スポーツ

2018/07/03

No.2726 サッカーは3対2が一番面白い

 人気薄の逃げ馬が本命馬を何十馬身も離す大逃げを打って、場内騒然。直線に入ってもその差が詰まらず…、しかし本命馬が怒濤の追い込みで最後の最後でゴールぎりぎりでハナ差で差し切り勝ち。こんな展開まさに手に汗握ると言う表現がピッタリですが、今朝のサッカーはそんな感じ。負けたことは残念ですが、最高の試合だったのでは。

 

古くはアメリカのフランクリン・ルーズベルト大統領の「野球は87が一番面白い」という名言を思い出しました。実際に調べてみたら:

When it comes to baseball I am the kind of fan who wants to get plenty of action for his money. I have some appreciation of a game which is featured by a pitcher's duel and results in a score of one to nothing. But I must confess that I get the biggest kick out of the biggest score- a game in which the batters pole the ball into the far corners of the field, the outfielders scramble, and men run the bases. In short, my idea of the best game is one that guarantees the fans a combined score of not less than fifteen runs, divided about eight to seven.

 

出典はこちらをクリック

という文章でして、「野球の話になると、私は払ったお金の分だけたくさん楽しみたいファンの一人。投手戦の1-0というのもいいけれど、持論を述べさせて貰うと、大量得点こそ最高に興奮できると思う。バッターが外野の端にかっ飛ばして、外野手がそれを追いかけ、走者が塁上を駆け回る。要するにファンを絶対に魅了する最高の試合というのは、両チーム合計得点が15点以上。それも概ね87に割れる試合だ。」というものです。正確には「概ね87に分かれる」とaboutが付いていて、96でもまあいいかなという感じにも取れます。

 

その意味で、今日のサッカーの3-2というのはそれに匹敵するのではないか? 1-0とか00でのPK戦とかあるけれど、このくらい点数が入ってくれると楽しめたと思います。これだけすばらしい試合をすれば、負けてなお強しでしょう。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで 電子版、もう少しお待ちください

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/30

No.2723 時間制限

 今年も半分終わりました。このブログも元日から延べで127回書きました。インドの出張中とか結構お休みいただいていたので、まあ、こんな回数です。そして、大体9万字くらい書いた計算になってます。まあ、そんな文字数です。

 ちょっと連番のミスがあって、2,700回目が実は2,704回目だったりして、チェックしていて慌てました!

 

 サッカーの日本代表のポーランド戦での最後の時間稼ぎが話題になってますが、いろいろ考えると、「時間制限」のルールがないのはサッカーくらいではないかと…。

 バスケットボールには「ショットクロック」があって、ボールを持ったら24秒以内にシュートしないといけない(NCAAの大学バスケットボールは30秒) 水球(30秒)とかなんとボーリング(25秒)にもあります。

 相撲も立ち会いまでに時間がかかるので制限時間がありますよね(幕内4分 十両は3分) 江戸時代には仕切りを100回も繰り返して、日没になってしまい「預かり」になったなんてこともあったとか…。

 野球もランナーが塁上にいないとき、投手がボールを受けてから15秒以内に投球しなくてはならないというルールがあります。(投げないとボールになる。ただし、厳格に適用されているとは言いがたいですが) 特に日本の野球は試合時間が長くて、結構批判されたから導入されたとか聞いたことがあります。メジャーでも投球間隔を20秒に制限しようという議論が今年ありましたが、見送りになりました。ただし、投手交代以外にマウンドに駆けつけたり、集まる回数が6回以内になりました。

 アメリカンフットボールも審判が笛を吹いてから(レディーフォープレー)から25秒以内に攻撃側はプレーを開始しないといけない。

 なんとゴルフもこの6月からヨーロッパでショットクロックが導入されて、50秒とかで打たなくてはならなくなりましたよね。プレーヤーの後ろにカウントダウンする時計がある景色がなんか面白いです。

  

 ということで、例えば15秒以内に相手のエリアにボールを持っていかない場合は、攻守が替わるとか、そういうルールを作ったら良いのでは? なんて素人の勝手な意見です。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで 電子版、もう少しお待ちください

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/28

No.2720 競馬とサッカーに絶対はない!?

