2018/04/25

No.2664 バラマキもいろいろ

 今日、「ばらまき」というのが、ある方々とお会いしていて話題になりました。いわゆる、政府が有権者のご機嫌取りに、いろいろと減税をしたり、一人いくらの何とか手当を配ったり…。でも、私がご紹介したのは、本当に今現在インドの西ベンガル州のママタ・バナジー州知事が、市町村選挙に打ち出した「農家に牛一頭ずつを配る!」というバラマキはどうでしょうか? いやーー、これはインドらしい! 

 さらには、立候補する予定の相手政党の候補が届出をする時にみんなで襲って届出をさせない。それによって、自分たちの応援する候補が相手のいない「無投票当選」になるということを狙う。これもスゴいなー。ということで、行きすぎの感じがあって、どうあら51/3/5日に予定されていた投票が延期されるとか何とか…。

 いろいろ勉強になります。私の知識にこういう「戦略」はありませんでしたから。さて、日本でも解散総選挙があるのでしょうか? 牛とか馬を配るということはないと思います!?

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/24

No.2663 滝口さん、ありがとうございました。

朝、8時半新宿発のあずさで山梨へ。11時から会議。来客、いろいろ、昼食hあ午後1時から、そして午後6時からとってもお世話になった自衛隊出身の滝口課長さんの送別会を、会社の休憩室で…(といっても、とってもきれいなんですよ!)

 当然全員が集まれることはできない送別会、それも平日ですから、78人の社員の内の、ほんの20人ちょっとが集まっただけですが、滝口さんの人柄がすばらしく出た送別会でした。どうせならきっちり山梨に一泊してもっと滝口さんとしっかり飲んできたかった!?

 自衛隊からいらっしゃって、たった3年だけかもしれないけれど、こういうすばらしいキャラの方は、みんなから愛されます。私自身とってもお世話になりました。そして女性陣もお世話になって、本当はもっとじっくりお酒を…。でも、山梨では車で帰らなくてはならない人が多いので、ソフトドリンクで乾杯の人が多くて残念。いえいえ、飲酒運転はダメです!

 ともあれ、とってもすばらしい送別会で、インドから滝口さんのために買ってきたプレゼントを贈呈。まず絶対に家にはないだろうと思って買ってきた魔法のランプ! 滝口さん、いずれはインドで一緒に仕事してお腹壊しませんか!? 本当にお世話になりました。

笑顔の滝口さんをご覧下さい。

20180424_takiguchi_san_fairwell_par

 滝口さん、これから中国に行ったりするそうですが、是非とも新橋にも呑みに来て下さい!? ということで、成塚君の発声で乾杯!!!

20180424_takiguchi_san_fairwell_p_2

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/23

No.2662 山梨はインド並みか?

 今度は寒くなりました。コート着ている人もいました。私は朝5時半からウォーキングをしたのですが、昨日も申しあげましたが、私にとっては快適でした。37度のコルカタを出たのが先週の月曜日。その1週間後ですが、途中の中国の昆明が気温10度で快適でした。上田さんは寒いと言ってましたが、汗をかきっぱなしだった身には本当に「天国」でした。そして羽田に帰ってきたら、やっぱり16度とかそのくらいで快適。その後28度とかになりましたが、朝が24度から26度。その後ぐんぐん上がって38度のコルカタに比べたら楽…。たった9日間でここまで「対応力」ができるとは…。

 明日は山梨日帰りですが、一昨日は山梨は暑かったようです。でも、コルカタよりは涼しかったと思いますので、大したことありませんし、明日は私が行く山梨県の竜王は気温最低14度最高24度で甘く見ていたら、湿度が86%!? それってインド並みでは? 明日実際に現場で経験してご報告申しあげます。山梨ってインド並み?

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/22

No.2661 暑くなく、快適です!?

 世間では日本中暑いらしいですが、私にとってはとても過ごしやすく、歩きやすい最近です。37度とか38度のインドから帰って来ると、「快適」です。一緒に行った上田さんはなんとこの状態で「風邪をひきそうだ」と言ってます!

 

 前FBI長官のコミーさんと、前文科省次官の前川さん、ものすごく似ている感じですね。両方ともそれなりに正しく発言しているんでしょうけど、ある意味「しゃべりすぎてる」感じもなきにしもあらず。トランプ大統領、あるいは安倍総理に対する感情は分かるけど、もっと効果的に話せないのかとも…。

 

 最後は昨日伺った愛知県トラック協会研修センターでの講演後のランチ。野菜が足りない!? スイマセン、ごちそうになっていながら文句言って。

20180421_lunch_at_aichi_truck_cente

 そして、その後立ち寄った当社の名古屋営業所に駐車していた「チョコトレ」です。チョコレートを液体状で輸送するトラックです。当社の自慢です!

20180421143607_tractor_trailers_at_

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/21

No.2660 物流大学校で20年先の物流を考えてほしい。

 インドへの出張から戻ると仕事は溜まってます。ブログも書けない時がちょこちょこ多くなってきます。今日土曜日は、名古屋に向かっている新幹線の中で書くことに。

 10時から愛知県トラック協会が主催して、中部トラック研センターで昨日20日から始まった物流大学校の開講2日目の講演を依頼されてます。昨年に続いて2回目。私なんかでよろしいのかと恐縮しています。でも、物流を担う二世・三世経営者が、しっかり目的意識をもって学んで欲しいので、その辺はしっかり話したいと思いますし、彼ら・彼女たちがしっかりやってくれないと、この国の物流の足腰がダメになってしまいます。これは本当にそう思ってます。その意味でこの講座の意義は大きい。けんしゅうせんたーでどんなことやってるのか?ご興味ある方は、このパンフレットをご覧下さい

 

 私もおじさんからおじいさんになってしまう年齢なので、いろいろうるさいことを言いますが、やはり今の若手の経営者に考えて欲しいのは、20年後の日本の状況を考えたときに、自分の会社の形がどうなっているかということでしょう。明らかに人口が減っていて、75歳以上の人が20%近くになっている社会で、自動運転で全部片付く話しではありません。そもそも、10年以上使っていくトラックが、今から20年で全部自動運転に切り替わっていくなんてことはあり得ない。メーカーの工場から配送センターまではそれなりに自動化できるでしょうけど、末端のところでの手間は変わらない。高齢化が進むと、自宅に持って来て貰うだけでなく、棚入れや据え付けなどもやって欲しい人が増えるんでしょうね。いろいろなことを想定したり想像したりして、自分の会社がどう変化して時代に対応していくのかを考えていって欲しいと思います。

 

 話し替わって、インドの倉庫の竣工式で使う説明用の資料を制作し始めています。「漆喰」とか「荷摺り」なんて、日本人でもなかなか理解している人は少ない。そこで、写真も掲載して分かりやすくするのですが、これは当然「お城」「土蔵」でしょう。ということで、写真は倉庫業青年経営者協議会のメンバーで、ほとんどプロという位すごい写真を撮っている大阪の藤波倉庫の藤波さんにお願い。イヤー、すばらしい写真をすぐに送ってくれました。インスタやTwitterでハンドル名「wasabitool」でチェックしてみてください。これはもう物流業ではないね!?

土蔵は「本当に土蔵を持っている人」ということで、岩手の倉庫の佐藤さんにお願い。これなら写真も説得力あります!? 

やっぱり持つべきものはお友達です。みなさん私を先輩と言って下さいますが、ありがたい後輩のみなさんであります。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/19

No.2659 ゼムクリップ20g下さい!?

