす」方がもっと現実的だということを考えた方がいいです。払うべきモノを払わない世界はこういうことになるんですね。

 

 ということで、今日も37度の熱を抱えながら自宅待機でした。

 

 「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/25

No.2611 サイモン学長の辞任は残念

 なんと、まだ会社を休ませていただいています。37度の熱がずっと続いています。今日病院に行ったら、大学病院でもテストはできなくて、保健所でしかジカ熱のテストはできない。だからマラリアの検査は大丈夫でしたと言われて…。そりゃ、マラリアにかかってたら一大事ですよ! さらに来週月曜日に血液検査をして、その結果が悪かったらジカ熱の検査をする申請を保健所に出せるとか…。その前にもう治っていそうです。だからジカ熱の発症者は東京にはほとんどいないことになっちゃうんですね。

 まあ、特に特効薬もないようですので、インフルエンザでもない状態で、こうやって中途半端な熱を抱えながら、治るのを待つこととします。

 

 家で仕事しながらいろいろネットなども視て、そして母校ミシガン州立大学(MSU)の所属でアメリカのオリンピック女子体操チームの医師が、20年近くにわたってセクハラを150人以上の選手にしていた問題。今日地元で判決が出て、最低禁固40年、最大175年とか言う判決が出ましたが、裁判長が意訳ですけど、今後おまえはシャバに出てくる価値はないとかなんとか言ったのには、本当にスゴイ意思を感じましたね。

 そして、多くの選手がこの問題を訴えてきたのに、なかなか上に通じなかった、黙殺されていたという組織的な責任から、本日ルー・アンナ・サイモン学長が辞任を表明。

 サイモン学長からは2014年に外国人卒業生としてMSUに貢献したということで表彰をいただきましたが、大学改革や、財政改革、グローバル人材を集めるための企画力と言い、私が知っている学長の中で一番働いた人だなと思ってました。13年間の業績はすばらしいのですが、やはりこういう事件が起きると引責辞任は避けられないし、またどこかでそういうことが耳に入ってこなかったのか? この1年、マスコミからの集中砲火を浴びていたこともあり、なかなか大変だったと思います。組織の危機管理というのは大きな組織になればなるほど大変だということが分かります。

 それにしても、変なことで有名になってしまいました。今年のバスケットボールで汚名返上してもらいましょう!

 ということで、昨年5月に来日されたときに同窓会で撮影した写真。前列右から2人目がサイモン学長さんです。

20160520_msu_green_and_white_evenin

 最後に、以下のアメリカの公共広告の映像をご覧下さい。これ知らなかったなー。昨日アメリカの番組をストリーミングで視ていて見つけました。人種、性別、宗教、国籍いろいろあるけれど、愛に違いはないというのは上手です。一度ご覧下さい。=> こちらをクリック

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/23

No.2610 しばらく間が空きました

 なんと土曜日の夜から発熱して会社を休んでおります。インドでジカ熱をもらってきた可能性があり、検査結果を待ってます。とはいっても蚊を媒介して感染しますから、インフルエンザのように人に移す心配は今の所なし。私は妊婦ではないので、小頭症の子供ができる心配もありません。コルカタが昨年からジカ熱の感染地域と指定され、さらに二度ほど「蚊に刺された」という自覚があります。蚊に刺されないようにしなくてはいけませんが、結構一流ホテルでもレストランでも蚊がいるのがインド。虫除けスプレーが必須です。

 この結果、本日夜から再びインドに行くのをキャンセルしました。さすがにこれはムリだと…。しばらく在宅勤務です。高熱が出ていないモノの、36.8から37.0度という微妙な熱が続いています。

 雪の影響も大変ですね。今回は20142月のバレンタインだったか? 土曜日にQCリーダー会議というのを四谷で開催して、大雪の中なんとかたどり着いたけれど、足元もなにもびしょびしょになって、たどり着けない人もいて大変だったことを覚えています。今回はそこまでの大きな影響は出ていないようですが、それでも首都高の立ち往生とか大変ですね。代わりに草津の白根山が噴火したとか…。

 

