2017/09/19

No.2518 今日はトランプ・スーチー・安倍晋三

 “Rocket Man” is on a suicide misson. 先ほど日本時間の夜遅くに国連総会でトランプ大統領が演説した最後の方で語った北朝鮮についての言葉。トランプ応援放送局、Foxニュースではこの例えは評価が高いです!

まずは、このまま北朝鮮がこういうことをしているのなら「we will have no choice but to totally destroy North Korea」(我々には北朝鮮を完璧に潰す選択肢しかなくなる)と語ったのです。そして、最初に申しあげた「“ロケット男”は自滅への道を歩んでいる」との発言になりました。一体誰がこのスピーチを書いているのか? 最初は大人しい「国連の名の下に各国が集結しなくてはならない」的な、優等生的な内容でしたが、後半は激しかったです。これで世界中の株式市場とかが上がったり下がったり影響を受けるんでしょうね。

 

 と言うことですが、日本に帰ってきて電車に乗って会社に行って、臭いが違うなー?と思いながら、9時からの当社の取締役会。そしてお昼休み。政治のことには余り文句を言いたくはないのですが、さすがに言いたいです。

ネットで国連総会向け?のミャンマーのスーチーさんの演説がどうなったのか確認しましたが、これにはがっかり。ロヒンギャ族への虐待について、「現状を把握する」とかの発言は、なんだこれは? 「95日以降武力衝突も、掃討作戦も起こってない」というのはどうして? ノーベル平和賞は剥奪ですね。結局ミャンマーは民主国家ではなく、単なる軍事政権に支配されている国でした。

 

帰国してから6日分の不在にしていた間の新聞を読んでますが、14日の朝刊にも夕刊にも、安倍総理のインドでのことがほとんど掲載されてないんですね。インドでの大々的な扱いとは対照的ですが、日本のマスコミも問題だと思います。確かに政権に対していろいろ文句はあるだろうけど、事実は事実としてインドで大歓迎されたということも報道しましょうよ。別にインドでなくても、日本が好意的に思われていて、将来の両国の発展が期待できるのであれば、それはそれとして事実として報道すべきでしょう。私も今回インドに同じ時期にいなければ、こんなに歓迎されているというのが分かりませんでした。気にくわないかも知れないけれど、社会の木鐸というのはこれが実態ですかね?

ということで、安倍総理とモディー首相のオープンカーでのパレードの様子をもう一度掲載します。

20170913_parade_of_modi_and_abe_in_

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/18

No.2517 コルカタの日本語の先生を訪問しました

 ラッキーにも台風には何にも影響されないで、予定通り帰ってきました。1日違ったら大変だったかと…。

 昨日日曜日、コルカタからムンバイに戻り、そこで乗り換えて日付が変わって今朝成田でした。

昨日は日曜日だったのですが、午後2時過ぎの飛行機に乗る前、午前10時にお約束をさせていただき、コルカタで40年間日本語教師をしている、ニガム和子先生のお宅を訪問してきました。 今回の川崎陸送のプロジェクトで、日本語を話すことができるインド人を採用したいということで、コルカタの総領事館の方からご紹介をいただきました。

 

 40年間インドで日本語の先生をしていらっしゃるそうで、コルカタ地区の日本語の先生はすべてニガム先生の弟子。スゴいです。そして、60人近い生徒がいるとのこと。もちろんだんだん脱落していって、最後は15人とか20人になってしまうとか。それでも、日本語を勉強したいという気持ちを持つ人がいること自体がすばらしいです。しかし、現実は厳しく、西ベンガル州のコルカタでは通訳の仕事はほとんどなく、ムンバイ、アーメダバード、デリーなどに出て仕事しないといけないそう。だから、当社がコルカタで日本語を話せるインド人を採用したいという相談は、大変歓迎していただけました。

 安倍総理の訪問、ムンバイ~アーメダバード間の新幹線建設計画など、インドの日本に対する好感度はどんどん上がっています。これから日本語を勉強したいという人は増えてくるでしょうし、新幹線の建設に当たっては、多くの通訳が必要になるでしょう。ただし、それは西ベンガル州の外での話しですが。

 こういうご縁でいろいろな方々と知り合えるというのは、実にありがたいです。今後は具体的に候補の方々をご紹介いただき、来月か再来月に面接をすることとしました。実は先生も17日の夜遅くの飛行機で大阪に戻られるとのこと! 日曜日の出発前に会っていただき、大変ありがとうございました。

 

 そして、空港へ。機内食が出るだろうけど、ちょっと小腹が空いたので、前から食べてみたかったインドのテイクアウト包子、餃子のチェーン店「WoW! MoMo」をついに食べてみました。南アジアのインド、ネパール、バングラデシュなどでは、この中華料理の包子、餃子がスナックとして人気です。ただし、南アジア風に激辛。この餃子のソースもげきからでした! でも、結構いけます。インド料理に比べたらはるかに脂が少ないからかな?

20170917_wow_momo_at_kolkata_airpor

 コルカタ空港店のFace Bookのページがありましたので、覗いてみてください。

=> ここをクリック

 そうそう、17日はエンジニアリング、ものづくりの神さま、ヴィシュワカルマのプジャ(お祭り)でした。ということで、ニガム先生のお宅の前の通りでもヴィシュワカルマが祀られていて、チャンと顔も見えるようになってました。で、こんな感じです。なぜか飾りがポケモンというのが気になりませんか!?

20170917_vishwakarma_at_downtown_ko

 

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/17

No.2516 エンジニアリングの神さま

 今日は午前中にコルカタで日本語を40年間も教えていらっしゃる先生にお会いして、日本語の通訳ができる方、あるいは日本語が話せるインド人の人材の採用について、お話しを聞いてきます。その後空港に移動して帰国です。なんと、その先生も夜遅くの便で日本に一時帰国とか…。大阪ご出身らしく…。日曜日なのに会っていただけるということで、ありがたいです。

 

 昨日16日はコルカタでお願いをする会計士の先生の事務所を訪問。とにかくインドの税制はお勉強すること多いです。よって、いろいろ質問させてもらって、なんと2時間半。キリがないくらい質問したのですが、まあ向こうもガンガンよく答えてくれる。ありがとうございました。

2017091517_mr_roy_accountant_office

新しく導入されたインドの消費税、GST(Goods and Service Tax)は、なんと月に3回も申告しなくてはいけない! えーーー!? 日本はせいぜい毎月でしょ? 納税番号を持たない事業者(個人事業者等)への支払は「1日に5000ルピーまで」というへんてこなルールもあるらしい。2日分だから1万ルピーを払うというのもダメで、毎日5000ルピー以内みたいです。いやはや…。

そして、次の訪問先まで時間がなくなり、慌ててお昼に駆け込んだレストランで食べたインドの国民食と言ってもよい「ビリヤニ」、要するにインド風の炊き込みご飯でしょうか…。玉子、鳥肉、ジャガイモなど、いろいろなバリエーションがありますが、なんせ量が多くて! これはさすがに残しました。美味しいですけど…。

20170916_biriyani_at_sweet_n_sour_i

 

 コルカタの町中が月末にあるデュルガプジャ(プジャはお祭りという意味)の準備で飾り付けをしていますが、その先頭を切るお祭りが917日今日、ヴィシュワカルマ・プジャとうのがあります。ヴィシュワカルマという「エンジニアリング、ものつくりの神さま」のお祭りだそうで、いわゆる世界を創造した神さまだから、象さんを従えているとのことです。

 だから、工場とか会社でこの神さまを祀るために像をつくっています。それも結構デカい! 今日伺った会社が入っているビルの前にも、写真のようなヴィシュワカルマ神が祀ってありましたが、

20170916_vishwakarma_puja

 今日は16日ということで、なんと顔を隠してある! 当日にならないと顔を見せないのだそうですが、新聞紙で神さまの顔を隠すってどうなの? ともあれ、これからインドで倉庫を作るので、エンジニアリングの神さまを拝んで、写真を撮らせていただきました。倉庫建設がうまくいきますように…。

20170916_vishwakarma2

 なお、このヴィシュワカルマ神について調べたら、以下のようなブログが見つかりましたので、リンク張らせていただきます。

ヴィシュワカルマ神についてのブログ

なるほど、よく分かりました!