 今朝アメリカで行われた日米首脳会談の共同記者会見。もっとも生中継でカバーしてくれたのは、BBCワールドニュース。日本のニュースはあんまり生ではカバーしてくれなかったみたいです。フォローもBBCが一番で、安倍総理がアメリカからほとんど譲歩を引き出せなかったという評価とか、まあ分かりやすかったのですが、日本のマスコミ、もう少ししっかりやってくれないかなー。それでも拉致問題のことについてはトランプ大統領もかなり言及したということもあるし…。確かに財務次官の問題もあるけど…。今回成果があまりないと、安倍政権にも大きな影響があるし、

 

 話し替わって、4年前に初めてインドに行って思ったのが、スーパーで主婦が量り売りのタマネギやトマトをより分けている光景がどこにでもあること。いわゆる選果作業をスーパーでお客様がやっている。だから、最後はスーパーでもしっかり「劣等品」が余って残ります。これはおかしいよ!と思ったのが始まり。それが結果として今回25度目の訪印に至りました。まさかです。

 とにかく農産物とかバルクものは「量り売り」の文化であり、「個単位」で売ることになれてないというのがインド。今回訪問して、ちょっとくだらないかもしれないけれど、以下の写真をご覧下さい。インドのゼムクリップです。

20180416_clip_r_2

下の写真。パッケージの裏側の一番下には、なんと「正味重量20グラム」と書いてあります。日本だったら「1袋 100個入り」とか「1箱 100本入り」とか書いてありますが、目方なんですねー。消費者は本数が欲しいので、目方で欲しいわけではない。ゼムクリップ20g買ってきてなんて言わない。

20180416_clip_in_india2_r

ここを変えられれば、商売のネタは一杯あると思ってます。ということで、定温倉庫で流通加工をして野菜をパッケージ化して個単位で売っていく。という作戦なんですが、どうなんだろうか!?

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/17

No.2658 コルカタ・昆明・上海・羽田

 なんと、ご主人がインド西ベンガル州北部のジャルパイグリ市出身という方からコメントをいただきました。我々がこの方面に作っていること自体、相当驚かれたようですが、私もまさかこういうコメントをいただけるとは思ってもいませんでした。ありがとうございます。ついでに、年末には多分?シリグリ市に北部での倉庫開発を目的として、事務所を設ける予定です。シリグリに日本の会社が正式に事務所を持つというのは珍しいと思います。ご声援宜しくお願いします!

 

昨日月曜日はコルカタ最後のお仕事で、西ベンガル州政府を訪問し、竣工式の打合せをし(本当に竣工式に間に合うようにできるのかということも含め)、なぜか当社の役員、ダスさんの紹介で遅いお昼でタイ料理をいただきました。タイ料理もある意味唐辛子一本勝負なので、ブータン料理と根っこは同じなんだと思いました。仏教つながりなのでしょうか? マサラではなく唐辛子というところが、日本人には食べやすいです。豚肉食べると新鮮な感じがします!?

20180416_at_oberoi5_r

20180416_at_oberoi4_r

夕方にホテルに戻って、これからの長旅に備えて事務で一汗。ウォーキングとストレッチです。夜9時半にチェックアウトして、10時にホテルを出てコルカタの空港へ。

深夜0:30発の中国東方航空で一路雲南省の昆明へ。

このルート、久しぶりに乗りましたが、朝5:30に到着した瞬間空港デカいというのと、今までよりもピカピカになっているのではないか?という印象。やたら清掃している人の数が多くなりました。当社トイレ評論家?の上田さんにとっても、これは合格点でしょう。それと、床に大量に張ってある花崗岩のタイルの継ぎ目がきっちりつながっていて、トロリー(コロコロです)などの車輪の音がほとんどしないというのに、結構感動していました。そして朝っぱらからやたら人が多いのも中国の勢いを感じますが、ここまで来るとカウンターの方々の英語がなかなか通じないというか、何を言っているか分からないというのが、中国の英語力の問題。日本も同様で、中国、タイ含め英語能力では下位を争っていますが、なかなか大変な問題です。それでも機内食は「インドの中華料理とは全くちがうなー」なんて変な感動をしていました。そして、なぜか上田さんが昆明の空港でフェースブックを使えていたのが驚き。あれ?使えなかったのでは? グーグルのメールは使えませんね。

 

昆明の空港では名産の翡翠のお店がずらりと並び、上田さんが突撃。今までは乗り継ぎ時間が短かったので、しっかり見たことはなかったのですが、今回はしっかり時間があったので、いろいろ一緒に見せて貰いました。なるほど、なかなか高価なもんなんですね。でも、さすがに色がすばらしくきれいです。

そして、中国の空港ですから、やたらに「麺」のお店が並んでいて、これがインドから来た身にはどれも美味しそうに見えて。しかし! そうなんですよ。人民元を持ってないんです。しまった!忘れた! で、これから到着する上海でも指をくわえていなくてはならないのか? 機内食は当然出るけど…。クレジットカードで食べられる麺のお店は残念ながら探せませんでした。と言うわけですが、こんな飛行機の乗り継ぎだけでも、いろいろ中国を感じることができるし、インドからいきなり入るので、人口の多い2つの国をいきなり比較できます。もちろん今は圧倒的に中国の方がスゴイ。でも、15年後はどうか?

コルカタ~昆明 2時間 昆明~上海 3時間 上海~羽田 2時間って、大変そうだけど、実際に乗っている間はそこそこ短時間で疲れないし、空港でフラフラして探検できるので、案外楽しいです。インドの帰りにいきなり中国!もいいですよ。

最後に関係ないけど、インド人が結構好きな「チキン・ローリーポップ」の写真を…。鳥肉メインですが、みんな唐揚げみたいな感じ。で、これに骨を刺して、手で持って食べる。たしかにパーティー料理としてお子様に人気でしょう。でも、とにかくしっかり揚げてあります。色がそんな感じでしょ? これにしっかりケチャップをつけて食べます。

20180415_chicken_rollypop_at_bar_in

 

 ということで、もう少し経ったら羽田行きに乗ります!

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/16

No.2657 タージマハールを見てきました!

 ベンガルのお正月は特にどうと言うこともなく、静かに過ぎていきました。ベンガル歴では1425年なんだそうです。なるほどというか、よく分からないというか…。日本でも未だに皇紀二千何年と言ってる方もいますけど。でも、こんな飾りがあったりすると、なるほどこういうお祝いの仕方なんだ…なんて感心していました。ココナッツはものごとの始まりに良いのだそうです。へーー。

20180415_bengali_new_year_decoratio

 日曜日ですが、さすがに昼過ぎまで仕事をしました。もう間に合わないというくらいに、いろいろあって、結果として竣工式を615日(金)から23日(土)までの間で行うこととして、招待客の都合などを考慮したり、天候とか(もう、めちゃくちゃ暑くなっているのは分かってます)、倉庫をどうやって順番に案内するか、さらにはそれ以前に新しい倉庫の使い方とか、保管の仕方を教えないといけないとか、いやはやなかなか準備が大変です。GWもこちらで倉庫の完成とその後の運営、竣工式の準備などいろいろ行わなくてはいけないでしょう。

 そして北部のファンシディワとデュープグリのバザール内にも倉庫を作るので、これから具体的な設計作業にかかります。(今回の出張で正式に具体的な土地のエリアを申し入れたので、ある意味本当にやらなくてはいけなくなってしまった!?) これが同時進行で進んでいって、11月くらいに両方とも着工できればなーと思っています。

 

 夜は、ホテル近くにある「Eco Park 」という巨大公園に行ってきました。インド最大の面積を誇るとか? 入場料30ルピーですから、51円? Japanese Forestとか、いろいろな森などのコーナーがありますが、相当歩くのが好きな人でないと、ここは「へとへと」になるのでは? 当然暑いから夜の方がいいです。午後9時頃までやってます。

 そして、私も上田さんも何回もインドに来ているのに見ることができなかった、タージマハールをついに見学! それもインドで! 