 今回インドに行って最も驚いた報道は、イスラエルのネタニヤフ首相夫妻がインドを訪問して、インドのモディー首相が3日間?べったりフルアテンドで各地を案内して回ったことです。これって恐らく日本では扱いの小さい報道なんでしょうけど、昨年安倍総理と昭恵武人が訪印したときとほぼ同じ破格の待遇。それだけインドとイスラエルが急接近しているわけで、トランプ大統領のエルサレム首都問題からすると、アメリカ-イスラエル-インド-日本というグループになりつつあります。イスラエルの問題に対していくら日本が中立であり続けたいと思っても、これはなかなか。イスラエルの軍需産業の優秀な点も考えると、中国のパキスタンやバングラデシュへの支援に対抗するグループ作りなんでしょうけど、かなり緊張した関係になってます。その横に北朝鮮がいるわけで…。

 

 それに比べてセンター試験の世界史の問題って、どこまで役に立つんだろうかと思って見ていました。ターバン巻いたシーク教の歴史も出てたんですが、現在総人口の2%位しかいないし、築いた首都がなんとかといって(忘れました)、西ベンガル州の隣のビヒャール州のPatonaだってことは私も最近知ったことなんですが、これってどうなんだろう? それも全部カタカナ表記ではインド行っても読めないよなーとか…。せめて一部アルファベット表記で表示した方が良いと思うんですが。

 

 ということで、自宅謹慎ではありますが、名古屋でいただいた鳥の八丁味噌鍋の写真と、翌朝の喫茶店のモーニング…。やっぱり名古屋でした。

20180119_at_raku4_r

2018012_nagoya_morning_r_2

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/07

No.2602 インド版「生みの親より育ての親」

 インドに行く前に行うのが「インドの辛さ、食材に慣れる」ということで予行演習。インド英語に耳を慣らせるためにインドのテレビを視るのも予行演習です。

 その中で今日一番印象に残ったニュースは、2015年に紅茶で有名なアッサム州のマンガルドイという町の病院で生まれたモスリムの夫婦の子供と、ボードー族(これ、私にはよく分かりません)の親子の間に産まれた子供が取り違えられていたというニュース。

今月、子供を元に戻す日になって両者とも、すでに自分たちの子供だということから、結果取り替えないことにしたという結果になったそうです。まさに「生みの親より育ての親」ということなんですね。

 産まれてから1週間後に、モスリムの夫婦の奥さんが、この子は目が小さくて、ボードー族の特徴をしていると言いだし、病院に調査を依頼したものの拒絶されてしまったそうです。当日同じ病院で出産した人達に連絡をくれるよう告知をしたところ、ボードー族の夫婦が反応し、この件を警察にも訴え、DNA鑑定をすることに。2016年にサンプル採取して、その後鑑定結果が出て、さらにその後本年1月にお互い元に戻そうという結果になったとのこと。しかし、その当日、劇的な結果になったのでした。

 日本でもかつて赤ちゃんの取り違えが頻発して問題になりましたが、確かに生後2年以上経過してしまうと、情が移ってしまっていることは事実。難しい問題でもありますが、インドでは「心温まるニュース」として伝えられていました。

 

 ということで、こんな話しも恐らくどこかで話題になるんだろうなーと思いながら、インド訛りの英語をまたまた聞いてます。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/04

No.2599 顔を黒く塗るバカな芸人は日本の恥

 トランプ大統領の金正恩の年頭挨拶に対するツイートが問題になっています。「こっちの核のボタンを前から持っていて、そっちより大きくてパワフルだぞ」 このツイートに対するコメントを見ると、反対するよりも「50年もイランや北朝鮮に資金援助してばかりで結果を出せないでいたことを、よくぞ言ってくれた」「誰が書いたか分からない大統領声明を読むより、ストレートに我々に考えを伝えてくれて透明性がある」など、ちょっと日本では考えられないような「応援コメント」が大量に並んでいます。やっぱり今までと全く違う大統領像を期待している人達がかなりの数でいるということなんでしょう。

 

 さらに問題は、トランプ政権の中枢を担っていたバノンさんが書かせた、ホワイトハウスを攻撃するような暴露本が来週発売されること(なんとスゴイ反響なので、発売が前倒しされて今週金曜日になったようです) これはまさかと思う位驚きましたね。トランプ政権を誕生させた立役者という人が、そういう発言をするのか? これはキンドルでもなんでも入手して読まなくては! 政治は一寸先は闇なんでしょうか?