 いきなり早朝というか未明のブログです。これはみんな思ったのでは? 韓国がドイツに勝つなんて…。まさか! スゴいですね。こんなことがあるんだと…。でも、私も日曜日の宝塚記念、ミッキーロケットで当てました! どんなことでも大穴があります。今回はジャイアント・キリングと言うらしいけど、英語ではBig Upset(ビッグアップセット) 

ちょっと古い話ですが、昔、競馬の秋の天皇賞にレジェンドテイオーという馬が出走登録をしたときに、あの亡くなった大橋巨泉さんが「こんな馬を天皇賞に出走させるのはふさわしくない」とテレビかラジオで発言されました。そのときに勝った馬はタマモクロス。今日のサッカーで言えばスエーデン? でも、レジェンドテイオーは健闘して3着。その後そんなことを言われたレジェンドテイオーを管理していた田村駿仁調教師が、大橋巨泉産に対して新聞と競馬週刊誌で論戦を展開。要するに出走するのにふさわしくないなんて言われたら「こっちだって絶対負かせてやろうと思って出走させてるんだ!」と大反論。ふざけんな! です。

当然ですよ。負けると思ってレースに出るバカはいない。絶対に強い馬が出るのなら、みんな辞退して「一頭立て」のレースになります。今日の韓国もそうでしょう。ドイツに一泡吹かせてやろうと思って試合をしたはず。あっぱれです。

 で、この論戦、結局大橋巨泉さんは非を認めて競馬評論家としてのキャリア引退。当時私は当然だと思いました。これだけ真剣に戦おうとしている調教師、騎手、厩務員、その他のスタッフに対して「出走するのにふさわしくない」なんて言ったら侮辱です。万に一つのチャンスを信じてやってやろうと思ってる。

 ということで、今日の韓国・ドイツ戦 競馬に絶対はない! ではなくて、サッカーに絶対はない!ということなんだと思います。そうだよね。負けると思っていたら「棄権」だよね。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで 果たしていつから電子版が!?

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/21

No.2713 髪型もいろいろ

 サッカーのワールドカップ、盛り上がっていますが、なんとなくスポーツによって髪型のパターンが決まっている感じがしてならない。サッカーは完全に横分け。そり込みまで入っていて、どんなに運動しても髪型が乱れない。ワックスなんでしょうけど、汗をかいても整髪料が垂れてこないのがスゴイ。

 

 バスケットボールも同様に千葉ジェッツの富樫選手が横分けですが、やはりアメリカやヨーロッパでは、あのなんとも言えない真上に直立した髪型。日本代表になった八村累選手の髪型もそうですね。私が一番スゴいと思っているのは、昨年3月のシーズンまでカンザス大学にいて、NBAサクラメント・キングスに入団したフランク・メーソン選手。私は個人的に「バスケットボール界の大工さん」と呼んでます。スイマセン、大工さんに対して誤解がありましたら。でも、この風貌はどうでしょうか? こちらクリックしてご覧下さい。

現在24歳ですが、これは大学生時代の写真。どうなんだろー?

 

Frank_mason

 アメフトはヘルメットをしているのでよく分からないのですが、ドレッドヘアは多いですね。でも、国歌斉唱を拒否して現在行くチームがなくて浪人をしている、元サンフランシスコ・フォーティーナイナーズのクォーターバックのコーリン・ケパーニック選手(Colin Kaepernick)はどうでしょうか? こちらをご覧下さい。ヘルメットをしているときと、してないときのこの違いは…。

 

Colin_kaepernick__san_francisco_vs_

 

Colin_kaepernick__san_francisco

 そもそもケパーニック選手、この人何歳かと思って調べたら、30歳でした。どうでしょうか? 髪型っていろいろ時代によって変化しますね。そしてスポーツ毎でも。野球は最近どうなんでしょうか? 丸刈り!?

