2018/01/19

No.2609 まだまだ知ることは多いです ক

 昨日昼過ぎに成田に到着しました。そのまま14:30に新橋の事務所に到着。横須賀線直通に成田から乗ってくると、乗り換えもなく一直線です。

 で、今は名古屋に行く新幹線の中で書いています。今日は広域運送事業協同組合の研修会が名古屋であるので一泊します。

 16日(火)、今回はJETRO(日本貿易振興機構)の主催した日本企業の皆様に私たちも合流する形でベンガル・グローバル・ビジネス・サミットに参加しました。出野さんにとっては、前回のデリーでのワールドフード・インディアに続いて2度目のカンファレンス参加。特に今回は、前夜祭とも言うべき巨大レセプションで、知事や大臣、インドの国会議員、日本の夛賀総領事、ジェトロの幹部や、日本の大手企業の駐在トップのみなさんと名刺交換をし、お話しをさせていただくというのは非常に良い経験になったと思います。これを苦痛と感じるか、面白いと感じるかは人それぞれ。私も23歳の頃からこの手のカンファレンスに学生の分際で参加させてもらい、非常に多くを学んだし、場慣れしました。この場慣れが大切なんですよね。

 

 そして、16日朝のオリエンテーションとも言うべきホテルでの「西ベンガル州の概要」についての夛賀総領事のお話も、西ベンガル州の政治情勢や今後の方針など大変参考になりました。ある意味「通い」でコルカタに来ている人間の知識なんて薄っぺらいもので、お住まいになっている総領事の「肌感覚」のインドのお話しは、なるほどなーと思いました。日本人には言語や人種の違いでいろいろな問題が起こったり、対立したりすると言うのが、頭では分かっていても、ピンときませんから。

20180116_lecture_by_mr_taga_r

 

 私の主義?とまでは行きませんが、あちこち行くよりは、同じ所に何回も通って、町の歴史や文化、お店、話題、スポーツなどいろいろ深く知っていくことが好きです。その意味でインド、それも西ベンガル州に没入しているのは、ますます面白くなっていきます。知れば知るほどインドの人もいろいろと教えてくれますから。ある意味「何でも興味を持つ変な日本人」です。さすがにガンジス川での沐浴はダメですが。

 ということから、そろそろ真面目にベンガル語を勉強しなくてはならないと思うのですが、あの文字を一つずつ地道に覚えなくてはいけないけど、大変だなーと…。「カ」とか「コ」の間の発音みたいな字は分かるようになりました! 

 

 ところで昨晩こんな感じで日本酒を呑みました。素焼きのお猪口は、実はインドの街角でミルクティーの「チャイ」を買うと、これに入れてくれるもの。ただでくれてそのまま割って捨ててしまいます。昔の日本でも「もってけ茶碗」というのがあったようです。で、これに日本酒を入れてみると、ちょっと変わった感覚で…。それだけのことでした。

20180118_sake_and_dioposal_tea_cup_

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/18

No.2608 最後まで分からないのがインド流

 16日(月)と17日(火)は、ベンガル・グローバル・ビジネス・サミット。要するに「西ベンガル州にいろいろ投資をして下さい」というイベントです。昨年できたコンベンションセンターでの開催。

で、意外?にも時間より少しだけ遅れただけでカンファレンスが始まりました。

 とにかく西ベンガル州の「インドの田中眞紀子」と私が勝手に呼んでいるママタ・バナジー州知事の馬力と一貫した考え方はなかなかのもの。これだけの知事って日本にいるのかなーと…。

 西ベンガル州は農民の割合が60%以上で、工業化も必要だけれど、農民の所得を上げることがかなり大切。よって、工業化をガンガン進めるモディー首相との対立軸が鮮明になっているのは、私にとっても分かりやすいのです。

 20180116_opening_of_bgbs_r

 

20180116_bgbs3

 オープニングでの挨拶も「ベンガルに投資をしてくれとは言うものの、工業にとって農業は必要。農業にとっても工業が必要。両立しなければ発展はない。そのために、ビジネスをしやすい環境をどんどん整えていく」といったもので、とにかくこの知事の首尾一貫した発言は、ある意味好きです。だから我々としても投資をする「裏付け」みたいなものがあるわけで、ありがたいです。

 

 今回のサミットで、当社の「ソーラー発電・蓄電式小型定温倉庫」の第2弾、西ベンガル州北部3箇所に6棟の倉庫を建設する「覚書」を西ベンガル州政府と締結することになっていたのですが、16日当日になってもいつやるのかさっぱり分からない。「No Problem」と言われてもねー。そして午後になってから「明日の正午にステージの上に上がってもらって、覚書の交換をする」とかなんとか連絡があり、サインそのものはこれから覚書を持っていくから事前にしてほしいと…。