20180415_at_taj_mahal3_r

いわゆる世界の7不思議がここで一挙に見学可能! インドでタージマハールを見たんだから、これは本当です!? ブラジルも見てきました!

20180415_at_eco_park5_r

 

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/15

No.2657 マザー・テレサの鉛筆

 本当は今日0:30にコルカタを出る飛行機で帰国するはずでしたが、月曜日に西ベンガル州政府の方と会うことになって、帰国を17日(火)に遅らせました。まあ、いろいろと予定の変更は多くあるので、それも州政府関係の忙しい方々と会ってお願いしたりするので、いろいろ予定の変更は付きもの。スケジュールのやりくりが大変ではありますが。

 今日15日(日)はベンガルのお正月だそうです。来るまで知りませんでした。泊まっているホテルでは、床にこんなお祝いのデコレーションをしていました。こんな感じで準備。

20180414_preparing_bengali_new_year

 帰って来たら、こんな感じでほぼできあがってました!

20180414_preparing_bengali_new_ye_2

 シングールの建築現場に行って、建築状況の確認と、竣工式の段取り・見学者の誘導などを想定して打合せ。その帰りに車のタイヤがパンクしました。道ばたのタイヤ修理専門のお店(本当に小さいお店で、空気を入れるコンプレッサーだけで一杯のお店です)で、パンク修理。ジャッキアップしてタイヤを取ったのはいいけど、なんと中のチューブを出して、水に入れて泡が出てきて、穴が空いてるところを探して…。いやー、クラシックな修理というか、インドでは未だにタイヤは中にチューブが入っている奴なんですね。日本ではほとんで「チューブレスタイヤ」が主流で、これも昭和の香りが…。当然歩道で修理です。

20180414_classic_tire_puncture_fixi

 土曜日で帰りがけにインド初出場のメンバーのために、当然といえは当然コルカタ観光の定番、マザー・テレサの「マザーハウス」を訪問。ここに来るのはかれこれ4回目ですが、とにかくこの方はスゴいと常に思います。「宗教によって差別をしてはいけない」なんて言葉は、せっかくそう言って貰っているのに、今の時代本当になにもできてないなと思います。

20180414_at_mother_house_r

ちなみに上田さんが気がついたのですが、展示されていた「マザーが使っていた鉛筆の一つ」というのが、なんと「郵便貯金」と漢字で書いてありました! 写真は撮影できないので、ご紹介できないが残念ですが、「へーー」という感じ。ググっても出てきませんでしたので、見たい方は是非コルカタにいらっしゃって下さい!?

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/13

No.2656 ブータン料理は美味しい!

  昨日12日(木)は、コルカタにある日本の総領事館のご紹介をいただき、ブータン総領事館を訪問しました。その名も「ブータンハウス」 インドの野菜がブータンに輸出され、ブータンのアスパラガス等が逆にインドに輸出されているというのを聞いて、インド・ブータン間の物流に当社の定温倉庫がどの位貢献できるか、在コルカタ総領事館にご紹介をいただいて、お話しを伺うことになりました。

 ワンチュク総領事(あのイケメンの王様と同じ名字です)は、なんと大阪外国語大学と、和歌山大学で勉強したという、まさかの経歴。当然日本のことはよくご存知でした。私の地元の神奈川県小田原市もよくご存知で、結構ローカルな話しもしてしまいました。

 で、お昼をごちそうになったのですが、ブータン料理は初めて。都内では渋谷に一軒だけあるそうですが、これが「へーーーーー!」という料理。インドと同じように辛いと思っていたのですが、これは日本人には食べやすい

2018041213_lunch_at_bhutan_house_r

1)基本的に油で揚げないで、茹でます。だから油っぽくない

2)スパイスミックス=マサラを使わず、「唐辛子一本勝負!」 だから、辛いと感じるまでのスピードが速い。でも、今回食べた料理の辛さはマイルドなんだそうです。同行したインドの方々でさえ「十分辛い」と言ってましたが…。辛さは要注意です。

3)豚肉OK。宗教的にはなんの制約もないので、丸で沖縄料理みたいな豚肉が出てきました。

4)露地物のブータン産アスパラガスが絶品でした。グリーンハウスで作っていないので、太陽の味がしました!

2018041213_lunch_at_bhutan_house2_r

 この歳になっても、知らない国の食べ物を直接食べさせていただけると、全く新しい世界が開けますね。茹でるのかー、だからお腹にやさしいんだーなんて思いながら食べました。単に「幸せの国」なんて思っていたら大間違い。食材に限らず、いろいろと調べてみたいと思い始めました。

 ワンチュク総領事がおっしゃった「ブータンは水力発電があるからと言って、太陽光発電の倉庫をダメだとは全く思ってない。太陽光で浮いた水力発電の電力は、インドに売れるようになるからとてもいい話だ」というのは、なるほどーでした。人口80万人、山ばっかりと思っていたら大間違い。インドに来ることができたからこそ、ブータンという国も意識できるようになったことに感謝の一日でした。ということで、最後は記念撮影。前列真ん中がワンチュク総領事様、右がご紹介をいただいた夛賀総領事様です。

20180412_with_mr_wangchuk_mr_taga_2

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/11

No.2655 シングールの倉庫建設進捗状況です

 コルカタの郊外にあるシングールという場所で倉庫(と言っても小屋のようなモノですが)を建設していますが、気温35度の中で行ってきました。

 既に建物はほぼできあがっていますが、これからソーラーパネルの敷設だとか、肝心の発電、充電の仕組みを作っていきます。で、それが遅れていて、5月末に竣工できるかどうかというところです。

 まだ空調機も動いていない状況ですが、倉庫の中に入ると結構涼しい。設計した断熱の構造、仕組みがきちんと機能していることが分かり、「これはいける!」とうれしくなるのですが、問題は湿気。とにかく7月辺りの湿度95%とか100%という湿度に対して、この倉庫が結露などしないで、きちんと17度から19度と言った温度を維持できるか? まさに日本の気候など問題にならないインドの気候へのチャレンジです。

 当社有名人上田さんも、倉庫の屋上に上がって、換気扇の取り付け、固定方法を現地の作業員に指示。これだけ暑い日に屋根の上に上るとかなりの大汗。いい汗かいたという和氣にはいきません。日本との温度差もあるので、さすがに消耗します。日本にいる時よりもゆったりペースで仕事をしないとなかなか大変なんですが、それでも工期が遅れているから飛ばさないわけにはいかず…。これからまだまだ一山も二山もあることは覚悟しています。そうは簡単に倉庫を作らせてはくれません。

 

 ともあれ、漆喰と荷摺り(にずり)、さらには空調機が付いた室内はこんな感じでなかなか絵になってます!? 天井から見え隠れしているのは、断熱材です。

20180411_shikkui_and_nizuri_with__2

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/10

No.2654 ブータンに行く前に、インドの米焼酎!?

