ニュース

2017/12/12

No.2583 カリフォルニアの山火事は想像以上

 カリフォルニアの火事は大変です。気になったので、昨晩知り合いのRollin Baughさんに連絡をしたら、なんとなんと、サンディエゴにあるデル・マー競馬場周辺は、800頭の競走馬が避難をしたそうです。800頭! その内、一般的になじみがある「サラブレッド」が400頭。残りはクオーターホース(サラブレッドよりも短い距離を走る、長短距離ランナーです)など、その他のレース用とか乗馬用の馬。人間が避難する以上に大きなサラブレッドやクオーターホースを避難させるのは大変です。多くの馬が死んだと言われています。これは日本で報道されている以上に大変な火事になっているんですね。謹んでお見舞い申し上げます。

 

 さて、今日は成田からムンバイ(ボンベイ)経由でコルカタ(カルカッタ)まで。一端コルカタを通り過ぎて、ムンバイからコルカタにバックするわけは、バンコックやシンガポール経由だと、コルカタ到着が午前1時とかになって、ホテルのチェックインが午前3時半とか4時になってしまうから。大抵飛行機が遅れて、ホテル到着午前5時とか6時もあります。これは辛いので、ムンバイ経由で午後11時過ぎにコルカタに到着してくれると、ホテルに午前1時くらいにはなんとか入れます。そうすると、5時間くらいは眠れるでしょう。ということで、できるだけコルカタに到着するのが午前0時を回らない便を選びます。

 でも、今の時期はジェット気流に「向かい風」で飛ぶので、9時間半くらいかかっちゃいます。以前新型のボーイング787が飛ぶ前は737で、羽田を出て一端福岡に降りて、そこで給油してからムンバイに行きました。それだけ向かい風が強い。逆に帰りは「追い風」になるので結構早く、最短6時間半で飛んできてしまってビックリしたことがありました。

 冬休み前なので、成田~ムンバイ線は空いているとたかをくくっていたら、結構満席ではないですか! これは結構驚き。インドもだんだん注目を集める場所になってきたということかもしれません。

 まあ、エコノミーでも787は他の機種に比べたら室内の湿度もコントロールされていて、かなり過ごしやすいです。おじさんの年齢になると、さすがにLCC9時間半はムリだなーとは思いますが…。

 それにしても成田空港とインドの空港の混雑の違いが甚だしく、こういうところでも、少子高齢化、人口減少とその逆の国があることを実感します。

 ということで、現在日本時間23:10 ムンバイ空港でコルカタ行きを待っているところでアップさせていただきます。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/22

No.2569 テスラのトラック

 先日発表されたテスラの自動運転トラック。それも8万ポンドだから36トン近く積載できる! さらに500マイル(800Km)走れる! 正確にはトラクターです。トレーラーを連結して引っ張る頭の部分のことです。日本でよく走っている頭と後ろが一緒になった「単車(英語ではボブテイルなんて言います)」ではありません。念のため。

 

イーロン・マスクという人はスゴいなーと本当に思います。来年から生産を始めるらしいのですが、当然アメリカではこれに対して懐疑的な意見も多いです。なんせ火星に有人飛行をする計画とか、電気自動車以外にもあらゆる「夢のようなこと」を実現しようとしているのですから、批判もあるでしょう。そのいくつかをまとめると:

1) ストップアンドゴーがないので、回生エネルギーを使って充電が難しい、高速道路の走行ばかりのトラックでは、電気自動車のメリットがない

2) 30分で急速充電できるようにするという話しだが、特殊な電源を用意する必要があるので、インフラとして全米に敷設できるのか? 要するにトラックが停止する時間が問題。トラックは動いてなんぼだから。

3) そもそも本体のコストが分からないので、果たして採算に合うのか不明

4) ドライバーの職業が脅かされ、賃金が下がるのは困る

 

実際には半自動運転なので、年間で4,000人近くがトラックの事故が原因で死亡しているアメリカでは、これはかなり事故を減らす救世主になる可能性があります。もちろん普及すればのはなしですが。

でも、やっぱり私はコストの問題だと思います。そもそも電動のトラックでどうやって36トンもの荷物を引っ張れるのか? バッテリーは日本製なんでしょうねー!? 

ニュースの詳細はここをクリックしてでご覧下さい。動画もあります。

 

 最後に今日気になったニュースは、アメリカの宅配便大手UPS(ヤマト運輸が最初に研究した会社です)の飛行機の整備士が、感謝祭の今週末にストライキを考えているとのこと。会社側が健康保険の大幅カットを考えていることに対しての反対のようです。宅配便の会社ですが、なんせ1,300機も飛行機を所有しているので、整備士がストライキ起こしたら、この年末商戦大変なことになります。どうなることやら。

 

 そして、最後の最後、今夜いただいた「湯豆腐」 冬です!