 で、16日の午後3時過ぎにようやく控え室で、農業振興のスファールバングラプロジェクトのムカージー部長とサイン(写真) かなりの突然感です。

20180116_at_bgbs_mou_pre_sign

 そして昨日17日。私としてはその日はベンガル・グローバル・ビジネス・サミットは午前中だけ見学をして、その後は関係者と倉庫建設の打合せをし、午後8時半の飛行機でデリー経由で帰国!と考えていたのですが、正午に壇上に上がれと言われて、すっかり予定が狂い、さらには「おいおい、帰国する日の昼間に背広とネクタイかよ」と…。

 朝11:30まで農業関連のセミナーを聞いた後、メインホールに移動したのですが、そこでも全くご案内なし。「とにかく呼ばれたら壇上に上がってくれ」と…。直前になってもご案内がないのがインド流。

 全部で10組程度が壇上に順番に呼ばれ、私は7番目くらい?だったか。「生ママタ・バナジー州知事」と「生ミトラ大臣」がいて、そこで写真のように簡単に当社の取り組みを話して、その後覚書の交換。こういう風にやるんだー…、とこの歳になって納得。一緒に行った出野さんも壇上に上がれば?と言ったのですが、社内報用に写真を撮りますと頑なに固辞。「誰か撮って送ってくれるよ」と言っても「送ってくれるとは信用できない」ということで、以下にアップした写真となりました。インド流が分かってきているのでしょうか!?

20180117_bgbs_mou__r

 6棟の倉庫を今年の後半から作り始めるのは大変なことですが、逆にやりがいもあるし、ミトラ大臣がわざわざ自分から当社の取り組みを紹介してくれるなど、本当に私のコンセプトを理解し、応援してもらえていることがありがたいと思っています。

 20144月に初めてムンバイを訪問し、2回目の訪印が20154月。そこから加速して、201511月にコルカタを訪問してから何度も足を運び、今回で通算22回目の訪印。ようやくここまで来たぞ!という実感と手応えはあります。これからが本当の勝負で、この倉庫がきちんと機能し、農産物が少しでも腐らないで流通できるようにすること。

 今年2018年、ここから本当にがんばりたいと思います。

 明日は広域運送事業協同組合の研修で名古屋に行ってきます!

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/17

No.2607 てんぽら!?

 15日(月)昼間はインドで建設する定温倉庫が農民の所得向上にどれだけ貢献するか?を調査するアンケートやインタビューの計画を詰めました。現地採用したマンダルさんが、世界銀行や国連のインドでの調査を行っていた経験があり、統計的調査手法に明るくてとても助かります。こちらの意図していることをきっちりと理解してくれて、そこそこまともな調査ができそうです。まあ、この手の調査は精度を上げようと思ったらキリがないのですが、私も学生時代にいろいろやっていた統計を使っての調査経験が蘇ってきてます。

 

 夕方からは今回の訪印のメイン、ベンガル・グローバル・ビジネス・サミットの前夜祭とも言うべきレセプションに参加。これで3回目の出席にして、ようやく実際に西ベンガル州に投資をしていますと言える感じです。もうかれこれ22回目のインド訪問になると「コルカタに家を買った方がいい」とか言われたりして…。

20180115_at_bgbs4_r

 それにしても「懇親会」とか「レセプション」と言うものの、まるで違う生き物と言った感じでの壮大なもの。一緒に行って初参加の出野さんもさすがに開けた口が塞がらない。徹底的に大げさにやるのがいいところでもあります。

20180115_at_bgbs6_r

20180115_entrance_of_eco_park_with_

20180115_bgbs_entrance_exit_walkway

 そして、会場にはお寿司(と言ってもこちらで調達できる野菜やチーズを使った、創作?握り寿司)や「てんぽら」もあったりして…。天ぷらではありません。てんぽら。

20180115_bgbs_something_wrong_r

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/15

No.2606 インドでいろいろ勉強です

 昨日は日曜日ではありますが、ご支援をいただいているJICAの規定では、海外での業務は月間30日と定められているようなので? シングールにある建設現場に行ってきました。その後夕方6時から、野菜の輸出パッキングをしているセンターを訪問。夜中の便で出るので、その辺の時間が稼働中と言うことになります。

 さて、シングールの倉庫ですが、こんな感じです。レンガの壁がきれいに覆われました。

20180114_singur7_r

 