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/16

No.2515 事務所探し

 昨日ムンバイからコルカタに移動しました。もう雨期(モンスーン)のシーズンが終わりに近づいていて、ほぼ雨が降ってない状況ですが、朝ムンバイの空港に行くときは小雨。コルカタは曇り。コルカタ空港のそばに近づくと、そらからガンジス川が見え、さらにそこから水田が拡がります。

 日本人にとって、この時期水田がこういう形で見えるのは違和感がありますが(収穫の時期なので、黄金色の畑が刷り込まれてます)、こちらは二毛作ですからこういう感じ。二毛作になれば収量も当然巨大になっていきます。ちなみにインドは「ナンを食べてる」というイメージがありますが、実はお米を食べている方が多い。特に南は米食です。

20170915_kolkata_rice_farm

 ということで、コルカタに構える事務所の候補地を見学。住宅街にある部屋を借りて、それを事務所にすると、30坪強でも5万円ちょっとで借りられるか? そこを研修室とかプレゼンテーションルームに変えちゃおうか? 予算少なめでスタートしたいので、立派な事務所をオフィス街には構えられないので、いろいろ姑息な手段?を考えてます。でも、内装に投資した方が、結果としてはお得かな?などと考えて回っていました。

 

2017091517_salt_lake_office_1f_62

 でも、このキッチンのイメージは日本と違いますね!

2017091517_salt_lake_office_1f_kitc

 

 そして、当地は土曜日の朝です。アメリカと同じで土曜の午前中はマンガの嵐。そして日本の3大アニメ?が同時に放送されていて…。ヒンディー語とかタミール語みたいですが、意味が分かりません…。

20170916_shinchan_in_tamil

20170916_doraemon

20170916_pokemon

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/15

No.2514 当地での扱いは大きいです!

 いつもと違って早朝にブログ書いてます。これからチェックアウトしてムンバイからコルカタに移動するので…。

 昨日の続き。安倍首相の当地での扱いは日本で想像する以上にスゴいです。まずは昨日のインドの朝刊。「安部さんがアーメダバードにやってきた!」という見出しもスゴいです。

20170914_times_of_india_article_2

 もちろん、インド国内には新幹線よりも既存の鉄道網をどうにかしろという意見もありますが、私自身の考えとしては、飛行機が限界、既存の鉄道はやり直すのが大変であることを考えると、新幹線をそれなりに導入していくことは、急成長する交通需要に対して絶対に必要な対策だと思います。

 ということで、昨晩のインドNDTVのニュースもこんな感じでトップ!

20170914_india_ndtv_news_2

 新幹線の紹介もこんな感じでスゴいですが、たまに山梨の都留市のリニアの画像が出てきてしまって…。これは新幹線では人ですが…。まあいいか?

20170914_india_ndtv_news2

 で、今朝は北朝鮮がミサイルを打ち上げたニュースがこちらでもニュースになってます。日印で対北朝鮮への圧力でも合意してますから…。ともあれ、私もインドにいて、安倍首相のことが話題になるので、ある意味やりやすい。

 

 さて、話しは変わって、私の好きな当地でのつまみの一つが「マサラ・ピーナッツ」 要するにピーナッツをスパイスであえたものですが、既製品と違ってレストランで出してもらうと、こんな感じでコリアンダーやタマネギのみじん切りなども入っていて、さらには生のグリーンチリを刻んでいたりして、これでビールが美味しくなります!

20170914_masara_penuts

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/14

No.2513 インドでの新幹線外交がホット

 昨日18:30にムンバイに着きました。安倍総理も昭恵夫人とグジャラート州のアーメダバード空港に政府専用機で到着。インドのニュースを見ていたら、これが大変。モディー首相と民族衣装のクルタを着てオープンカーに乗って、なんと9Km近くをパレード。今回はモディー首相の地元グジャラート州だけを訪問という感じで、完全に「近々あるグジャラート州の選挙に安倍総理が協力している」というのと「中国に強烈に日印関係をアピールしている」ということなんだそうです。たしかに、二つの国のトップが同じオープンカーに乗ってパレードするというのは異例ですね。昭恵夫人も一緒。日印関係が突出して蜜月関係にあるという感じです。扱いもものすごく大きい。多分日本ではこんなに扱われていないでしょうけど…。でも、BBCでもトップニュース! Shinkansen Diplomacy(新幹線外交)と言ってますね。

20170913_parade_of_modi_and_abe_i_3

 今日、ムンバイ・アーメダバード間の新幹線建設プロジェクトのキックオフだそうで、2022815日に開通。1.8兆円近い巨大プロジェクトです。当地の日本への期待はますます大きくなっています。なんせ、飛行機に乗る旅客数が毎年20%も増えているという成長率は、空港のキャパシティーも限界になりつつあります。新幹線も輸送手段の一つとして、当然必要だし、期待が大きいのです。

 

20170914_india_news_about_pm_abes_v

 1000人の日本語の先生を養成するプロジェクトなども、コミュニケーションのインフラを作るという意味では大切。日本とインドの間の言葉の壁の厚さは、私自身本当に感じます。そして、オープンスカイで合意することでインドの6都市と日本を結ぶことが検討開始されるとか。インドから日本に来る人が年間12万人しかいないという数字を上げないといけない。日本からインドに行く人も確か20万人くらいだったか? これで両国のビザの取得も簡単になることを期待しています。なにしろインドのビザを取るのは大変だし、インドの方にとっても日本のビザを取るのが大変です。

 

 最後に関係ありませんが、ドラえもん好きのお子ちゃまに、成田空港でこんな物を売っていたので買っていきました! さすがいろいろあるんですね。

20170913_doraemon_dorayaki_2

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/13

No.2512 事業継続のお手本=ワッフルハウス

 アメリカの南部を中心にチェーン展開をしている、ワッフルハウス(Waffle Houseというダイナー(朝食や夕食を気軽に取れるファミレスみたいなお店)があります。ハリケーン「IRMA」が襲った際に、「ワッフルハウスが完全に営業を停止したら、最悪のハリケーンということになる」と語られていました。部分的なメニュー制限があるも、営業を続けたら黄色信号。ワッフルハウスが営業をしなかったら「赤信号」と言われていて、それを「ワッフルハウス インデックス(指数)」と言うんだそうです。へーー、そんなに事業継続をしっかりやっている会社なんだと感心してニュースを見ていました。

 なんでも、調理にはガス以外は使わないなど、営業を早期に再開できるように、いろいろと工夫をされているようです。

 調べてみたら、日本語のウィキにも、そのことが書いてありました。ウォルマートなんかもFEMA(連邦緊急事態管理庁)から災害対策優良会社として認定されているんですね。さすが…。