20171122_

トラックde就活はこちらから

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/20

No.2567 チャールズ・マンソンの死で驚いた!

 ニューヨークポスト紙のヘッドラインは「Evil Dead Make Room, Satan, Charles Manson is finally going to hell 」でした。「悪魔が死んだ サタンよ、場所を作ってくれ、チャールズ・マンソンがついに地獄にいくぞ」といった見出しです。スゴイ見出しです。確かにこの人の名前は「殺人鬼」として有名ですが、驚いたのは、女優のシャロン・テートさんを殺害した以外に8人も殺しているという説明。え? 合計9人? どこかで聞いたことないか? えーーー!? 同じ人数?

 ということは、あの座間の事件はチャールズ・マンソンに匹敵する事件と言うことで、世界的な事件になっても良いのでは? というよりも、チャールズ・マンソンは信者に命令して殺させていたので、ある意味オーム真理教の麻原彰晃的です。座間の事件は自分で殺して自分で解体していますからねー。それ以上。日本のチャールズ・マンソンという表現は、座間の白石容疑者には当てはまらないと思いました。いやはや、チャール・マンソンを上回るとは。これは大変なことです。

 さて、先月1028日(土)に北九州近くの「おんが自動車学校」で行った、私が理事長を務めさせていただいている広域運送事業協同組合のドライバー安全運転研修会。インドに行く前日に慌ただしく北九州で適性診断など受診しましたが、おんが自動車学校の指導員の方々がものすごく熱心で、いろいろ教え方に工夫をされているのに感心しました。

 そのおんが自動車学校から、以下の通り「修了証」が送られてきて、本日受け取りました。ご丁寧に、ありがとうございます。たった1日受講しただけなのに。

20171120_

 最後、インドに行っている上田さんから、建設現場のレポートが届きました。基礎工事が終わりに近づいて、このあと倉庫(と言っても小屋程度の大きさです)の壁を作っていくことになります。でも、なかなか私の知っている工事とは違う…。これも勉強ですし、どうなっていくのか楽しみです。

 

11月16日、基礎の4段目が完了したようです。

20171116stacking_bricks_of_fourth_l

20171116stacking_bricks_of_fourth_2

11月17日 基礎の連場4段目を積んだ状態

20171117completed_fourth_layor_of_f

20171119completed_fourth_layor_of_2

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/05

No.2532 書類なしでこんな大事なことを決めるんだ…

 ちょっと基本的に不思議だと思っているのが、今回の民進党の解党的希望の党への合流で、党首の小池さんと前原さんが事前に会談して合流するとかしないとか話をしたときに、なんの文書も作らないで、口約束だったのでしょうか? 民進党の議員総会でもそういう書類出てこなかったし、未だに何にも出てこない。それでいて前原に一任なんて言っている…。こんな多くの議員の運命決める大事な決定事項のために書類作らないの? そして小池さんが移籍する人に踏み絵を踏ませるみたいな発言になって…。決定事項ではないからこんなになったのか? 政治ってそういうものなのでしょうか? 前原さんという方のあまりに幼稚な交渉術に驚いていますが、ともあれ私の単純な疑問です。

 ラスベガスの乱射事件の犯人も、ホテルの2部屋続きのスイートルームに10を越えるスーツケースを持ち込み、その中には少なくとも23種類の武器が入っていたとか。三脚も2つあったとか。どうやって持ち込んだのか? これも単純な疑問です。

 

 さて、昨日比帰り秋田出張で見学に訪れた道の駅で思わず買ってしまったのがこれ! でも、明日健康診断で今日はお酒も呑んでないので、明日に期待です!? はたはたのオイル漬けというのが珍しい。広島の牡蠣のオイル漬けと比べてみようかと…。

20171005_

 そして先ほどから大騒ぎになっているノーベル文学賞のKazuo Ishiguroさん。5歳の時にイギリスに渡られたそうですが、私は不勉強でこの方の名前すら知りませんでした。代表作 “Remains of the day”って、どういうお話しなの? 単純な疑問です。

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/02

No.2529 大変なニュースばっかりで驚いた!

 下半期が始まったのですが、呑気に競馬が当たったとか外れたとか言っている場合ではないようなニュースばかりです。

 午後に入ってきたラスベガスのカントリーミュージックフェアでの乱射事件。マシンガンをホテルの32階の部屋から乱射? 一体何発撃ったんだ? カントリーは日本で言う演歌というか、なんというか…。従って外人観光客は、日本人を含めて余りいなかったでしょう。ゼロだと思います…。

 さすがにこれだけ最悪の乱射事件があったら、もうすぐ声明を出すトランプ大統領(このブログは102日の午後10:55に書いています)が、まさかの「銃を禁止にする!」と宣言しないだろうか? トランプ大統領のイメージ大逆転だと思うんですが!?