 7日(土)は出発までバタバタ。8日(日)に日本を出て、デリーに一泊。昨日9日(月)に西ベンガル州北部のシリグリという、200万人くらいの人口の町に入りました。紅茶で有名なダージリン観光の入り口。空港はそのすぐそばにあるバグドグラ空港。デリーから大体2時間ちょっとです。

 ここで、当社現地法人、Kawasaki Solar Warehousingのご一行様と合流。彼らは隣国ブータンに行って、インドから輸出されている野菜がどういう風に販売されているのかなど、調査してきました。なんせ平地が3%位しかない人口80万人の「幸せの国」です。一人当たりの所得も2016年で2804ドル インドの1710ドルに比べたらはるかに高いので、購買力があるのと、観光立国のために、お金を使ってくれる外国人観光客が多いのです。

 ほとんどの野菜がインドから入っているのですが、なんとアスパラガスを作っていて、インドに輸出している。イチゴはタイから輸入されているとか…。

 西ベンガル州北部にソーラー発電式定温倉庫を建てて、ここからブータン向けにレベルの高い野菜を売れるようにすれば、ブータンにとってもインドにとってもめでたしめでたしだろうというのが我々の計画の一つです。

 で、VISAの不要なインドの方々にとにかく行ってもらって情報収集をお願いした次第。我々が行っていたら、もっと調査が遅くなってしまいます。でも、これで当分ブータンに行く機会はないかも?

 

 ともあれ、バグドグラ空港で合流後すぐさま建設予定地の一つ、ファンシディワ(Phansidewa)というところに行き、当社の建設イメージをもとに、早速現地側で起こしてくれた図面を使って、倉庫の仕様を確認。私なりに物流の効率、特に荷役作業の効率を考えたデザインなんですが、それを当社の有名人上田さんがイメージにしてくれて、さらにそれを現地のスタッフが図面にし、最後は設計会社にそれをベースに説明して建築図面にまで落とし込むという、かなりステップが多い仕事です。でも、このプロセスを踏むと、かなりみんな分かってくれるので、あとで間違いが少ないでしょう。とはいえ、今回は総勢9名での現地打合せ。今日もこれからドュープグリという場所に行って同様の打合せをして、空港にとんぼ返りしてコルカタへという、そこそこ強行軍。今回から初登場の竣工式などの政府関係者とのアレンジでお手伝いをお願いした安次嶺さん、大丈夫でしょうか!?

20180409_at_phansidewa_bazaar_kurok

 ついでに、バザールの裏手でこっそりお米から作ったというインドの焼酎(当然酒税払ってない自家製の焼酎)を農家の人に呑ませて貰いました。これは完全に米焼酎だ! ということで、日本から持って来たばかりの「黒霧島」をスーツケースから取り出して、お返しにみんなに注いで「乾杯!」の発声練習!? 結構喜んでくれたかと。

20180409_at_phansidewa_bazaar_kur_2

 ということで、ファンシディワのバザールでのメンバー全員記念撮影!

20180409_at_phansidewa_bazaar_r

  そうそう、最後の最後はインドのワイン、「スーラ」で喜ぶ上田さんの笑顔!

20180409_ueda_san_with_sula_at_roya

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/04/06

No.2653 江戸や明治に女性は土俵に上がっていたよ

 土俵に女性が上がるのは伝統を崩すからダメ? これには驚きましたね。「女相撲 歴史」でググってみて下さい。本当に最近まで女相撲があったことは、結構いろいろなところに書いてあるし、私も知ってました。だから、どこが女人禁制なのか分からない。同じ土俵で女相撲もやっていたし、男性と女性の戦う相撲もあった訳です。相撲協会の理事とか役員、それに横綱審議会って、知ってて黙っているのか? でも、あの顔ぶれ見ると相撲の歴史をちゃんと勉強してないとしか思えないけど。少なくとも「伝統だから女性が土俵に上がれない」なんて、よほど頭悪くないと言えないのでは? 伝統なら江戸時代に女相撲があってはダメでしょ?

 

 さて、今日は葛西流通センターで働いている、インドからの新卒研修中、ロクナット・マル君の顔を見てきました。そう、どうしているか心配で…。まあ、インドから初めて飛行機に乗って日本に来たので、すべてが初めて。当然まだまだ慣れてませんが、連休明けまでいれば、慣れるでしょう。それが若さ。自分の知らない世界にいきなり飛び込むことが大切です。ということで、写真は(右:寺澤所長 左:荒井課長)

20180406_loknath_with_arai_san_and_

 週末は日本のケンタッキーフライドチキン、マクドナルドに行って、インドのそれと比べてこいと命令しました! 何にでも興味を持たなくてはいけません。ということで、明日は仕事もするけど荷造りも…。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/05

No.2652 インドに行く前は忙しい!

 新燃岳がまた噴火しましたが、火山灰が降り注いで、それを吸い込んだりしたらどういう影響があるのか? 毎日吸っているわけではないけど、火山灰には重金属も入っているはずだから、この辺きちんと指導をしないといけないと思うんですよね。

 

 とは言え、とにかくインドに行く前は忙しい。日本で済ませることが多すぎて、夕食もほとんど夜10時過ぎに食べている感じで。これで週末からインドに行くと、また宿題持って帰ってくるので、またいろいろ準備しなくてはならず、さらに日本の仕事は当然日本でやりますが、飛行機の中でもやったり、インドで早朝に起きてやったりで…。

 まだ時間の使い方が下手なんですね。とは言え、やっぱり日本で仕事するわけではないので、「自分の目で見てから」やらないといけないのは当然。これが倉庫が1020も建ってくれば、もしかしたら自分の目で見なくてもできるのかもしれないし、そうすべきなんでしょうけど…。とはいえ、今日はこの辺にして、まだもうちょっと時差が3時間半あるので、インドに連絡できるので…。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/03

No.2651 初めてインドに行って4年が経ちました

 初めてインドに行ってから丁度4年が経ちました。201443日に最初に行ったのがムンバイ。かなり緊張して行ったのを覚えています。次が2015年の412日。ほぼ1年空いての訪問。それがあっという間に何回も行くようになり、多くの方々の協力を得て(というか、巻き込んでしまってます!?)ついには倉庫の建設が始まり、インドの人々も採用し、新卒が日本に来るようになって…。この歳になって、自分の考えていること、学んできたことを実行できることに感謝していますが、逆に「もっと若いときにこれをやりたかった」という悔いもあります。でも、技術の進歩がここまで来なかったら、インドで定温倉庫を作るなんてことはできなかったので、逆に「80歳で始めなくて良かった」と思っています。80過ぎて1年にインドを10回も往復できませんから!? ともあれ、私の行動(インドに行きたかった)が、それも勝手な思いつきがみなさんの人生に影響をしているかと思うと、責任重大です。これ、嘘偽りなく本当に思ってます。

 

 バスケットボールの全米選手権、通称「マーチ・マッドネス」は、ヴィラノバ大学の圧勝で終わりました。一昨年ヒューストンで実際に観戦したときと同じチームが1年おいて再度優勝。一昨年はいわゆる「ブザー・ビーター」で、最後の最後にボールを投げたらまぐれ?で入った! 今年はもう前半終了前からミシガン大学(私の母校、ミシガン州立大学ではありありません)を圧倒して常に10点以上リード。うーーーん、今回は第一シードがきっちり優勝したなと言う感じでした。

 高校野球も、春の選抜はもっとハッキリシード制敷いた方がいいのに。各地区の1位をシードの1位にして、組合せ抽選会をなくすべきです。夏は各県から1校出てくるからしょうがないけれど、春は一つの件から3校も出てくることがあるので。ダメでしょうか?