 

 そして今日の最も腹立たしいニュースはやっぱりフジテレビとお笑い芸人のアホさ加減。これは本気で国辱モノだろう。かつて日本で顔を靴墨か何かで黒塗りして黒人のグループを気取ったアホなグループがあって、世界的に黒人を差別、バカにしていると問題になったんですが、それをまた繰り返している。冗談でも顔を黒く塗ってはダメなんだというのが分かってない。ついにはBBCとか世界中のニュースで取り上げられちゃって…。これって安倍総理が謝罪すべき位の重さがあるよね。

本当に同じ日本人として申し訳ないと思います。こんなアホなことを平気でやる。自分が海外で顔を黄色く塗られて日本人だと言われたらどうなんだと…。自分が本気で差別されたらこんなことしないね。それだけ島国の無知なんでしょうね。

 BBCはこんな感じで報道してます。まさに日本の恥です。⇒ここをクリック

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/21

No.2589 気になるUberと日本郵政 ニュース2つ

 今日は気になるニュースが2つ。

1 Uberはやっぱり運輸サービスでした

私も運送屋ですから、Uberは運輸サービスではなくテクノロジーであるというのは詭弁にしか聞こえなかった。みんなUberが移動手段を提供してくれていると思っている。

日本ではUber禁止ですが、これがOKになったら、タクシーの方々は何やってんだか意味がないと思います。なんのためにドライバーの研修までやっているんだか。

国が安全面の確保をするために規制をしているという理由がなくなってしまいます。お客の評判を点数化するだけでは不十分。それまでに犠牲になる乗客がたくさん出るのですから…。

でも、サービスを重視していてなかなかがんばっていると思っていた東京MKタクシーの社長さんが新橋駅で個人タクシーに乗ろうとしてもめて、暴力振るって逮捕されましたね。これってどうなんだ? 本来Uberを批判する立場でしょ? 東京MKの社長も個人タクシーに乗るんですね。私もその頃新橋にいたような感じがしますが…。

 

2 日本郵政の長門社長が、年末の配達遅れが半日程度だと説明

驚いたのは、半日程度の遅れが124日から11日にかけての実績で、年末は大きな遅れが出ることはないだろうとおっしゃってること。本当か? 郵政は値上げが来年なので、かなりの荷物がヤマト、佐川から郵政に移ってます。最後の週の出荷がどの位になるのか? 現場知らないというか、生活実感がないというか…。年末か来年、長門社長がどういう感じで謝罪するのか?楽しみです。

 

結局、物流というのは案外キャパシティーとか、ルールとか、そういうことが余り考えられないで動かされています。飛行機はさすがにムリですが、新幹線も年末は立ち席というか、乗車率250%で山手線並みとかなんとかニュースで出ますよね。これは日本に限ったことではなく、鈴なりになって列車に乗っているのは、発展途上国ではおなじみ。飛行機につり革に掴まって乗ろうなんて誰も思わないでしょ? なにか考えるべき時です。

 

以上、今日の私の気になったニュースでした!

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/12

No.2583 カリフォルニアの山火事は想像以上

 カリフォルニアの火事は大変です。気になったので、昨晩知り合いのRollin Baughさんに連絡をしたら、なんとなんと、サンディエゴにあるデル・マー競馬場周辺は、800頭の競走馬が避難をしたそうです。800頭! その内、一般的になじみがある「サラブレッド」が400頭。残りはクオーターホース(サラブレッドよりも短い距離を走る、長短距離ランナーです)など、その他のレース用とか乗馬用の馬。人間が避難する以上に大きなサラブレッドやクオーターホースを避難させるのは大変です。多くの馬が死んだと言われています。これは日本で報道されている以上に大変な火事になっているんですね。謹んでお見舞い申し上げます。

 