 

 スペインのカタルーニャ地方の独立のための州民投票もスゴいですね。これだけ自分たちの自治権を勝ち取るために、みんな熱くなれる。もちろん「所得の格差」がこの問題の背景にあるらしいのですが、そもそも論ではやっぱり同じ国の中で「言語が違う、文化が違う」ということが大きいんですよね。インドのダージリンも、結局は言葉と人種が違うのを無理矢理ベンガル語に統一しようとした知事の横暴が原因ではあります。日本ではこういうのはなかなかピンとこないですが、私もインドに行くようになってから、こういうことが分かるようになりました。

日本では国民が冷めていて、政治家だけが変な方向に熱くなっている…。

 カタルーニャも投票率が実は低く、独立反対派は棄権したとか…。日本では我々は棄権したいとも思えるような状況ですが、やっぱりチャンと投票に行きましょう。

 

 ということで、23:30くらいから始まるトランプ大統領の声明を聴きたいと思います。BBCとかCBSとかみんな予定を変更してニュース流しています。現地のレポーターがことの重大さに声が震えています。確かにその通りだ。

20171002_report_from_las_vegas_mass

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/26

No.2524 トランプさんは確信犯だね

 トランプ大統領の「国歌斉唱で起立しない選手はクビだ」発言が波紋を呼んでいますが、やっぱりテレビで視ることができるのは、トランプ大統領に反対している選手の記者会見ばかり。バスケットボールのレブロン・ジェームズまで反対の記者会見に出てきちゃって…。だから、やっぱりトランプ大統領には反対の嵐なんだと思っていたら、なんとNFLの今シーズンは視聴率がものすごく下がっているんですね。これをどう見るか? サイレントマジョリティーが、NFLのテレビ中継そのものを見なくなってきているのか? 具体的な数字はこちらをクリック

 

 確かにファンが見たいのは迫力あるアメフトのプレーであって、政治的な反対運動を見たくはないでしょう。やっぱりこの辺、トランプ大統領は確信犯です。

 

 そして、安倍総理がいちいちいろいろなテレビ局の番組に出演するのはどうなんですかね? 一発1時間くらい演説をNHKとかでやってくれませんか? ナンでそういうのがダメなんですかね? NHKは国営放送なんだから…。自民党にも偏りすぎてはダメなんでしょうか? とっても面倒くさい感じがします。

ということで、明日は朝から北九州に行って参ります。「角うち」ではないです!?

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/22

No.2521 やっぱりウーバーは理屈に合ってないよ

 ウーバーもさすがに風向きが悪くなってきて、ウーバードライバーのバックグラウンド調査や、性犯罪歴などをチェックしないといけないと、イギリスのロンドンが言い出しました。同様のことはタクシーには行われているのに、なんでウーバーはOKだったのか? 当然と言えば当然の対応でしょう。

 例えば、ウーバーの場合は出発時の点呼がないし、アルコールチェックの義務もないです。さらには始業点検という、車両を一回りしてどこかおかしい所をチェックしてから出発するというのもありません。やっぱりそれはないよなー。結局ネットでマッチングするだけだから、いくらユーザーが評価すると言っても、始業点検をしてこなかった車両をユーザーは見抜けません。ということで、日本でウーバーがさすがに普及しないのは、安全と安心に重点を置く国だからでしょうか。やっぱり理屈に合ってないサービスだと私は思ってます。

 

 プエルトリコの台風被害もすごいですね。ここもアメリカですから、アメリカの大統領というのは本当に心が安まる時間なんてないですね。日本でこんな被害が出たら、当然首相官邸で緊急の会合が開かれないといけないし。

 そして、ベネズエラもなんだかおかしくなってますよね。日本から遠いかも知れないけれど、こんなにいろんな国がおかしくなってしまうのでしょうか? ハリケーンで地中海の国々も大変だし、メキシコは地震で大変。世の中騒然としている感じです。

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/21

No.2519 新聞取材力劣化が心配

 916日(土)の朝日新聞夕刊に、ブータンでラーメン屋さんを経営している方の記事が出ていました。それはそれでいいのですが、これって、安倍総理の取材にインドに行ったついでのブータン観光旅行記事ですかね?と言いたいくらい。本来なら「ブータン、中国の国境問題にインドがブータンの後ろ盾になっていろいろ緊張していた」ということを取材して記事にすべきでは? ブータンでこの国境問題がどう思われているのかは、日本で全く伝えられていません。日本人に人気がある国だけに、この中国との国境問題はいろいろな影響があるはず。そういうの報道して欲しいなーと思います。