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/27

No.2691 東京優駿競走

 個人的にも会社的にも応援しているバスケットボールの千葉ジェッツ、アルバルク東京の負けてしまいました。85-60と、思わぬ大敗。やっぱり最後疲れも出てくるなー。また来シーズンがんばって貰いましょう。一歩一歩前進して頂点を目指してほしいと思います。昨シーズンより大幅前進で決勝進出ですから。それでもやっぱり残念。

 

 今週は大阪と福岡の出張が終わると、ラスト木曜日が事業協同組合の総会。金曜日が当社持株会の総会。昨日土曜日がQC小集団活動の予選会と盛り沢山で、なかなかブログが書けませんでした。午前様での帰りもあったし…。

 昨日のQCの発表会では、やっぱりしっかりやっているチームと、適当にやって「忙しくて時間がなくてできなかった」と言い訳するチームとに別れます。何年もやってますが、先輩方に言われたとおり「マンネリ化をいかに防ぐか」が大切。カイゼンの文化を根付かせるのは中小企業にとっては大変ですが、これを歯を食いしばって乗り切らないといけない。

 

 ともあれ、今日は東京優駿競走。いわゆる日本ダービー。ということで、懲りずに予想をアップします。皐月賞組はそんなに弱くないと思います。また、先週のオークスと同じ父を持つ馬の12着ではないかと…。いわゆる血統の勢いを感じます。

◎(15)ステルヴィオ

○(12)エポカドーロ

▲(1)ダノンプレミアム

△(18)サンリヴァル

△(5)キタノコマンドール

△(13)グレイル

△(16)ジェネラーレウーノ

とは言いつつ、昨年は優勝馬のレイデオロを無印にしてしまいました…。

さて、今年の結果は?

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/20

No.2688 泥田のプリンス

 アメリカの東海岸メリーランド州ボルティモアにあるピムリコ競馬場で行われた、アメリカ競馬の3歳馬による3冠レースの第2弾、プリークネスステークスで、2冠達成、いよいよ最後のベルモントステークスで3冠達成の偉業に王手をかけた馬が出てきました。

 2015年のアメリカンファラオが何十年ぶりの三冠馬だったのが、突然また出現? 日本も、1980年代にミスターシービーがシンザン以来の三冠馬になったと思ったら、翌年いきなり、あのシンボリルドルフが三冠。アメリカも三冠でまたまた沸きそうです。

 しかし、今年の三冠馬は本当にタフです。アメリカの三冠は5月第1週、第3週、6月第1週の土曜日に行われるという感じで、1ヶ月ちょっとの間に、約2000mのダービー、約1900mの今日あったプリークネスステークス、そして約2400mのベルモントステークスを一気に戦います。そして、今年はダービーと、今日のプリークネスが、まさに田植えが出来るような田んぼ状態の馬場での一戦。これは馬に取っては本当にタフなレースですが、それを見事に先行して2つとも勝ったのが「ジャスティファイ(Justify)」という馬。とにかく以下のYouTubeをご覧下さい。⇒プリークネスステークスはここをクリック

そのまま視てると、1冠目のダービーもご覧いただけます。今日のレースは雨と霧の中のレースで、途中でどの馬がどこにいるのか?テレビ中継で分からなくなってしまうくらいの天気です。私自身こんなレースは生まれて初めて視ました。まさに「泥田のプリンス」が誕生。先行しているから自分自身とジョッキーのマイク・スミスは泥を被ってません。これもスゴいな。

 さて、2戦ともこんなスゴイ馬場で戦って、3冠目にエネルギーが残っているのか? 勝てば文句なしに最強の馬でしょう。

 

 話し変わって、いろいろと問題になっているアメリカンフットボールの危険なプレー。日大のプレーはプレーが完全に終わっているのにぶつかった、論外のひどいものですが、アメリカのプロフットボールNFLのぶつかり合いはまさに紙一重。すばらしいプレーと、危険なプレーの線引きは本当のプロの世界ではかなり難しいです。日大はアマチュアです。

ということで… ⇒NFLの危険なプレーはここをクリック

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/03

No.2674 シェアリングサービスの完璧性をどう考えますか?