等といろいろ考えながらも、日曜日からインドに行くので、結果としてバタバタしていました。とにかく、毎月1回くらいインドに行っていると、1回戻ってきてから3週間後にはまたインドに行くとカウントダウン?している自分が居ることが分かってきました。だから、「あと4日でインドに行かなくてはならないから、あの資料を作っておかなくては」なんていつも思ってしまう。うーーーん、もう少し余裕が欲しいです。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/02

No.2650 今日のニュースは何がトップ?

 今日の夜のNHKのトップニュースは大谷選手の初勝利ですか。気持ちは分かりますが、それでもなー。スポーツの時間でトップニュースで十分ではないのか? 韓国と北朝鮮の関係をトップで報じている他局のニュースと比べても、お国の放送局がこういう風に報道するのは、ある意味驚きです。もっと早くから、日本ハムなんて行かないでマイナーからメジャーに行ってほしかったのですが、とにかくベーブ・ルース以来の打者と投手のデビューはすごいです。ゴンザガ大学の八村君と同様応援しましょう。

 最近ボストンレッドソックスの帽子を被っていた人が少ないのですが、これからエンゼルスの帽子被る人が急に増えるんでしょうね。ヤンキースだけは不滅に多いですが…。

 

 さらに、英国のBBCは今朝の最大の特集は23年前の地下鉄サリン事件でした。かなり詳細に報道していました。えーーー? やっぱりあのロシアの元スパイの神経ガス問題が影響しているのでしょうか? 日本人の方がある意味忘れている事件です。そう、当社に今日入社した新入社員の方々は、麻原彰晃の名前はもちろん、「あー言えば上祐」なんてだじゃれ知らないんですよね。

 

 でも、今日入社した彼らも、20年とか30年経つと同じ事を言うんでしょう。

 そして、2045年に75歳以上は43道府県で20%を越えるというのが先日発表になっていました。私はそのとき生きていれば87歳で、20%を構成しています。そういうことなんだー。結婚式ばかりあるインドとは偉い違いだなー。この問題、どうしようもないという「諦め」が日本の中にある感じですね。

 今日、私の家のポストに間違って入っていたお隣の郵便物は「終活の薦め」と書いてありました。大手葬儀社のダイレクトメール。ため息です。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/01

No.2649 沖田雅輝さんを偲ぶ

 エイプリルフールです。と言っても最近流行の「改ざん」とかしません!?

 高校野球の実況中継するアナウンサーと解説の方の資料が、未だに手書きなんですね。これでは情報量が足りないので、相変わらずのつまらない解説になる理由が分かりました。端末触っていろいろ統計見ないんでしょうか? データ集める予算がないNHKと毎日新聞がやっているとこういうことになる。それに引き換え、NCAAバスケットボール選手権の解説は、あのゴンザガ大学の八村君が入学の際にSATと言われる大学入学に必要な学力試験だとか、英語力に疑問を投げかけられて、準備に相当がんばったなどの話しをしてくれます。高校野球の中継、そろそろ変えよう。

 

 今日はお通夜が重なり、兄弟で分担して、私は「府中の森聖苑」というところに行ってきました。そう、競馬関係者のお通夜です。実は京王線東府中の駅を降りて、下り方面に向かって左側の東京競馬場側に歩くことは当然も、反対の右側に降りるのはほとんど経験がありませんでした。こんな立派な施設があるんだー。幼稚園時代から府中に連れてこられてましたが、知りませんでした。

 競馬評論家、沖田雅輝さん。父の代から大変お世話になった方。今は廃刊となった「ホースニュース馬」という専門紙の予想家で、伊崎周五郞さんの先輩。フジテレビの競馬中継では、亡くなった大川慶次郎さんが病気や海外出張などで休んだ時の代打。大川さんが「あのズーズー弁なら私が戻ってきて席がないということはないから!」と言っていた、朴訥とした語りの方でした。解説でも、真面目だから逆に競馬会の専門用語を平気で使っちゃう。「この馬、調教ではオレンジが乗ってましたからね」なんて。意味は後日…。

 予想は硬派で、◎○▲に△は二つだけ。要するに5頭に印を付けるだけ。16頭立てのレースで13頭も印を付けちゃう予想家がいるのに反して、基本がしっかりしていて潔かった。沖田さんの影響で、私も5頭までしか選ばないようになりました。

 大川慶次郎さんと私の父が主催して開催していた「競馬愛好者による中国会議(競中会)」という、要するに競馬が好きで麻雀が好きという、どーしようもないオヤジの会にも、毎年参加していただいていました。今年も来月下旬に開催する予定ですが、沖田さんが出席していただけないのは寂しい限りです。沖田雅輝さんのご冥福とをお祈り申しあげます。

(写真は2013515日 競中会で商品を沖田さんにお渡ししているところです)

20130515_

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/31

No.2648 アメリカの消費力はスゴイ

 土曜日で久しぶりに休んでいて、「トランプ大統領贔屓」のFoxニュースを視ていたら、スゴいですね。「他のメディアはどうしてメキシコ国境の壁を作ることを支援しないのか? なんで批判することばかり報道するんだ?」なんてコメントがありました。それもニュースのキャスターから。

 自民党が放送局の「政治的不偏不党」を撤廃する考えがあるそうです。極端に政権寄りの放送が出るとか、いろいろ心配する意見もあるでしょうが、Foxの政権より、CNNのアンチ政権的な放送を見ていると、これはこれで面白いし、視聴者って心配するほどバカじゃないと思います。当たり障りのないコメントとか解説聞いてもしょうがないし…。

 

 アメリカ人のクレジットカードでの負債が1兆ドルを超えるそうです。1兆ドルって、106兆円!? 昨年が9,200億ドルだったそうです。一人当たり平均$6,375のクレジットカードの残高があるそう。これってほぼ70万円? 他のローンなども入れると、一世帯当たり平均16千ドル。170万円くらいになるそうです。

とにかく消費が大好きなアメリカ人。いわゆる消費性向という「所得に対してどの位使っちゃうか?」が70%近い。逆に中国は30%台。その辺が貿易赤字にもつながってます。日本人も消費ではなく「貯蓄」が好きなので、貯蓄性向が高いと言われてましたが、最近はその傾向が「失われた○○年」の影響で所得が伸び悩み、貯金どころでなくなってきました。ともあれ、世界の景気を引っ張っている「旺盛な消費意欲」はこの辺に如実に出てきてます。という言い方以上に、正直この数字は個人的には「呆れた」というくらいにスゴいと思いました。こんなにお買い物するんですね。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/29

No.2647 インドの倉庫、いろいろ

 インドの野菜をいかに日持ちさせて、廃棄を少なくするか。冷蔵倉庫を作ればいいじゃないか? 冷凍機の付いたトラックを走らせればいいではないか? と言われます。今週BBCワールドニュースで特集しているインドの農業について視ていますが、冷凍機を付けたトラックが、インドではまだわずか7,000台しかないとか? えーー?それ本当か? たしかに保冷ボックスを使って運んでいる方が圧倒的に多い。冷蔵倉庫を作るにしても、コストがものすごく高い。電気代も高い。ということで、まだまだこの先の道のりは長いです。