 そうしたら、18日(月)の朝刊には、かなり大きめの記事でインドの出版事情とか何とか言って、ニューデリーの本屋さんとか取材。確かにインドでは人口急増と所得アップで読者層が増えて、本や新聞などの紙媒体が売れているのですが、これもなんだか帰りについでに取材してきた的な観光旅行記事という感じで…。それならちゃんと新幹線ができるムンバイとアーメダバードの間にある途中駅の将来などを取材してきたらと思うんですがねー。新幹線は、日本の会社も大量に行って建設に携わるんでしょうから…。

 載せなくてもいいような記事が穴埋め的に掲載されていて「取材力の低下・劣化」という意味で、なんだか心配になってきます。安倍総理の訪印の記事より、ついでみたいな関係ない記事の方が扱いが大きいのですから…。

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/15

No.2514 当地での扱いは大きいです!

 いつもと違って早朝にブログ書いてます。これからチェックアウトしてムンバイからコルカタに移動するので…。

 昨日の続き。安倍首相の当地での扱いは日本で想像する以上にスゴいです。まずは昨日のインドの朝刊。「安部さんがアーメダバードにやってきた!」という見出しもスゴいです。

20170914_times_of_india_article_2

 もちろん、インド国内には新幹線よりも既存の鉄道網をどうにかしろという意見もありますが、私自身の考えとしては、飛行機が限界、既存の鉄道はやり直すのが大変であることを考えると、新幹線をそれなりに導入していくことは、急成長する交通需要に対して絶対に必要な対策だと思います。

 ということで、昨晩のインドNDTVのニュースもこんな感じでトップ!

20170914_india_ndtv_news_2

 新幹線の紹介もこんな感じでスゴいですが、たまに山梨の都留市のリニアの画像が出てきてしまって…。これは新幹線では人ですが…。まあいいか?

20170914_india_ndtv_news2

 で、今朝は北朝鮮がミサイルを打ち上げたニュースがこちらでもニュースになってます。日印で対北朝鮮への圧力でも合意してますから…。ともあれ、私もインドにいて、安倍首相のことが話題になるので、ある意味やりやすい。

 

 さて、話しは変わって、私の好きな当地でのつまみの一つが「マサラ・ピーナッツ」 要するにピーナッツをスパイスであえたものですが、既製品と違ってレストランで出してもらうと、こんな感じでコリアンダーやタマネギのみじん切りなども入っていて、さらには生のグリーンチリを刻んでいたりして、これでビールが美味しくなります!

20170914_masara_penuts

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/14

No.2513 インドでの新幹線外交がホット

 昨日18:30にムンバイに着きました。安倍総理も昭恵夫人とグジャラート州のアーメダバード空港に政府専用機で到着。インドのニュースを見ていたら、これが大変。モディー首相と民族衣装のクルタを着てオープンカーに乗って、なんと9Km近くをパレード。今回はモディー首相の地元グジャラート州だけを訪問という感じで、完全に「近々あるグジャラート州の選挙に安倍総理が協力している」というのと「中国に強烈に日印関係をアピールしている」ということなんだそうです。たしかに、二つの国のトップが同じオープンカーに乗ってパレードするというのは異例ですね。昭恵夫人も一緒。日印関係が突出して蜜月関係にあるという感じです。扱いもものすごく大きい。多分日本ではこんなに扱われていないでしょうけど…。でも、BBCでもトップニュース! Shinkansen Diplomacy(新幹線外交)と言ってますね。

20170913_parade_of_modi_and_abe_i_3

 今日、ムンバイ・アーメダバード間の新幹線建設プロジェクトのキックオフだそうで、2022815日に開通。1.8兆円近い巨大プロジェクトです。当地の日本への期待はますます大きくなっています。なんせ、飛行機に乗る旅客数が毎年20%も増えているという成長率は、空港のキャパシティーも限界になりつつあります。新幹線も輸送手段の一つとして、当然必要だし、期待が大きいのです。

 

20170914_india_news_about_pm_abes_v

 1000人の日本語の先生を養成するプロジェクトなども、コミュニケーションのインフラを作るという意味では大切。日本とインドの間の言葉の壁の厚さは、私自身本当に感じます。そして、オープンスカイで合意することでインドの6都市と日本を結ぶことが検討開始されるとか。インドから日本に来る人が年間12万人しかいないという数字を上げないといけない。日本からインドに行く人も確か20万人くらいだったか? これで両国のビザの取得も簡単になることを期待しています。なにしろインドのビザを取るのは大変だし、インドの方にとっても日本のビザを取るのが大変です。

 

 最後に関係ありませんが、ドラえもん好きのお子ちゃまに、成田空港でこんな物を売っていたので買っていきました! さすがいろいろあるんですね。

20170913_doraemon_dorayaki_2

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