20180114_singur8_r

20180114_singur5_r

 ここでようやく分かってきたのですが、インドの建築は大きなプロジェクトを除いてセメントを使う量が少なく、さらには鉄骨ではなく、鉄筋。外壁などはレンガ。ということで、今の状態ではそれなりにきれいに窓枠なども仕上がってますが、柱や入り口の角など、ちょっとぶつかるとボロボロになってしまいます。築3年といいながら、え?こんなに古い感じになるの?ということになるんです。セメントより砂と砂利が多いからこういうことになる…。ということで、あらゆる所にコーナーガードを付けてもらうようにしました。

 12月に撮影した倉庫入り口前の既存の柱のボロボロ具合、分かりますでしょうか? こういうことが一つずつ分かってきました。勉強です。

20171216_entrance_of_singur_warehou

 そして、今回も日本から蚊取り線香を持っていったり、「ハエ専用のはえ取りテープ」とか、なかなか免疫がない現地の蚊やハエには効き目があることを確認。こういうローテクというか、「中テク」を組み合わせてソリューションにするのがいいかと思ってます。これからインドも食の安心安全が問題になるでしょうから。

20180114_singur_r

 そして、我々の最終目標はこれ。お昼に食べたチキンバーガーとサンドイッチ。レタスが入ってません…。フレッシュなレタスをきちんと保管して供給できれば…。いつかインドでシャキシャキのレタスをいただけたら、我々のプロジェクトは成功です。

20180114_lunch_at_singur_without_le

 夕方5時過ぎに打ち合わせを兼ねて寄った、もう二度と行くことはないだろうという途中の道路沿いのレストランというか食堂というか…。ここでみんないろいろな種類の焼きそばというかChaw Mienをいただきましたが、シンガポール風、香港風、玉子、チキン、エビといろいろな種類があるんですが、なんとなくみんな同じで…。これも勉強です。

20180114_hong_kong_or_singapore_noo

20180114_hong_kong_or_singapore_n_2

 

20180114_hotel_shyamaly_at_parganas

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/14

2018年1月14日 No.2605 タゴールと天心が代表する日印関係

 お久しぶりです!? とにかくインドでのスケジュールが一杯で、ブログ書く時間が…。

 荷物は11日(木)夜に無事に届きました。前日に乗ってきたのと同じ便でシンガポールから来たのですが、到着が1時間早くなり、まあその分早くにいただけました。空港のそばに行っていたので、配達してもらうと時間がかかるので、自らピックアップをしたのですが、インドはターミナル内に乗客でない人は入れないので、これがなかなか難易度が高いことが判明。今後のよい経験になりました。トラブルはいろいろ経験すると、ある意味財産というかノウハウになっていきます。これも個人的なBCPです!?

 

 12日(金)は、インドでは超有名な思想家、そして日本人は誰も知らない? ヴィヴェーカーナンダのお誕生日でした。コルカタ出身なので、なぜか政府系の方々の祝日。一般の会社は営業している。これもなんだか不思議です。ヴィベーカーナンダについては、以下のウィキをご覧下さい。腕を組んでる写真が有名で、インドではどこにでもあります。  ⇒ ヴィヴェーカーナンダはここをクリック

 

 この日、事務所での打合せを延々と繰り返した後、近くにある「タゴールハウス」と言われている「タゴール・天心記念館」に行ってきました。

20180112_rabindra_okakura2_r

  タゴールはインド人なら当然誰でも知っているアジア人として初めてノーベル文学賞を得た西ベンガルが誇る詩人。インドとバングラデシュの両方の国歌の作詞もしています。岡倉天心は東京芸大の設立に携わって初代の校長で、横山大観などを育てたことでも有名。で、岡倉天心が東京芸大を辞めてインドに行ったときに、タゴールや、先ほどのヴィヴェーカーナンダらと交流があったというのもインドに関係するまでは知りませんでした。両者の存在は知ってましたが…。

 そのタゴールの生まれた家が「タゴールハウス」になっていて、2007年に第一次安倍内閣の時の安倍総理が訪問してます。入り口にはこんなプレートが飾ってあって、ハッキリと…。

20180112_rabindra_okakura_r

 

 ここに来ると、インドと日本の関係を、岡倉天心とタゴールの関係がある意味代表していて、インドの方々がこれを非常に高く評価していて、日本に対してとてもよい印象を持っていることがよく分かります。

 タゴールが日本に5回も来ていて(茨城県の五浦海岸の天心のところに2回来ていたのは知ってましたが)、日本女子大などでも講演していたとか、渋沢栄一に会っていたとか、横山大観も一緒にいる写真とか、ここを見学させていただき「へーーー!」という感じ。