 で、今日は会社に夕方「有力な助っ人」が来てくれました。インドの倉庫が完成に近づくにつれ、果たして竣工式をどうやったらいいのか? 日本で竣工式をするならいろいろ分かるけど、インドでは分からないよ! でも、その準備に時間かかってしまうと、肝心の倉庫ができないではないか! という、あまりに当たり前の矛盾を解決するために、秘密兵器をお願いした次第。いずれこのブログでもご紹介したいと思います。やっぱり経験がものを言う世界です。

 倉庫ひとつ作るにも、本当にいろいろあって、経験と勉強になります。

 

 最後、トランプ大統領がアマゾンに矛先を向けました。税金払ってないじゃないかと。その通りで、正論だと思います。やり過ぎている奴に堂々と文句を言うのは、この大統領ならではです。

 

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/28

No.2646 倉庫が水浸し

 朝から真面目に仕事をして、会議をして、終わって12:50に結果を見たら、慶応高校4-3で彦根東高校に負けてました。逆転したけどその裏にまさかの3点ホームラン浴びて…。寄付をしたんですけど、一回で負けたらちょっとどうかなー? 2回か3回勝ち続けると思って寄付したんですけど(笑) 同期の何人かは朝から甲子園に行って応援してました。

 それにしても、アメリカ東海岸での視聴率はどうだったのか?気になります。ニューヨーク三田会とかシカゴ三田会、ボストン三田会もありますから…!?

 

 さて、インドで建設中の小型定温倉庫ですが、まだ建築中なのにインドならではの大変な集中豪雨に襲われ、一部浸水しました。予想通りか!? でも、今回はこの時期にこんな雨がというのは正直ビックリ・想定外です。

実は日本に帰ってから見ていたBBCニュースの天気予報で「インドの北東部で集中豪雨」という話をしていたのをちゃんと見ましたが、当社の倉庫が被害を受けるとは思いもしませんでした。もしこのときインドにいていたらこういうことは想像できたか!? 英語で「heavy rain」と言っていたのですが、ヘビーもヘビー。これはやっぱり想定外だったので、今日と明日、当社の上田さん、神戸さんとしっかり打合せをして対策を考えたいと思います。

ドア開けていてもあっという間に「一天にわかにかき曇って」怒濤の雨が入ってくるんですよね。これはインド流に後付けで何かしなくてはいけないのですが、次の倉庫の時には当然これを事前に考慮しておかなくてはいけません。でも、実際には「付け焼き刃」で対応して、後で後悔するんですよね。くれぐれもそういうことがないように…。

 

 それにしても、雨期にはこれは起こるかと思ってましたが、今、突然起こるんだー。これもまた勉強です。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/27

No.2645 慶応高校の試合はアメリカのゴールデンタイムに合わせて中継です!?

 高校野球ネタです。明日の母校慶応の選抜1回戦、彦根東vs慶応高校は朝9時から。恐らくアメリカの東海岸の東部標準時(午後8時)と中西部標準時(午後7時)の方々のもっとも見やすいゴールデンタイムに合わせて行われる、それだけスゴイ試合なんだと信じてます! アメリカでスゴイ視聴率なんだろうなーーー!? 日本人の応援、視聴とかの都合はお構いなしですね。主催の毎日新聞もNHKもアメリカでの売上げを考えての開催時間と見ました。2020年のオリンピックもこういう時間のスタートが多いのだと思います! 

 

 そうそう、ロクナット・マルくん、無事に日本に到着しました。がんばって欲しいです。高校野球はインド人だから興味ないでしょうね。オーストラリア代表チームのボールに対しての工作事件の方が大事か?

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/26

No.2644 ロヨラ大学シカゴ校 知ってます?

 ロヨラ大学シカゴ校という名前を知っている人はほとんどいないでしょう。来週の土曜日31日まで、アメリカではこの大学の話題沸騰です。全米バスケットボール選手権のトーナメント、第11シードという、ある意味「最初に負けるでしょ?」というチームが成り上がりで勝ち続け、ついに準決勝に進出。高校野球の21世紀枠のチームが準決勝に出てきたようなモノです。

 昨晩京都から帰ってきて、どうにも見なくてはまずいと勝手に思ってオンデマンドでカンザス州立大学との試合を見ましたが、とにかく神がかり。選手の動きがまるで違う。こういうことってあるんですね。こんなにすばらしいチームではなかった? だけど勝ち上がる度に選手の動きが違ってくる。選手入れ替えているのでは?と疑うほど。アトランタで行われている南地区の決勝を勝ち上がり、いよいよ今週土曜日、テキサス州サンアントニオでの準決勝・決勝へ。1963年に優勝して以来の快挙!

 思うんですが、日本の高校野球は、この「間」がないんですよね。とにかく甲子園1本で試合してるから、阪神のスケジュールに合わせて慌てて終わらせなくてはいけない。だから毎日試合。あっちが強い、この選手は実は心配とか勝手な評論している暇がないです。

 せめて準決勝・決勝くらいは1週間とか間を取ってもらって、どこが勝つのか、戦力分析とかいろいろアーでもない、コーでもないと言わせてくれよ。「神がかりロヨラの秘密」とか…。たった1日休養日があるくらいでは盛り上がらない。やっぱり毎日新聞と朝日新聞が主催して、NHKが放送していてはダメなんだと思います。

 

 そして、このロヨラ大学シカゴ校のアイコンとも言える、なんと98歳のおばあちゃんシスターが試合観戦してます。もうインタビューとか大変。こんな感じです。⇒ ここをクリック

 

 ちなみにこの大学、1963年に全米チャンピオンになって以来の快挙です。さて、55年ぶりの優勝なるか? そういう意味では選抜の慶応高校もそんな感じなんですが…。

 

 さて、今この時間、明日正午に日本に初めて降り立つ、ロクナット・マルくんがコルカタの空港でデリー行きの飛行機を待ってます。一昨日大学の卒業試験合格通知が来たとかで、いやはや当社の「新卒採用」としては余りに例外的。人生変えようという気持ちで日本語を大学時代に学んだことからこういう人生に。まさにその気持ちがすばらしいチャレンジ精神だと思います。

ちょっと乗り方がわかりにくい飛行機なので、スマホでどこにいるか確認誘導してます。無事にボーディングパスも貰ったようですが、国際線に国内旅客として搭乗するので、変な乗り方なんです。そしてデリーで日本行きに乗り換えるときにも、国際線の到着に着いてしまうので、一度イミグレーションを通らなくてはいけない(もちろんパスポートを見せる必要はありませんが) とにかく飛行機に初めて乗るし、海外初めて! まさにチャレンジ。

 ロクナット君のことは、これからこのブログでもお伝えします。

 

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/25

No.2643 March for Our Lives

 首都ワシントンに集まった高校生を中心とした(中学生も出てきました)

20180325_march_for_our_lives_r

March for Our Lives」はスゴイ。高校生が次々に登壇して銃規制を訴える姿は、やっぱりアメリカスゴいよとも思います。まさにこれはエネルギー。 あの、マーティン・ルーサー・キング牧師の孫も出てきて演説しちゃうし。

 

20180325_march_for_our_lives4_grand

 予測不可能なトランプ大統領はどうするのか? 銃規制をやっぱりやるぞ!と言い出したら、一気に民主党支持層も取り込めそうですが…。27千万丁にビビってないでやるには今のタイミングが最高でしょう。そもそもAR15なんて軍隊が持っている銃を、普通の人が持てること自体がおかしいと思うのですが、そうではないんですよね。

20180325_march_for_our_lives4_r

 問題は27千万丁をどうやって回収・廃棄するか。絶対に闇マーケットになって取引されてしまう。

20180325_march_for_our_lives_ariana

 でも、次は420日、コロンバイン高校銃乱射事件の19年目の日に行われるようです。ボウリング・フォー・コロンバインというマイケル・ムーア監督の映画がありました。そうなんだー…。