 今日二つ目のブログはインド・ブータンネタではありません。昨日書かなかったから?

結局アメリカでもメディアが騒ぎ始めて、そろそろ問題になってきましたよね。カーシェアリングのUber Lfyt 両大手のドライバーによる性的犯罪とか、虐待、暴力沙汰。免許制度とは関係なく、個人の車をちょい借りするといった、全くドライバー教育のルール無視のシステムは、こういう結果を招くし、どんどんこういう問題が増えていくでしょう。

ユーザーの評価で「このドライバーは暴力的だ!」なんて書かれてもどうなんでしょうか!? と私は思います。そういう評価は「問題が起きてから直してもらう」ということであって、「問題が最初から起きないようにする」という対応ではありません。特に日本人にとって、「確率が低い」という問題ではないですよね。

でも、このへんが「割り切っちゃう」アメリカのシステムで、最初からそれはだめだ!という日本の考え方とはちがいます。さて、同様の問題としてAir BnBはどうしましょうか? ある程度の事故はしょうがないと思えばOK。ちょっとでも事件や事故が起こるのはダメと思えば不可。あなたはどちら? どこまで完璧さを求めるかです。

 

 最後に、大谷選手の移籍で突然Jスポーツもエンゼルスの大谷選手出場全試合中継という感じになりました。しかし、レッドソックス、レンジャース、カブス、ドジャースの試合中継がめっきり減りました。マリナーズなんてほとんど中継してくれない。そもそも今週イチローが引退するかもしれない!?という噂もあるくらいなのに。来年移籍したらエンジェルスの放送はすぐになくなるんでしょうね。

 ちなみに、来年のMLBの開幕戦、マリナーズVSエンゼルスを東京で行うという、ものすごい噂があります!

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/28

No.2646 倉庫が水浸し

 朝から真面目に仕事をして、会議をして、終わって12:50に結果を見たら、慶応高校4-3で彦根東高校に負けてました。逆転したけどその裏にまさかの3点ホームラン浴びて…。寄付をしたんですけど、一回で負けたらちょっとどうかなー? 2回か3回勝ち続けると思って寄付したんですけど(笑) 同期の何人かは朝から甲子園に行って応援してました。

 それにしても、アメリカ東海岸での視聴率はどうだったのか?気になります。ニューヨーク三田会とかシカゴ三田会、ボストン三田会もありますから…!?

 

 さて、インドで建設中の小型定温倉庫ですが、まだ建築中なのにインドならではの大変な集中豪雨に襲われ、一部浸水しました。予想通りか!? でも、今回はこの時期にこんな雨がというのは正直ビックリ・想定外です。

実は日本に帰ってから見ていたBBCニュースの天気予報で「インドの北東部で集中豪雨」という話をしていたのをちゃんと見ましたが、当社の倉庫が被害を受けるとは思いもしませんでした。もしこのときインドにいていたらこういうことは想像できたか!? 英語で「heavy rain」と言っていたのですが、ヘビーもヘビー。これはやっぱり想定外だったので、今日と明日、当社の上田さん、神戸さんとしっかり打合せをして対策を考えたいと思います。

ドア開けていてもあっという間に「一天にわかにかき曇って」怒濤の雨が入ってくるんですよね。これはインド流に後付けで何かしなくてはいけないのですが、次の倉庫の時には当然これを事前に考慮しておかなくてはいけません。でも、実際には「付け焼き刃」で対応して、後で後悔するんですよね。くれぐれもそういうことがないように…。

 

 それにしても、雨期にはこれは起こるかと思ってましたが、今、突然起こるんだー。これもまた勉強です。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/27

No.2645 慶応高校の試合はアメリカのゴールデンタイムに合わせて中継です!?