 

ワッフルハウス指数についてはこちら=>こちらをクリック

 

 ということで、今日は12:30の飛行機でムンバイに参ります。ようやく現地法人Kawasaki Solar Warehousing が立ち上がり、一応株主総会を開いて資本金の増強を決議して、銀行に口座を開設して…。コルカタに小さいながらも事務所を開くべく、物件を見て決めてきます。現地の会計士さん達との打合せもあり、結構やること多いです。従いまして、18日に帰国するまでは、ブログのアップも不定期になりますので、宜しくお願いします。

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/11

No.2511 ハリケーンの避難から学ぶこと

 ハリケーン「IRMA」 イルマと読まれていますが、どうも英語での発音は「アーマ」ですね。それはともかく、感心したのはフロリダのリック・スコット州知事は、英語とスペイン語の両方で州民に対する通告などをしているんですね。そして、CNNなどはニュース番組を仕切るメインのアンカーマン、アンダーソン・クーパーさんまで現場から合羽を着て中継している。それだけすごいハリケーンなんだということがわかりますが、ゴーストタウン状態のフロリダの街々は不気味です。

 車で避難すると言うことは、それなりに荷物を持って逃げられるということ。なんとクルーザーを引っ張っている人までいるから、われわれの避難に対する印象とは大きく違うなと思います。日本の避難は「着の身着のまま」で避難所にとにかく逃げる。そこで物資が市町村などから提供されるというイメージ。時間的余裕という点が違うのでしょうが、やはり避難勧告が出されるタイミングがアメリカは非常に早い。日本に来る台風は「迷走」することが多いので、なかなかピンポイントで避難勧告を一定の地域に出せないということなんでしょう。それにIRMAは直径が600Km以上あって、カバーしている範囲が桁違いにデカい。そんな違いがあります。ともあれ、着の身着のままの人が多いほど、当座の支援体制が重要になりますが、それは結構難しい話しで、いろいろな災害で日本が経験していることです。「IRMA」のニュースを見ていて、われわれが学ぶべきことは多いと思いました。

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/10

No.2510 ミシガン・滋賀 姉妹提携50周年

 昨日99日は、午後の新幹線に乗って、京都経由で滋賀県の大津に行ってきました。滋賀県とアメリカのミシガン州の姉妹都市提携50周年記念式典が行われ、ミシガン州立大学日本同窓会として、招待をいただきました。

20170909_reception_program

 式典にはミシガン州のリック・スナイダー知事も来日されて出席。滋賀の三日月知事に続いて挨拶をされ、レセプションにも最後までいらっしゃいました。(写真右から3人目がスナイダー知事、その隣が三日月知事 ミシガン州立大学同窓会のメンバーとの記念撮影です)

20170909_with_govenors_mikazuki_and

 それにしても50年間の姉妹関係を続け、1年おきに双方の住民がお互いを訪問する取り組みが続いているのもスゴイ。私も1981年にアメリカにいたときに、来日された滋賀県の草津市長さんの通訳でかり出されたのを覚えています。子供から大人まで来ていて、大津児童合唱団のメンバーが、琵琶湖周航の歌などを現地でのレセプションで歌ったのを覚えていますが、その後輩とOBOGの方々が昨晩も出てきて歌ってくれたのには、懐かしく思いました。日本の合唱は一糸乱れず歌って、スゴイ。やはり日本は団体戦得意だと、変なところで感心しました。

20170909_

 このミシガン州と滋賀県との関係で、ミシガン州を代表して尽力されたのが、2013年に亡くなったリリアン・クマタさんという方です。私もミシガン州立大学に入学して以降大変お世話になったのですが、ミシガン州と滋賀県の今日に至る関係は、クマタさんがいなければあり得なかったと言ってもよいでしょう。昨日は、日本側のカウンターパートとも言うべき、今居利満氏が表彰されていましたが、「あー、この方が60年代に熊田さんといろいろ交渉されたんだ」と、感心して見ていました。

20170909_counter_part_of_lilian_kum

 

 最後は、定番の滋賀のソウルソング、琵琶湖周航の歌を、両知事含めて参加者全員肩を組んでの大合唱。立派な姉妹都市であることを実感した、すばらしい式典とレセプションでした。

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/08

No.2509 中部トラック総合研修センター

 今日は朝から名古屋日帰り。広域運送事業協同組合のトラックドライバー安全研修会を中京地区で開催すべく、三好ヶ丘にある「中部トラック総合研修センター」を訪問してきました。以前に訪問して、この研修施設の素晴らしさに驚き、われわれ組合でもドライバー研修に利用させていただきたいと、お願いに伺いました。

20170908_

 

20170908_2

  組合メンバー会社の経営者、管理職対象の研修会をこの施設で開催し、なかなか経験することのない視野の検査など、高齢化に対応した検査を実際に経験してもらうなど考えてます。

20170908__2

20170908__3

  もちろん当施設を見学してもらい、来年実際にここでドライバーの安全研修を開催。そのときにも、視野とか動体視力の検査、あるいはフォークリフトの運転研修も含めて実際に経験してもらうことが大切だと思ってます。

コースの様子はこちらの動画でご覧下さい。

  当然?カフェテリアでの昼食も経験。懐かしの味のカレーライス! だけど、ご飯は丼で…。750円でした。

20170908_750

 

 以上、安全教育研修について書きましたが、まさにそのタイミングで、昨日の私のブログに対して「一般人」様から川崎陸送のドライバーの運転態度に対してご指摘を頂戴しましたご不快な思いをされたこと、申し訳なく思います。このようなご指摘はありがたいのですが、もう少し詳細(場所、時間、その他情報)をお教えいただけると、より具体的に当該運転手に対しての指摘・指導をできると考えています。お手数ではありますが、「一般人」様から、さらに詳しく状況をお教えいただきたいと思いますので、当社のHPに掲載してあるお問い合わせのアドレス oshirase@krtnet.jp 宛にご連絡をいただければ幸いです。ご連絡を頂戴次第、対応させて戴きたいと存じます。

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/07

No.2508 目の前の餃子から多くを学ぶ!?

 いろいろありすぎた97日ですが、最後の部分だけご報告。

 まずは、山梨からこんなお酒が届きました。先週土曜日と日曜日に山梨にいたのですが、これは限定で手に入らなかった…。

201709_

 その後、何のかんの言って、遅くまで仕事になって、なぜか私が恐らく20数年間ずっと行きたいと思っていたけど、なぜか行かなかったお店に思い切って入りました。川崎陸送の目の前の餃子屋さんです。名前は「玲玲」 実はアメリカにいたり、インドにいるときも「樋口さん、今会社の前の餃子屋さんで食べてますが、実に上手いですね。今日はご挨拶できなくてスイマセン!?」なんてメールを何度ももらってました。でも、あまりに目の前過ぎて行くことがなかったのでした。階段を上って入ったら、まだよく分からない状況。お店は完全に中国の感覚。で、こんな感じの餃子が出てきて、これは完全に中国! まさに我が目の前に中国がありました。

201709__2

  さらに、向こうから見た川崎陸送のビルの姿も新鮮! やはり立場を変えてみることはとても大切。ワンパターンはだめですね。

201709_krt

  こんなことで学んでいてどうすると言われるかもしれないけれど、大事なことです。

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/09/06

No.2507 長崎で財布落としました!