 

 さて、私個人は本日午後3時過ぎの新幹線に乗って京都へ。そして来週入社する高校生と食事としてきました。自動車科を卒業という、運送屋さん、倉庫やさんに撮っては頼もしい高校生です。まさにMarch for Our Livesのアメリカの高校生と比べてしまうのですが、日本の高校生だってすごいのがいますよ。3時間あまり一緒に話して、本当に楽しかったですし、京都に来た甲斐がありました。ご両親も素敵な方々で、当然大事なお子さんを「怪しげね?」会社に就職させて大丈夫だろうかと心配されているはずです。だからこそ私自身がおめにかかってお話をさせていただきたいと思うのです。特に遠いところから東京に就職させるという場合は。

 今、とんぼ返りの新幹線の中でこのブログ書いてますが、良かったなーと思うことしきり。

 

 で、関係ない話しですが、とっても混雑していた京都の駅ですが、ムンバイの駅に比べたら空いてるなーなんて思ってしまった私は…。

20180325_crowded_kyoto_station_r

 

 そして、京都駅の新幹線改札を出たら、こんなお店にすぐに反応して写真を撮ってしまった私は…。うーーーーーーん。"Spicy Masara"

20180325_spicy_masara_at_kyoto_stat

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/24

No.2642 22日帰国後の近況?です

 22日正午に成田に着陸して帰国。新橋の会社に行き、その後帰宅して着替えて、JILS(日本ロジスティクスシステム協会)のロジスティクス経営士の卒業式に5時過ぎから参加。みなさんがんばっていただいたので、晴れて卒業証書を貰うと、まるで顔が違う。でも、これで終わったと思ってそのままにされると、経営士の名前が泣いてしまいます。「経営士ってこの程度の奴らなの?」なんて言われないよう、日々研鑽をお願いします。

 その後別件もありまして、帰りが結構遅くなりました。

 

 そして昨日23日は、インドでお願いしている弁護士のガングリーさんが来日していて、夕方来社。いろいろ議事録などにサインをして、その後は一緒に食事をして…。インドの方と食事をするときは、当然取りにくいが以外難しい。でも、ムンバイとかコルカタといった「海沿い」から来た方々は魚を食べられます。でも、刺身はダメという人もいます。ということで、私が結構案内しているのは:

1) 焼き鳥屋さん

2) お好み焼き屋さん(肉抜きの野菜とうどんで)

3) おでん屋さん

というところで結構喜んでもらえます。

 ただ、夏場は熱い感じで焼き鳥屋さん以外はなかなか難しい…。インドの方は暑いの得意ですが、相手をする日本人の方が!?

 

 先週出発前はガンドゥラオ君、帰って来たらガングリーさん(ちなみにこの名前は西ベンガルでは典型的な名前のようです)と、ほとんどインド漬け。

 

 今日はさすがに何事もなくゆっくりさせていただきました。先週日曜日にインドに到着してすぐにネット中継で視たNCAAの全米バスケットボール選手権は、母校ミシガン州立大学(MSU)がシラキュース大学(ニューヨーク州)に負けてしまい、かなりがっくりしていたのですが、今日は朝からそのシラキュース大学vsデューク大学(ノースカロライナ州)の試合をネット中継で。2年前にシラキュースの試合はベスト8(エリート8と言います)、準決勝(ファイナル4)で実際に観戦したし、このシラキュースにMSUは負けてしまったし…。デュークはインドでお世話になってる西ベンガル州政府のアミット・ミトラ財務大臣の出身校で、会う度にお互いMSUとデュークの悪口言って…。なかなか私的には興味津々の試合でした。将来のNBA候補が集まってますから、当然ですがレベルは高い。

ということで、明日の日曜日は午後から京都日帰りで、この4月から入社する新入社員に会ってきます。これもまた楽しみ。若いってうらやましいと思いますが、自分もまだまだ若いつもりで!? 

 

その若いつもりというのを最も考えさせられるのが、日本の今日夜遅くからアメリカの首都ワシントンで始まった「March for Our Lives」と命名された銃規制を求める高校生のデモ。百万人です! そうだよね。こういうパワーが世の中を変えるために必要。生中継されていますが、先生も銃を持って生徒を守るなんていう本末転倒の話しよりも、銃がない社会にするためにはこういう行動は大切。でも、27千万丁!とも言われる途方もない数の銃が市中に出回っている現実は、そう簡単には治らないでしょうね。秀吉の刀狩りみたいなことしても、27千万というのは異常な数字です。それでもデモは必要だし、高校生がやっているというのが大事だと思います。We say No More」という言葉は重いです。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/22

No.2641 宗教への接し方が違う

 いつものインドからの帰りの経由地、デリーで書いています。

 コルカタは37度でした。しかし、なんと湿度は38%位。朝方はとても湿度が高いのですが(80%?)、昼は大丈夫。こうなると、37度でもある程度快適。汗でべったりということもないので疲れないで仕事をして、いつものコルカタ午後8時半発の飛行機に乗って、深夜にデリー着。午前1時半発の飛行機で明日の昼過ぎに日本です。

 東京は雪が降って3度とか4度とか聞いて、これはやばい! 風邪をひく!と思ったのですが、今日は午後は暖かそうでホッとしてます。やはり温度差を乗り切って、午後会社で普通に仕事ができるようにならなくてはいけません。これも訓練!? 商社の方々などはスゴいと思います。

 

 さて、これだけたくさんインドに来ているのですが、やはり分からないのは宗教。宗教に対する向き合い方というのでしょうか? こればかりは育った環境が影響するけれど、テレビであまりに多くの高僧と言うべき方々(グルと呼ばれてますが)が、恐らくお説教をしています。しかし、私の常識から言って、なんでこんなにたくさん同時にやってるのか? それに、お姿が皆様ユニーク。言葉が分からないので、そのありがたみが分からないのがっくやしいところです。コミュニケーションの手段を自由自在に使って布教している姿勢はすごいなと感心しますが、そのお姿との落差に呆然としてます。宗教というのは本当にいろいろあって、それをお互いに尊重しなくてはならないとつくづく感じます。

 だから、接し方も当然違うのですが、インドで若い人達が会社に行く前に、ちょっとお寺に寄ってお参りしてから行く姿は、私には驚きです。

20180320_guru_on_tv4_r

20180320_guru_on_tv_r

20180320_guru_on_tv2_r

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/21

No.2640 ビールが飲めない!?

 ビールがない。呑めないのです。コルカタはビールの流通を州政府が管理して押さえていて、今回ビールの酒税を一気にアップし、価格そのものが30から40%もアップしてしまうので、ビール会社が猛反発して生産を中止。これに伴って一気に在庫がなくなり、レストランやバーでビールがない事態に! で、ワインとかウイスキーを飲んでおります。外が37度とかになっているから、最初はビール呑みたい! この問題、交渉が難航していて、後数週間はかかるようです。暑くなるだけに厳しいなー!? 

 

 コルカタ市内の事務所の改装工事をしていますが、やはりここは「クリーン、安全、安心」をアピールするためにも!ということで、事務所のトイレを日本式のウオッシュレットにすることにしました。これは大変な投資になるのですが、やはり将来の「食の安全」を考えると、企業姿勢をアピールしていきたい!?