 高校野球ネタです。明日の母校慶応の選抜1回戦、彦根東vs慶応高校は朝9時から。恐らくアメリカの東海岸の東部標準時(午後8時)と中西部標準時(午後7時)の方々のもっとも見やすいゴールデンタイムに合わせて行われる、それだけスゴイ試合なんだと信じてます! アメリカでスゴイ視聴率なんだろうなーーー!? 日本人の応援、視聴とかの都合はお構いなしですね。主催の毎日新聞もNHKもアメリカでの売上げを考えての開催時間と見ました。2020年のオリンピックもこういう時間のスタートが多いのだと思います! 

 

 そうそう、ロクナット・マルくん、無事に日本に到着しました。がんばって欲しいです。高校野球はインド人だから興味ないでしょうね。オーストラリア代表チームのボールに対しての工作事件の方が大事か?

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/26

No.2644 ロヨラ大学シカゴ校 知ってます?

 ロヨラ大学シカゴ校という名前を知っている人はほとんどいないでしょう。来週の土曜日31日まで、アメリカではこの大学の話題沸騰です。全米バスケットボール選手権のトーナメント、第11シードという、ある意味「最初に負けるでしょ?」というチームが成り上がりで勝ち続け、ついに準決勝に進出。高校野球の21世紀枠のチームが準決勝に出てきたようなモノです。

 昨晩京都から帰ってきて、どうにも見なくてはまずいと勝手に思ってオンデマンドでカンザス州立大学との試合を見ましたが、とにかく神がかり。選手の動きがまるで違う。こういうことってあるんですね。こんなにすばらしいチームではなかった? だけど勝ち上がる度に選手の動きが違ってくる。選手入れ替えているのでは?と疑うほど。アトランタで行われている南地区の決勝を勝ち上がり、いよいよ今週土曜日、テキサス州サンアントニオでの準決勝・決勝へ。1963年に優勝して以来の快挙!

 思うんですが、日本の高校野球は、この「間」がないんですよね。とにかく甲子園1本で試合してるから、阪神のスケジュールに合わせて慌てて終わらせなくてはいけない。だから毎日試合。あっちが強い、この選手は実は心配とか勝手な評論している暇がないです。

 せめて準決勝・決勝くらいは1週間とか間を取ってもらって、どこが勝つのか、戦力分析とかいろいろアーでもない、コーでもないと言わせてくれよ。「神がかりロヨラの秘密」とか…。たった1日休養日があるくらいでは盛り上がらない。やっぱり毎日新聞と朝日新聞が主催して、NHKが放送していてはダメなんだと思います。

 

 そして、このロヨラ大学シカゴ校のアイコンとも言える、なんと98歳のおばあちゃんシスターが試合観戦してます。もうインタビューとか大変。こんな感じです。⇒ ここをクリック

 

 ちなみにこの大学、1963年に全米チャンピオンになって以来の快挙です。さて、55年ぶりの優勝なるか? そういう意味では選抜の慶応高校もそんな感じなんですが…。

 

 さて、今この時間、明日正午に日本に初めて降り立つ、ロクナット・マルくんがコルカタの空港でデリー行きの飛行機を待ってます。一昨日大学の卒業試験合格通知が来たとかで、いやはや当社の「新卒採用」としては余りに例外的。人生変えようという気持ちで日本語を大学時代に学んだことからこういう人生に。まさにその気持ちがすばらしいチャレンジ精神だと思います。

ちょっと乗り方がわかりにくい飛行機なので、スマホでどこにいるか確認誘導してます。無事にボーディングパスも貰ったようですが、国際線に国内旅客として搭乗するので、変な乗り方なんです。そしてデリーで日本行きに乗り換えるときにも、国際線の到着に着いてしまうので、一度イミグレーションを通らなくてはいけない(もちろんパスポートを見せる必要はありませんが) とにかく飛行機に初めて乗るし、海外初めて! まさにチャレンジ。

 ロクナット君のことは、これからこのブログでもお伝えします。

 

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