 午前中お客様がいらっしゃって、その後急いでサンドイッチ食べて、午後1時の飛行機で長崎に日帰り出張。着陸前に大村湾周辺がとてもきれいでした。

20170906__4

で、長崎暑いです。実際には29度くらいですが、東京が比較上涼しすぎますね。これは14日からまたまたインドに行ったら一気にバテそうです。

午後4時過ぎに訪問先に行き、インドで協力をいただく会社を訪問し、2時間ちょっとお話しした後、とんぼ返りでしたが…。近くのバス停に向かって空港行きのバスを待っていたら、「あら!? 財布がない!?」 訪問先に落としてきたのかと思い、会社に戻ったのですが、財布なし! もしかして行きのバスの中で落とした!? 社長が私に万が一のためにお金まで貸してくれて…。誠に申し訳ありませんでした。

そして、バス会社に社長さんが電話してくれたら、ありました! よかった! で、どこに? なんと伺った会社から5分ちょっと歩いた先が長崎県営バスの車庫で保管してくれていました。そこで無事に財布をピックアップして、最終の午後708発?のバスに乗って空港へ。午後9:05長崎空港発の飛行機で帰ってきました。日本は安全な国です。

あまりのとんぼ返りなので、せめてもの長崎訪問の記念にと、バス停から見えた稲佐山の夜景と、行きにバスを降りたときの「宝町」の様子です。

20170906__5

20170906__6

ご協力をいただいた岩元社長様、長谷川さん、中里さん、本当にありがとうございました。

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/05

No.2506 トラックドライバーの293時間がダメになると…

 293時間。これが我々トラック運送事業者のキーナンバーです。一般の方々は知らないでしょうけど、トラックを運転するドライバーが、1ヶ月に「拘束される上限時間」を示しています。細かく言ってしまうと、労使協定があるときは、年間6ヶ月まで、かつ年間でトータル3,516時間に収まるならば、320時間まで許されます。

 あれ!?と思いませんか? サラリーマンの1ヶ月の労働時間は一般的に176時間でしょ? そうすると、それよりなんと117時間も多いじゃないの! 320時間だと、一体残業何時間なの? 100時間の過労死レベルを軽く超えてませんか?

そこで問題になるのが「拘束時間」と「労働時間」の違い。拘束時間にはドライバーが休憩する時間も含まれています。厳密に言うと、なんでトラックがこうなっているかというと、トラックドライバーの仕事そのものが9時から5時の仕事の枠にはまらないということで、この4月だったかに、建設業界と並んで働く時間の上限を設ける法律の5年先までの除外扱いを受けたのです。この辺の定義は説明すると長くなるので、興味がある方はこちらをご覧下さい

 

 そもそも論ですが、サラリーマンドライバーが9時から5時まで、残業時間なしでトラックを運転したらどういうことになるでしょうか? 鹿児島から野菜を東京の大田市場まで持ってくるとして、一体どこまで走れるでしょうか? 実は大型トラックは高速道路でも80Kmまでしか出せません。ということで、鹿児島から大田市場まで大体1400Km 時速80Km ノンストップだと17.5時間かかります。半分も行けないので、ドライバー交替です。家に帰るときはどうするか? なんて考えてもしょうがないのですが、我々が普通に食べている農産物とか、使っている工業製品はこうやって運ばれてきている。4時間に130分以上の休憩を取らなくてはならないので、果たしてどうやって運転してきているのか? 

そうそう、みんなが考えるスピードも、時速100Kmではないのです。80Km以上スピードが出ないようにする機械も大型トラックには付いているのです。時速100Kmなら14時間ですが、大型トラックはそうも行かないのです。もちろん休憩なしでも…。

 ということで、良いとか悪いとかは別にして、トラックドライバーが8時間労働、あるいはせいぜい10時間程度の労働になったときに、我々が普通に食べたり飲んだりしているものなどがどうなるか? 考えていただければ幸いです。産直なんて成立しなくなるのでは? 生活の見直しが必要になるかもしれません。

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/04

No.2505 サービスには限界がある

 昨日は山梨と小田原のお墓参りの帰りに、東名高速の大事故渋滞に巻き込まれ、東京に戻ったのは、午後9時でした。いやはや少子高齢化と言っても、まだまだ渋滞は健在。堪能してきました。

 今朝からお仕事でしたが、それはともかく、昨日の話をしましょう。

 

 いろいろあるけれど、下部温泉に泊まって、朝はしっかりウォーキング。こんな感じでのウォーキングでした!

20170903_morning_waliking_at_shimob

もりもり坂を登っていくと(といっても、大した距離ではない)、こんなのが出てきます。このブログで過去にもご紹介したことがある、新聞受け。それも複数のお宅の新聞受けです。

201709030_post_box_in_shimobe

 分かりますでしょうか? 新聞配達はこの「共同新聞受け」以上は配達しないという意思表示です。あまりに遠いところにいるお宅には、「ここまで取りに来てくれ」ということなのです。ユニバーサルサービスとかなんとか格好いいことを言って、どんなにへんぴなところに住んでいても配達してあげますという日本のサービスに対して、こういうのは見たことがないです。アメリカではもっと立派な私書箱がありますが…。

 人手不足と配達の関係、これを見てどう思われるでしょうか? どこまでも配達しなくてはいけないのでしょうか? 私は正直に言って、この新聞配達の「ここまで雅量切んないのサービスです」という対応に、賛成です。キリのない無料のサービスには限界があります。

 

 以上、お墓参りで感じた物流の問題提議でした!?

 

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/02

No.2504 お墓参りは思わず夏休み

 朝8時半過ぎに出発して、恒例の山梨は増穂のお墓参りです。久しぶりにインドとかアメリカネタではなく、自分自身が新鮮。

 夏休み明けで大したことないと思って甘く見ていたら、中央高速はかなりの大渋滞。ネットでは軽い渋滞とか出てましたが、到着がⅠ時間半以上遅れたら、軽い渋滞なのでしょうか!? かなり大変。

 

 先ずは山梨市のお世話になった運送会社の社長さんのお墓をお参り。その後増穂に移動して、当社の始祖(創業者ではなく、家業を始めた)樋口半六翁の胸像をお参り。

20170902_hanroku_higuchi_at_tobik_2

20170902_at_saishoji_of_yamanashi_m

20170902_at_honjoji_of_yamanashi_ma

像やお墓をお世話していただいている樋口幸明氏のお宅に伺うと、家で作っている柿とか栗とかイチジクとか、ザクロとかいただいて…。ほとんど夏休みの子供なんとか教室。いやー、新鮮で美味しい。ザクロにはカエルがいて…。カエルがどこにいるか、分かりますか? 「ざくろや、かわずたたずむ風の音」みたいな感じになっていました。

20170902_a_flog_on_pomygranate_2

 イチジクも懐かしい味ですが、栗拾いはなかなか。全くの無農薬、さらには肥料もあげてない完全オーガニック。従って虫が侵入した形跡?もあります。これが本来の安心安全。

 

20170902_what_a_maron_at_a_farm_o_2

 そうそう、クルミもこんな感じで平気で実ってました!

20170902_kurumi_nut

 朝は雨、午後から晴れてなかなか変化の激しい1日でしたが、快適な秋の田舎を味わった感じで、いやはやインドとは違うなー!?

 下部温泉に泊まって、大関魁皇が湯治をしていた「守田屋」さんにお世話になり、30度という低い温度の温泉につかって、イワナの塩焼きを食って、お酒飲んで(今日は山梨の太冠でした)、ありがたい一日でした。これで来週からインドのプロジェクトも頑張れます!