 ということで、夕方にTOTOのショールームを訪問。インドでTOTOのショールーム訪問というのも不思議な感じですが、やっぱりインド仕様の日本で見慣れない便器がありますね。結構新鮮な感じで見てました。

20180320_toto_indian_style_r

20180320_toto_celamic_city_in_kolka

 肝心の工事現場ですが、昨日20日(火)に訪問。いよいよ天井の工事も進んで、断熱材も入り、当社の坂戸流通センターの小型版みたいになってきました。中に入ると、まだ空調機もかけていないのに、ひんやり感じるのは、私のひいき目ではありません。いろいろ細工したことで効果が出ていると思います。湿度はそれほどでもありませんが、外は37度! 結構日射しがきついです。

20180320_false_ceiling_and_insula_2

20180320_ventilator_on_the_rooftop_

 屋上には自然換気をするために、日本製のこんなものも持っていって設置しました!

 

 ということで、なんとかなりそうかなと思うのですが、ソーラーパネルの工事も遅れているし、まだまだインドの暑さはこれから45月と強烈になるので、侮れません。とにかく何が起きても不思議ではないので、それなりに驚かなくなってます!?

 最後に、インドの事務所前にいた八百屋さんの写真。こんな感じで売りに来ます。中のアップはその下。左の方にある黒っぽいのは「バナナの花」です!

 

20180320_street_vendor_at_salt_lake

 

20180320_street_vendor_at_salt_la_2

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/20

No.2639 新しい仕事=フリートマネジャー

 インドにいるのに、インドとは関係ない話しを…。

就活が始まっているようですが、私が近年思っている仕事の一つが「フリートマネジャー」という仕事。自動運転とかいろいろ言われてますが、そういった大量の車の部隊を管理する人がこれからもっと必要になってきます。

アメリカでは「フリートマネジャー」という月刊誌があるくらいです。営業マンが乗る乗用車、トラック、はたまたフォークリフトだって、大量に保有すれば、それを資産として有効活用し、いかに寿命を長くするかが大切。1020台ならともかく、100台、1,000台という規模になると、どんどんその重要性が増してきます。

日本では車を修理するというと、すぐに整備士の資格ばかりがイメージされますが、私が良く言っているのは「壊れてから治す技術以上に、壊れないようにする技術が大切」ということ。まだ、職業として確立していない感じですが、本当に「プロのフリートマネジャー」が必要になってくる時代が来ています。なんとなく辞令が出て、車管理することになりました、というのでは、その結果に大きな差が出てくると思います。

自動化でいろいろなくなる職種があるとは言いますが、逆にこういう仕事は求められると思うのです。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/03/18

No.2638 忙中閑あり

 最近忙しくて、ブログをお休みする頻度が多いなと思ったのですが、インドと日本を往復し、出発前にはいろいろ片付けていると、結局飛行機に乗っているときが一番時間があるという、情けない状態だと言うことが…。

 で、今日は「3.11 メモリアル酒「ゴールデンスランバ」純米吟醸 鈴木酒造店長井蔵。山形のお酒をいただきました。ふくすまの酒屋さんが震災で拠点を移して酒造りを再開したというお酒。Slumberというネーミングがいいなー。飛行機の中で飲んだからか? 山形のお酒という先入観で飲んだからか? これはいけますよ。ネットで検索してみて下さい。こういうのを知るというのも、なにか楽しいし、得した気分。忙中閑ありとはよく言ったものです。

 そして、機内はネットがちゃんとつながらないのがいい。いろいろメールが入ってきたり、返信したり、ニュース読んだり、サイトをチェックしたり…。調べようにも調べられないのがいいですね!? 集中して文書を書いたり、まとめたりすることができる。でも、技術の進歩で機内でもジャンジャンネットが使えるようになるのが怖いです。

 だから、よくよく考えると、インドにこれだけ来ていても、まだタージマハールを見てない! コルカタのマザーテレサのマザーハウスは4回くらい行ってますが…。コルカタにある、インドで一番古いコルカタ競馬場というのも、イギリスの歴史を知る上でも一度行って見たいと思ってますが…。そうそう、クリケットもまだ観てないし。

 そのためにも働きます!というのは本末転倒でしょうか。

 ということで、これからムンバイで、コルカタ行きに乗り換えます。写真はいかにもインドらしい衣料品を売っている空港内のお店…。

 

20180318_mumbai_airport2_r

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.2637 八村がんばれ! だけどオハイオ州立大学も…

 昨日土曜日は、インドから来たエンジニアのガンドゥラオ君を坂戸流通センターに連れて行き、その後未だに到着しない(なんと現在ドバイから中国の広州に移動して、寝ています!?)部品を求めて夕刻は秋葉原に。ガンドゥラオ君には秋葉原観光にもなってしまいました! でも、肝心の部品はさすがに秋月電子とか老舗に行ってもなかった。

 ということで今日はお休みで、私はコルカタに行くべく、今、成田空港です。

 そして、ブログアップしようと思ったら、アメリカの甲子園!? バスケットボールの大学選手権の2回戦。オハイオ州立大学VSゴンザガ大学をネットで見入ってしまってます。そう、あの八村君が出ています。気持ち的にはビッグ10に所属するオハイオ州立大学を応援したいのですが、八村君がんばってます。11:15に飛行機に乗るので、あーーー、1から4点差の大接戦で、残り10分くらい。どうなるのか?

Img20180318103852_1

 これをアップして後はムンバイに先ずは到着して乗り継ぎの間に結果を確認するか!? あーー、これは家でじっくり観戦したい。できれば現場で!!!!

 

 エンジニアのガンドゥラオ君も月曜日以降がんばって欲しいです。

 

それでは行ってきます!!

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/16

No.2636 モザンビークのリゾートなんて知らなかった…。

就活が始まっていますが、今日もインドから来たガンドゥラオくんの荷物は届きませんでした。よって午後ははとバスに乗ってもらって都内観光旅行! 浅草とスカイツリーの定番。宮崎と埼玉の坂戸市か行ったことのない彼には、定番を経験させないと。

そして、昨日の情報の続き。彼の最初の海外出張先モザンビークですが、それもマダガスカル島の目の前と言ったところの島! ヘリコプターで移動して、その島に設置されたソーラー発電のシステムのメンテを2週間行ったそうです。島には超高級リゾートがあり、今までディーゼル発電機で軽油を使って発電していたのを、太陽光の発電に切り換えているとのこと。なるほど、離島の高級リゾートには太陽光発電の需要は相当ありそうです。何しろ燃料でも食料でも何でもかんでも運ばなくてはいけないから。いろいろ話してみるもんです。もしかして、我々の小型低温倉庫も離島で使ってもらうことが可能かもしれない!? 荷物が来ないからこそいろいろ話すことができました。

それにしても、こんなことなかったら、こんな場所のリゾートなんてしるよしもなかったと…。で、一応ご覧下さい。スゴいです。

https://medjumbe.anantara.com/

 

で、昨晩は新橋の焼き鳥屋さんで上田さんも入って一杯。今日は観光から帰ってきてから、インドの方々を連れて行く「広島焼き」のお店に。ここも鳥肉だけのインド人用に調整して戴けるので助かるのですが、日曜日からインドに行く私にとって、今からインド流の食事をして良いのだろうか!?

明日は坂戸流通センターにガンドゥラオ君を連れて行って上田さんとソーラーシステムのチェックをしてもらいます。その間に部品が到着すると良いのですが…。

先ほど、ついにシンガポールまで来たようです! ドラマは続く…。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«No.2635 海外初出張はモザンビーク!