« No.2503 若いときは生意気なことを言おう | トップページ | No.2505 サービスには限界がある »

2017/09/02

No.2504 お墓参りは思わず夏休み

 朝8時半過ぎに出発して、恒例の山梨は増穂のお墓参りです。久しぶりにインドとかアメリカネタではなく、自分自身が新鮮。

 夏休み明けで大したことないと思って甘く見ていたら、中央高速はかなりの大渋滞。ネットでは軽い渋滞とか出てましたが、到着がⅠ時間半以上遅れたら、軽い渋滞なのでしょうか!? かなり大変。

 

 先ずは山梨市のお世話になった運送会社の社長さんのお墓をお参り。その後増穂に移動して、当社の始祖(創業者ではなく、家業を始めた)樋口半六翁の胸像をお参り。

20170902_hanroku_higuchi_at_tobik_2

20170902_at_saishoji_of_yamanashi_m

20170902_at_honjoji_of_yamanashi_ma

像やお墓をお世話していただいている樋口幸明氏のお宅に伺うと、家で作っている柿とか栗とかイチジクとか、ザクロとかいただいて…。ほとんど夏休みの子供なんとか教室。いやー、新鮮で美味しい。ザクロにはカエルがいて…。カエルがどこにいるか、分かりますか? 「ざくろや、かわずたたずむ風の音」みたいな感じになっていました。

20170902_a_flog_on_pomygranate_2

 イチジクも懐かしい味ですが、栗拾いはなかなか。全くの無農薬、さらには肥料もあげてない完全オーガニック。従って虫が侵入した形跡?もあります。これが本来の安心安全。

 

20170902_what_a_maron_at_a_farm_o_2

 そうそう、クルミもこんな感じで平気で実ってました!

20170902_kurumi_nut

 朝は雨、午後から晴れてなかなか変化の激しい1日でしたが、快適な秋の田舎を味わった感じで、いやはやインドとは違うなー!?

 下部温泉に泊まって、大関魁皇が湯治をしていた「守田屋」さんにお世話になり、30度という低い温度の温泉につかって、イワナの塩焼きを食って、お酒飲んで(今日は山梨の太冠でした)、ありがたい一日でした。これで来週からインドのプロジェクトも頑張れます!

20170902_iwana_at_moritaya

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

|

« No.2503 若いときは生意気なことを言おう | トップページ | No.2505 サービスには限界がある »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/583346/65742950

この記事へのトラックバック一覧です: No.2504 お墓参りは思わず夏休み:

« No.2503 若いときは生意気なことを言おう | トップページ | No.2505 サービスには限界がある »