20170902_iwana_at_moritaya

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/01

No.2503 若いときは生意気なことを言おう

 1030からインターンシップの高専生の発表を聞きました。2週間当社の葛西流通センターで勉強し、課題は「葛西流通センターの倉庫業務の改善すべき点」について、発表をしてもらいました。

 やっぱりこういう年齢で「生意気なことを言うべき」なんですね。しっかり当社の倉庫の棚の数がこれだけあるけど、○○%が空でムダにされているとか、通路にこれだけムダに置いてあって、邪魔になっているとか、きっちりと「数字で語る」説明をしてくれました。

 年齢はちょっと違うけど、私もアメリカにいたときに、地元ミシガン州の自動車部品工場の配送センター(パーツセンター)に1ヶ月以上グループで通って、そこの改善提案を役員の前で行いました。動線がムダで、これだけの距離をフォークリフトがムダに走っているから、こうすればフォークリフトの走行距離が40%も減って、その分作業員の数をへらせて生産性が上がるなんて…。いやはや生意気でした。でも、それが結局は自分の成長の原点になります。

 

 さて、このプレゼンを聞いた後は、当方の「トラアポ」のプレゼンをしてきました。今日はキオスク端末(受付に使うタッチパネルの機械)まで持ち込んでのプレゼンで、真剣勝負。お昼はそれに備えてこんなランチで…。関係ないか!? でも、インド料理とは違うなと実感でした!

20170901_lunch_at_toyomi

 プレゼン終わって、持ち込んだキオスク端末が帰って行く様子です。

20170901_2

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/31

No.2502 メキシコの大人の対応

 テキサス州ヒューストンの大洪水。本当に大変ですね。大昔私が住んでいたアパートも、ちゃんと水浸し。さらにこれから水位が上がるし、復興するには5年くらいかかるという政府関係者のコメントもあるし…。

 そこへ化学工場が水没して、そこから有毒物質が流れ出していると…。まさにドミノ倒し的にいろいろなことが起こるんだというのが分かります。

 今の所3万人+の方々が避難所に避難されていると言いますが、他人事ではない。そして、大人の対応がメキシコ政府。ティラーソン国務長官にメキシコの外務大臣が捜索などの活動にメキシコの部隊を支援で送り込む用意があると申し出て…。メキシコ側には「壁」がないことが分かりました。いい話だな!! メキシコは大人です。

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/30

No.2501 インドのニュースがよく分かってしまう…

 昨日から一泊で仙台に出張しました。仙台港を訪問し、周辺の倉庫などを見学させていただきました。やっぱり現場を見せていただくと、参考になることが多いし、インドにも使えるヒントがあります。自分から積極的にいろいろ見て歩かなくてはいけません。

 ご案内いただいた白石倉庫の太宰社長(写真右)、秋印の三浦社長(写真左)、大変ありがとうございました。

20170829__2

 仙台港のサイロ倉庫には、トウモロコシを積んだこんなばら積み船も接岸していました。

20170829_

 2501回目はインドネタ…。一昨日インドで牛に関係する殺人事件がまたあったと、報道がありました。

 西ベンガル州で!? それは大変と思い、早速インドの新聞をチェックしたら、なんとなんと、我々が結構通っている場所の近くの村で会った事件ではないですか…。インドの新聞に出てくるジャルパイグリ県デュープグリ市とか、実に位置関係までよく分かってしまって…。さらには殺された人の一人が住んでいたのは「クーチビヒャール市」だとか書いてあって、あーー、そこも行ったことあるある! かなり詳しくなっているという実感があります。まさかこんな記事を実感を持って読めるようになるとは…。一昨日のヒューストンの洪水の話しも、結構知っている場所が水浸しになっていて、リアリティーがありましたが、今回ここまで「日本から遠いニュース」に反応してしまうとは…。これをグローバルということにしましょう!?

 インドのこのニュースにご興味のある珍しい方はこちらをクリック

 

 最後は、これは申し訳ないのですが、ハリケーンへの対応についてヒューストンのターナー市長が一生懸命説明していただいているのですが、手話通訳の人がデカすぎて目立ちすぎで…。同様のことがテキサスの他の市の市長の記者会見でも起こっています。確かに、テキサスの人はデカい。

20170829_tv_conference_of_houston_m

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/28

No.2500 真面目に2500回目のブログ

 通過点ではありますが、2500回という区切りですので、真面目にロジスティクスについて書きたいと思います。一応私の仕事ですから。

 今、トラックが倉庫や配送センター、店舗に行って待たされるという問題を解決すべく、「貨物積み降ろし受付予約システム トラアポ」を普及させようとがんばってます。で、偶然なんですが、今日28日にトラアポのiPhone用のアプリをリリースしました。アップルストアでダウンロードできますが、ダウンロードしただけでは使えません。当然ですが、誰でも勝手に予約を入れられては困るので、倉庫側がアプリを許可する仕組みになってます。小学生や中学生に予約入れられたら大変ですから!?

 

でも、なんで日本のトラックはこんなに待たされているのか? こんなに待たされたら、アメリカやヨーロッパではストライキが起こっても不思議でありません。それだけ日本人が「待たされることに慣れてしまっている」のでしょう。

 でも、運送業としては、自分の生産機材がこんなに長時間止まっていることを平然と?あるいは諦めて?見ているというのは、やっぱり問題です。生産機材は働いてこそお金が入ってくるのであって、止まっていてはお金を産まない。

 たまに講演をしたりすると、「長距離の運行をしているから、待たされる時間が少しくらい短くなっても、余り変わらない」なんて平気で言う経営者がいます。それって、自分が待たされてないから平気で言えるのでは? 1ヶ月間で293時間が最大の拘束時間。ワークライフバランスが言われる中、これをオーバーすることは法律違反にもなるのですが、それでもあんまり気にしない人もいる。さらには、短くなった時間でトラックをどう稼働させるかということに知恵を絞ることを怠っている経営者もいます。そして、たった1時間だけど、それが20日間になれば、毎月20時間拘束時間が短くなる。これって大きくないですか?

 アメリカやヨーロッパでは運送会社にとってトラックの回転率とか、平均運行スピード、稼働時間を向上させることが非常に大切な指標です。平均時速何キロで走っているかは、長距離運行をしている会社にとっては、拘束時間も短くなるし、トラックの稼働率に大きく影響するだけに重要なのです。

 待たされるのが当たり前だと諦めずに、トラックを動かす努力を必死にすること。それが運送屋の本業だと思います。

 そして、これって待たせている倉庫側の生産性も格段に上がるんですが、それが分かってもらえないことの方が多いのです。計画的に仕事をするというのは普通なんですが、どうも物流の世界では、他の方々の計画的仕事のしわ寄せを一身に受け止めようとしてないか? そんな疑問もわいてきます。話しが長くなるので、今日はこの辺で。

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/27

No.2499 災害から学ぶ

 ハリケーン「ハービー」大変ですね。被災者には申し訳ないけれど、アメリカのニュースとBBCはこういうときネットでしっかり視てます。ものすごく取材がよいので、いざという時の参考になる映像が多いから。それにしてもこのハリケーン、ちょっと規模が日本に来る台風と違いすぎるのでは?