 さて、今日は成田からムンバイ(ボンベイ)経由でコルカタ(カルカッタ)まで。一端コルカタを通り過ぎて、ムンバイからコルカタにバックするわけは、バンコックやシンガポール経由だと、コルカタ到着が午前1時とかになって、ホテルのチェックインが午前3時半とか4時になってしまうから。大抵飛行機が遅れて、ホテル到着午前5時とか6時もあります。これは辛いので、ムンバイ経由で午後11時過ぎにコルカタに到着してくれると、ホテルに午前1時くらいにはなんとか入れます。そうすると、5時間くらいは眠れるでしょう。ということで、できるだけコルカタに到着するのが午前0時を回らない便を選びます。

 でも、今の時期はジェット気流に「向かい風」で飛ぶので、9時間半くらいかかっちゃいます。以前新型のボーイング787が飛ぶ前は737で、羽田を出て一端福岡に降りて、そこで給油してからムンバイに行きました。それだけ向かい風が強い。逆に帰りは「追い風」になるので結構早く、最短6時間半で飛んできてしまってビックリしたことがありました。

 冬休み前なので、成田~ムンバイ線は空いているとたかをくくっていたら、結構満席ではないですか! これは結構驚き。インドもだんだん注目を集める場所になってきたということかもしれません。

 まあ、エコノミーでも787は他の機種に比べたら室内の湿度もコントロールされていて、かなり過ごしやすいです。おじさんの年齢になると、さすがにLCC9時間半はムリだなーとは思いますが…。

 それにしても成田空港とインドの空港の混雑の違いが甚だしく、こういうところでも、少子高齢化、人口減少とその逆の国があることを実感します。

 ということで、現在日本時間23:10 ムンバイ空港でコルカタ行きを待っているところでアップさせていただきます。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/22

No.2569 テスラのトラック

 先日発表されたテスラの自動運転トラック。それも8万ポンドだから36トン近く積載できる! さらに500マイル(800Km)走れる! 正確にはトラクターです。トレーラーを連結して引っ張る頭の部分のことです。日本でよく走っている頭と後ろが一緒になった「単車(英語ではボブテイルなんて言います)」ではありません。念のため。

 

イーロン・マスクという人はスゴいなーと本当に思います。来年から生産を始めるらしいのですが、当然アメリカではこれに対して懐疑的な意見も多いです。なんせ火星に有人飛行をする計画とか、電気自動車以外にもあらゆる「夢のようなこと」を実現しようとしているのですから、批判もあるでしょう。そのいくつかをまとめると:

1) ストップアンドゴーがないので、回生エネルギーを使って充電が難しい、高速道路の走行ばかりのトラックでは、電気自動車のメリットがない

2) 30分で急速充電できるようにするという話しだが、特殊な電源を用意する必要があるので、インフラとして全米に敷設できるのか? 要するにトラックが停止する時間が問題。トラックは動いてなんぼだから。

3) そもそも本体のコストが分からないので、果たして採算に合うのか不明

4) ドライバーの職業が脅かされ、賃金が下がるのは困る

 

実際には半自動運転なので、年間で4,000人近くがトラックの事故が原因で死亡しているアメリカでは、これはかなり事故を減らす救世主になる可能性があります。もちろん普及すればのはなしですが。

でも、やっぱり私はコストの問題だと思います。そもそも電動のトラックでどうやって36トンもの荷物を引っ張れるのか? バッテリーは日本製なんでしょうねー!? 

ニュースの詳細はここをクリックしてでご覧下さい。動画もあります。

 

 最後に今日気になったニュースは、アメリカの宅配便大手UPS(ヤマト運輸が最初に研究した会社です)の飛行機の整備士が、感謝祭の今週末にストライキを考えているとのこと。会社側が健康保険の大幅カットを考えていることに対しての反対のようです。宅配便の会社ですが、なんせ1,300機も飛行機を所有しているので、整備士がストライキ起こしたら、この年末商戦大変なことになります。どうなることやら。

 

 そして、最後の最後、今夜いただいた「湯豆腐」 冬です!

20171122_

トラックde就活はこちらから

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