 現在一番被害が大きいのがテキサス州のディッキンソンという町。いやー、懐かしい名前で、私がヒューストンで仕事をしていたときに、ヒューストンから南西に70Km位?かな、NASAジョンソンスペースセンターから南に20Km位下がったところにある町。毎日ディッキンソンにあるスーパー何軒かに出荷があったので、覚えてます。そこから南に下ったガルベストンに行くときに通過したことしかないのですが、懐かしい名前で、そこがまさかこんなになってるとは、私にとっては結構リアリティーがあります。

20170827_fox_news_hurricane_harvey

 アメリカ第4の都市、ヒューストン自体は内陸の都市なのに、なんとコーストガード=沿岸警備隊(日本でいう海上保安庁)が出て市内の行方不明者を捜索してると言うから、これは大変。距離的なイメージでは、相模原や厚木エリアに海上保安庁が出動して捜索していると言ったら分かるでしょうか? 水難に対応できる部隊が出動しているということですね。そして、ピックアップトラックって強いですね。普通の乗用車が水没している中、結構がんばって走っている。日本ではちょっとあり得ない光景。

 知り合いの何人かいるので、メールを送りましたが、こんな状態だから当然返事は帰って来ません。自然の力はすさまじいです。相当数のボランティアが必要で、復旧には年内一杯かかるだろうとも言われてます。地震も洪水もある日本では、しっかり学ばなくてはいけないと思います。これから台風の季節です。準備していますでしょうか? トランプ大統領は、明日ヒューストンに入るようです。シークレットサービスも大変だと思うけど、食事も水もきちんと用意して大統領を守るシークレットサービスはこういうときに、水も食事も足りない人々の前で、クリしい思いをするんだと、元シークレットサービスの方が言ってました。確かに…。

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/26

No.2498  CTC!? そんなの知らなかったよ

 一応土曜日・日曜日ネタです。CTCってご存知でしょうか? Crush Tear Curl だったかの略でCTCです(潰す・ちぎる・くるくる巻く) こうやって安いお茶を加工して、しっかり出るようにするのがCTC。つぶつぶ紅茶ですから、葉っぱの形してません。インドに行くまでは全く知りませんでしたし、ダージリンが高級でアッサムが庶民の紅茶だということも知りませんでした。

インドに行くようになって、「庶民のお茶」ということで勉強しました。こういう製法をすると「濃く」出るので、ミルク紅茶の「チャイ」にピッタリなようです。新茶とか、おしゃれなお茶はインドも日本も香りを楽しむ物で、普段使いではないことから、こういう「しっかり出る」お茶は人気。当然手摘みではなく、機械摘み。でも、案外なことにこれを持って帰ってくると「水出しがいい」ということで、確かに美味しいのです。インドでこの話をすると「一番安いお茶を、インドでは絶対にやらない水出しのために持って帰る」という感じで笑われます。実際ビックリするんですが、ダージリンの麓のシリグリのいつも行く問屋さんで買ってきます。なんと1KG100gではありません)300ルピーとか400ルピーですから520円から700円。10分の1すると、100g当たりの金額が出ます。もちろんこれがデリートか、ムンバイに行くと当然高くなりますが、あらーーーという値段です。

ということで、解説をしているホームページを探しましたので、ご興味ありましたら。でも、日本で売っているCTC、メチャクチャ高いのでビックリです!

 

 さて、今日スーパーで見つけた店頭のディスプレー。これはスゴいですね。企画した方も相当な物で…。これ、お父さんが作ったんだよ!と言って、堂々と自慢して欲しいです。

20170826_funny_pop_display2

  この、脇からの姿もなかなかスゴいです!?20170826_funny_pop_display

新卒採用の情報はこち

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/25

No.2497 豆腐屋さんで一杯

今日は社内でいろいろ会議があり、来客もありで、盛り沢山でしたが、夜は6時半から知り合いと新橋の豆腐屋さんで一杯。豆腐で日本酒。実際には違うかと思うけど、ある種そばで一杯の鬼平の週末?(当時はそんな週末なんてなかった?)を思い出します。

 でも、なぜか千葉ジェッツの話しで無理矢理?盛り上がったり、でも、レイカーズ見に行きたいよねとか、仕事の話しに戻って、ニッチで行くのは目立たないけど強いとか… 週末を前に勝手なことをいろいろ。でも、まだもう少しだけフットボールの話しはしませんでした。いろいろ諸般の事情があります!?

 

 で、一週間前の先週金曜日を振り返ると、インド、コルカタではホテルに7時半過ぎに戻って、ぐったりしてもう外に出て食べるのはいいよ、ということで、お世話になっているDassさんと、ホテルで夕飯、スーラのワインでした。当然インド製の赤ワインと一緒に食べた料理はスパイスが効いて油たっぷりでしたが、一週間経ってこの油のなさの違いはなんなんだろう? 地球は広い。インド人も逆に「なんでこんなに油がないのだろうか!?」と思うかもしれません。

 

 ということで、今日は豆腐が美味しすぎて写真を撮るのを忘れてしまったので、おやじさんとのセルフィーを…。何やってんだか!? 新橋双葉の大将、ありがとうございました!

 

20170825_

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/24

No.2496 暑い一日でした

 今朝のニュースでやっていた7:50現在の東京の気温が27.4C 湿度79.8% 宇都宮は湿度83%? あれ? これって結構インド並み? 同じ時間のインドのコルカタ 午前4時半で27C 88% 早朝でこれだけの湿度ならやっぱりさすがですが、それでも東京もあんまりインドと変わらないな。で、今日の35Cとか36Cの日中の暑さは、やっぱりインドと変わらないなーなんて思っていました。実際インドにもしょっちゅう行っているから、なんだか一年中インドです!?

それにしても、昨日の高校野球決勝もすごいですね。いろいろなところで熱中症に注意しましょうと言いながら、決勝戦は午後2時から試合開始でした。決勝くらいゴールデンタイムのナイターでやってくれないの? そうしたら、みんな家でテレビ観戦・応援できるのに。夕方に結びの一番をやっている大相撲と全く同じで、なかなか変われない。

 

さて、今日は暑い中、門前仲町に行き、一旦新橋の本社に戻ってきてから午後4時過ぎに朝霞台のエル・スリー・ソリューションの開発センターへ。ここで、エルスリーの受付予約システム「トラアポ」のプレゼンテーションのリハーサルをみんなで行いました。40分という限られた時間の中で、直前の機材のセッティング、プレゼン、動画を流し、実際にトラアポを操作して説明と、スマートにやらなくてはいけません。そして当然質疑応答の時間も確保して…。機械の相性が悪くて映らなかった場合の対応など、「まさか」のためにも備えておかなくてはいけません。

プレゼンテーションって、練習すればするほど説得力が上がり、聞く方々に伝わるようになります。逆に、その場しのぎで適当に準備してきたプレゼンは本当にすぐに化けの皮が剥がれて信用をなくしてしまいます。ということで、粛々と練習を続けるのみです。

 

そして、終わってから朝霞台で、なぜか関西二度漬け禁止の串カツで一杯。インドでも脂っこいのが多かったので、果たしてこれでいいのか!? ウォーキングして運動です!

20170824_

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/23

No.2495 便利な時代は宿題が多くなる

 知らない間に2,500回が近づいてきました。単なる通過点ですが…

 今日は久しぶりに終日会社にいました。本当に久しぶりの感じです。インド出張の結果を書類にようやくまとめました。昨晩帰りの新幹線の中でも何とかまとめたいと思ってがんばりましたが、結果強にずれ込んで…。

 これで終わったのではなく、まとめが終わったので「宿題」をこれからやらなくてはいけません。いろいろがんばってるつもりですが、さすがに海外で倉庫を自力で建設しようというのは、やることたくさんあります。午後6時からはオーストラリア、インドのコルカタ、もう一人はどこだっけ? インドのグルガオン、そして東京とつないでスカイプで会議。こんなことが簡単にできるから、余計宿題が増えるんですね!?

 ということで、今日は45分くらい続いた会議の後、社内でまとめの打合せをして、その後呑んでしまいましたから、明日の朝、ちゃんとインドにいろいろ連絡のための書類作って送らなくてはいけません。向こうも今頃一日終わって呑んでるかな!? 便利に何でもできるから、大変です…。

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/22

No.2494 先入観にまたまた反省

 昨日はさすがに朝から晩までずっと予定が入って、ほぼノンストップでした。今朝は新幹線に乗って名古屋経由で岐阜県は笠松へ。そこでお世話になっている方を久しぶりに訪問。お昼とごちそうになってしまいました。

 これがまたスゴイお店で「馬喰一代」(ばくろいちだい) 馬喰なんて言葉はもう死語ではないかと思っていました。馬喰とは簡単に言ってしまえば「馬の売買を仲介する人」のことです。英語だと「サラブレッドエージェント」とか「イクインエージェント」(イクインEquineは馬のことです)とかっこいい感じなんですが、馬を喰らうと書くのはスゴイ職業イメージ。

 お肉屋さんと焼き肉屋さん併設のお店。岐阜のこんな場所にこういうお店があるのか?とビックリ。焼き肉屋さんのイメージが全く変わります。

20170822__6

焼き肉屋さんだけど、最初に出てきたサラダのディスプレーに感心。焼き肉屋さんのサラダのイメージとは違いますねー。

20170822__7

やっぱり「今までの常識を変えてみる」ということが必要だと思いました。先入観に捕らわれていたら、こんな焼き肉屋さんはなかなかできないですね。

 

 午後2時からは岐阜駅そばのOKBふれあい会館という、ずいぶん立派な場所で、岐阜県トラック協会青年部会にお招きいただき、当社の貨物積み降ろし受付予約システム、「トラアポ」を中心とした、トラックの待機時間削減への取り組みを説明させていただきました。

20170822_okb_2

 運送会社の集まりですから、「予約を取ってくれ!」と倉庫や配送センターにアピールして欲しいと思います。こんなにトラックドライバーが待たされるのは理不尽だし、われわれの業界はひどい業界だと思われてしまいます。なんとかこれを改善したい。それにしてもここはスゴイ施設ですね。驚きました。

 この会合には、倉庫業青年経営者協議会で昔から親しくさせていただいている、同年齢の同期、岐阜倉庫運輸の小倉社長が来てくれました。「あれ?? 今日は倉庫協会の集まりじゃないよ」なんて言ってしまうくらい倉庫イメージが強いので、まさか小倉さんに今日会えるとは思いもよりませんでした。これもやっぱり先入観。下の写真は、私の後で行われたセイノー情報システムの早川取締役による講演の様子です。

20170822__8

 そして最後は岐阜の駅前のビルで一杯。素敵なところにご案内いただきました。それはそれとして、いやー、岐阜の駅前変わりました! ゴールドの信長像ってなんなの? 

20170822__9

 これも先入観の岐阜駅のイメージしかなかったことを反省。ちょっとおしゃれすぎ!

20170822__10

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/20

No.2493 インドで基礎代謝を上げてくる

 インドでいろいろお世話になっているPoran Dassさん(ドラえもん好きのおこちゃまのお父さんです)が、「10月に休みを取ってスペインに家族と一緒に行くんだ」と言っていたのですが、バルセロナのテロは結構ショックです。まさにそこに行く計画らしい。もちろん確率的にはテロに遭遇するのは低いかもしれないけれど、いい気持ちではない。ご本人の「あーー、やっぱりドラえもんミュージアムがある日本にした方が良かった」なんて言ってましたが、テロは本当に人々の気持ちに大きな影響を与えます。こうなると、東京オリンピックが近づいてきて、人ごとではなくなってきた感じです。どうにかならないのか。

 

 今朝帰って来ました。インドの料理は重いです。生野菜が少ないので、彼で野菜を摂るようにすると(カレーの中に野菜はたくさん入ってます)、油を摂りすぎます。それでもなぜか体調はとてもよく、1から2Kg太って帰って来るのが最近。辛いモノを食べると、食後に甘いモノを食べるのが中和してくれるんですが、それが太る理由だというのも分かってきました。しかし! 実はインドに行くと、結構基礎代謝が上がって帰ってこれます。やっぱり温度と湿度が厳しいからでしょうか? 私は年齢なりに1470Kカロリーくらいが普通なんですが、今日帰ってきたら、楽に1500を越えている。やっぱり消耗するんだと納得したりしています。

ということで、参考までに基礎代謝の計算方法がありましたので、掲載させていただきます。

 

◎女性の場合の計算式

 

女性:665 9.6×体重(kg)+1.7×身長[cm]7.0×年齢

 

 

◎男性の場合の計算式

 

男性: 6613.7×体重(kg)+5.0×身長[cm]6.8×年齢

 

ところで、ムンバイで乗り換えの時間があったので、ムンバイの空港を出たときに、こんな看板がありました。Uberはみなさんご存知の通り。そしてORAはインド版のウーバー。しかし、ウーバーを呼んだ人はこちらみたいな、完全に認知されているというのには驚きです。日本は当然法的に認められてませんが。

20170819_mumbai_airport_exit

 

そして、最後はコルカタからムンバイに向かう飛行機から、珍しく晴れていて見えたガンジス川と周辺の様子。真ん中に白く建っているお城みたいなのがビクトリア博物館。左に見えるスタジアムが、インド最大のクリケットスタジアム、エデンガーデンです。ガンジス川の大きさもかなり分かっていただけるかと。それにしても浮かんでいる船の数が多いです。舟運が大切なのがよく分かります。

20170819_view_of_ganga

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/19

No.2492 コルカタの会計士さんは質素!?

  昨日18日(金)は、インドでお願いする会計士さんの候補の会社をまずは訪問。いやー、驚いたけど、質素と言うよりも、ボロボロに近い事務所で仕事してるんですね。かなりの大手でも。一番偉い代表の方の部屋しかエアコンがなかったりして…。その他の会計士さんは「常温」の事務所でお仕事。

なんでも、コルカタはとても保守的で質素な生活を重んじるので、ムンバイとかその他大都市のように、スバラシイ事務所を構えてハッタリをきかせるみたいなことがないんだそうです。このため、価格が安く、いろいろダミーの会社などをたくさん持つにも「管理する固定費が安い=会計士のコストが安い」ということで、コルカタにはその手の会社が一杯あるそうです。へーーー。

昨日も同様にそういう事務所を訪問していましたが、やっぱり会計は同じと言いながらもやり方が違う。いわゆるアドバイスをもらう人と、監査役(内部と外部)が別でないといけないとか、日本にはない制度として、カンパニーセクレタリーというのを置かなくてはいけないとか…。いろいろ勉強させてもらいながら、こちらの質問をさせてもらって…。一つ一つが本当に勉強です。

ということで、70年以上経過している建物の写真。

20170818_old_kolkata_auditors_mr_ro

20170818_old_kolkata_auditors_mr__2  その後一件寄ってから、夕方に倉庫建設予定地へ。2年前に比べたら、このマーケットを利用して農産物を州政府に買い上げてもらう農民の数も増えているようで、結構配達のトラックの台数も多くなってきています。8月末には着工と思っていましたが、まあ、9月中旬になればいいかという状況で…。意外に雨が降らないのでラッキーでしたが、今年はかなり雨が多く、洪水で農家の畑がやられてしまっているようです。所長さんは「まあ、毎度のことだけど」と平然としてましたが…。

 ということで、こんな感じで農産物をもらい、こんな感じで買い上げてもらった代金をもらってる様子です。そう、トラックが買えないから、こんな感じで搬入してくるんです。隣に駐車しているトラックは配達用の州政府のトラックです。

20170818_crops_brought_in_by_farmer

20170818_farmers_cashing_their_crop

 

 そして、夜は7時半すぐに戻ってきて、さすがに疲れているのでホテルで食事。意外にいけるなと思っているインドの焼きそば(インド風中華)「Hakka Noodle」(客家麺)とビール。その後はインド国産ワインで一杯!

20170818_hakka_noodle

20170818_indian_local_wine_red_not_

 いよいよ明日帰国。20日(日)朝に到着予定です。毎回慌ただしいです…。

 

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/18

No.2491 やりがいがあるけど、お腹はいっぱい

 インドで物流の仕事を展開しようと思い立ってから2年経ちました。やっぱり今までの知識を総動員しながら、インドの人の知恵と情報をもらって組み立てていくのは、面白いです。倉庫は大きくなくては採算が合わないという、今までの常識と全く正反対にして、小さな倉庫を一杯作るというコンセプトは、自分なりに現地を歩いての結論です。だから、フォークリフトも使えない倉庫です。

この先は、いかにして倉庫の施設が壊れないように管理するか? 故障したときにスマートに対応できるか? ここがまだまだしらない土地だから難しい。今日も倉庫料金を徴収する仕組みをどうするか、打合せをしましたが、いやいや、いろいろなアイデアを出してくれるので面白いのですが、これを自分のこととして整理してまとめるのは大変。この組み立て直しを繰り返すことで、どんどんプロジェクトが研ぎ澄まされていくのだと思います。だからやりがいもあります。しかし、1日終わると、密度濃すぎてヘトヘト。

さらに、連日ヘビーなインド料理、それもベンガル風が続いたのと、今日は時間がないからと、お昼にショッピングモールのフードコートに行って「インド風中華」の定食を頼んだら、これがまた激辛で結構重くて…。

20170817_chinese_dish_at_city_cente

さらに、午後4時過ぎに訪問した会社でこんなの出されて、しっかり食べちゃって…。

20170817_bengali_sweets_served_at_j

ということで、今晩はホテルでサラダだけにしました。調整です。

20170817_this_is_enough_tonight

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/17

No.2490 先入観に捕らわれている!?

 15日はインドの独立記念日。よって、全国各地でセールが行われていました。夕方ショッピングモールを覗いたら、中に入っているスーパーの混雑がこんな感じ…。

20170815_

20170815_2_3

 いやー、レジが1時間待ち! 予約システム入れたらどうだなんて言ってられないです!? GDP成長率7%を誇るインド経済の勢いを感じますね。こんな混んでいる中で、大型のショッピングカート一杯に買い物して、押すな押すな…。アメ横でカート押しているようなもんです。インド経済恐るべしと実感します。そして、消費は多品種少量、高齢化ばかり考えている自分の頭をここでは切り替えなくてはいけません。

 

 そして昨日16日、ムンバイからコルカタに移動。到着してランチのハンバーガーがこれ。当然ビーフはダメだからチキン! レタスはなかなかないから、なんと白菜!!! これは驚いたけれど、意外に美味しい。先入観でダメだと思ってましたが…。

20170816_chicken_burger_with_chines

 さらに、午後は2箇所ほど回ってお仕事でしたが、会議中に9月の日程を調整するためにカレンダーを持って来てくれたら…。あれ!? あれあれ? こんなカレンダー見たことない。これも先入観なんだなと…。ありなんでしょう。ありです。使ってるんだから…。

20170816_calendar_vertical

 そして、昨晩は当然のようにベンガル料理。油が多く、マスタードもガンガン使って、マトンだ魚だエビだと出てきます。だから「ごはん」と一緒に食べるのが賢明。ナンはここでは滅多に食べません。さらに脂っこいし。ここで、教わったのが「ベジタリアンの料理は辛さが控えめになる」ということ。お肉を使った料理は、素材にスパイスをしっかり練り込んだりするので、どうしても辛くなるそうです。だから、インドの方々も、超辛の南部に行くと、できるだけお肉のないベジタリアン料理を頼むことが多いとか!? へーーー。

20170816_course_dish_at_favours_of_

 頭を柔軟にしないといけないし、日本の中でだけ発想していてはダメなんだなとつくづく思います。知らない間に頭が固くなって、先入観に捕らわれている自分を自覚しました。

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/15

No.2489 ムンバイ2日分のご報告

 今日14日は成田空港に向かうときから「お盆で相当混んでいる」という覚悟を決めて行ったのですが、乗車した成田エクスプレスはガラガラ。成田に到着しても、午前と夕方の出発ラッシュの間で、エアーポケットのように空いている時間なんですね。航空会社の方から「ヨーロッパ便が出た後なので、このエリアはムンバイ行きとヤンゴン行き位しかないので、空いてますよ」と言われました。なんとなく自分がとってもマイナーなところに行く感じがして…。

20170814_

 やっぱり先週の金曜日辺りが混んでたんでしょうね。昨年この時期にムンバイに行ったときは、とにかくお盆で帰国するインド人の家族が大量にいて大変でした。インドのみなさん若いので、お子さんも小さくて賑やか賑やか。それに比べて今日の便はガラガラ。ひっそりしています。これもまたいいのですが、帰国する20日は混んでいるのか? 一応お盆休みの帰国ラッシュと言われています。

20170814__2

 

 と言っている間に、雨のムンバイに夕方着いて、ものすごい湿気に一気に圧倒されて疲れて…。いやー、この湿度90%とか100%というのは堪えます。日本で予行演習してきたけど、やっぱりこの湿度はダメです!?

20170814__3

 一日経って、今日15日はインドの独立記念日。日本とは正反対でお祝いです。

 とは言え、朝8時からわざわざ休みを返上して、インドの運送会社の方が会いにきてくれて、なんと3時間も当社のプロジェクトについて意見交換。熱い人でしたが、こういう人と話ができると、どんどんネットワークが拡がっていきます。

 

 そして午後はお休みなので、お世話になっているDassさんの自宅に招かれて、ドラえもん好きのお子ちゃま二人に「どら焼き」をプレゼント。初めて本当のどら焼きを食べるということで、かなり興奮してもらいました! インドでもどら焼きはそのまま放送されているので、一体どんな味なのか?と思っていたみたいです。あんこは大丈夫かなと思ってましたが、喜んでくれて、次回も持っていって上げることに…。

20170815_

 

 そうそう、インドでアジフライを食べました! ムンバイではアジを食べるんだそうです。鯵フライだけど当然スパイス入り! でも、スパイスを混ぜちゃうのはありですね。お試しを…。

20170815__2

 

さらに! エッグコロッケもいただきました。若干スパイシー!?でも、これもなかなかいけます。インド料理、これだけ何回も来ていると、さすがにいろいろあることが分かってきました。

20170815__3

 

ということで、いろいろあるんですが、明日は早くからコルカタに移動して、夜までびっしりあるのでこの辺で…。

 

新卒採用の情報はこちら

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«No.2488 インド出発前夜