20180112_rabindra_okakura5_r

 さらには新宿中村屋の「中村屋のボース」と印度カレーの説明もあるし、極東裁判のパール判事のことも大きく紹介されています。

20180112_rabindra_okakura6_r

20180112_rabindra_okakura7_r

 こういうのは海外に出て仕事をする上でも大事なんだなと実感します。インドに興味のある方は岡倉天心とタゴールの関係を読んでみてください。ところで弟子の横山大観や菱田春草はインドに来たんだろうか? なんて思ったりして、いろいろ調べてみようと思ってます。ということで、最後はご案内をしていただいたチャターじーさんと出野さんと一緒に記念撮影。ありがとうございました。

20180112_rabindra_okakura8_r

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/11

No.2604 スーツケースが着かなかった

 昨日はインド出張直前でなんやかや、やっぱりいろいろやることがあって、結局会社を出たのが10時過ぎ。そのあと荷造りで、ブログはパスさせていただきました。

 昨日朝6時半に家を出て成田空港へ。自分が海外に行くのではなく、インドから来日するカワサキ・ソーラー・ウエアハウジングのスージット・パウルさんを迎えに行きました。途中渋滞にはまってかなり遅れたのですが、飛行機も遅れて到着し、出てくるのも時間がかかったので、私の方が10分ほど早く到着して待てました。

 それにしても、いろいろな関係からインドに行って、ついには人を採用し、そして成田で出迎えるというのは、感慨もひとしおです。まさかこうなるとは。ということで、スージットさんを葛西流通センターに送り届けましたが、私の記憶に残る日となりました。

午後は年始の挨拶回りなどこなして、帰社してからお仕事。

 

結果的には無事に今日10日(水)10:45羽田発の飛行機で、シンガポール経由でコルカタに向かっています。しかし、羽田発の飛行機が遅れ、シンガポールでコルカタ行きに乗り換えたものの、なんと「荷物は締め切ってしまったから積めない。コルカタに着いたら荷物が来ないことをレポートして対応してもらってくれ…」なんて言われて、何年かぶりに荷物が一緒に到着しないという問題に遭遇。でも、シンガポール発の飛行機も少し遅れたから、なんとか荷物乗ってないかなーと、今このブログを書きながら祈っているところです。まあ、直行便出ない限り、荷物が届かないということは一生のうち何回かはあるでしょう。昔、アメリカから帰ってくるときに、荷物が日本ではなくロンドンに行ってしまったということもありました。飛行機に乗るときの宿命…。

そうそう、機内食にシンガポール明治さんのヨーグルトが付いていました。日本と同じ味。そして「ヨーグルト」とカタカナでも書いてあるところがいじらしい…。

20180110_meal_in_silk_air_with_meij

 この続きは、コルカタに8:05について、ホテルにチェックインしてから書きます。

 

 で、やはりスーツケースは来ませんでした。全部の荷物が出きった、がらんとしたバゲージクレームで、シンガポールから乗ったシルクエアー(シンガポール航空の子会社)の係員に話をして手続き。明日の同じ便で来ると言われて「それって明日の夜の8:45?」 ということで、一緒に来た川崎陸送の出野さんと私は、明日の夜前着の身着のまま確定。夜11時くらいにホテルに配達してくれるんでしょう…。

20180110__r

 まあ、これも久しぶりの経験で、恐らく7年以上こういうことなかった気がしますが、出野さんには、こういう場合にどういう手続きをするのか、良い経験になったと思います。

 結局トラブルが起きても、その先がどうなるのか分かっていれば、冷静に対応可能。まさに「経験がものを言う」のです。私もいろいろトラブル経験してきましたが、若い出野さんが次に経験した方が良いのは、目的地と違う空港で降ろされてしまうことでしょうか!?

 そして、ハプニングは続くもので、我々が空港から乗ったハイヤーが、ホテルに入ろうとして右折したら、正面から来た二人乗りのオートバイと「軽く」ぶつかりました。特になにもないのですが、ドライバーと後ろの席にいた女性が口論して、1分ちょっとで終了。そのままホテルの敷地に入って…。警察も何もこの程度で呼ぶわけないのですが、出野さんは唖然。これが世界です!?

 

 ということで、日付も変わったので、本日深夜の荷物の到着を待ちます。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/08

No.2603 成人の日、ゴールデン・グローブ賞、新橋亭

 成人式なんですね。ピンとこないのです。私はその日、期末テストの勉強をしていましたから…。元服の発想から来ているのでしょうけど、一体出席率はどの位なんでしょうね? 一つの区切りではありますが、市区町村で本当にこういうイベントやる必要があるかどうか? 18歳を成人にすると、入手直前になるから出席率が悪くなるとか、晴れ着が売れなくなるとか…、どうでもいい意見が出ていて。だったらそもそもの成人式の意味が低いということにもなりかねません。

 

 ゴールデン・グローブ賞に出席した女優さんがみんな黒いドレスで出席して、セクシャルハラスメントに対するメッセージをこれだけ強烈に出したというのもスゴいですね。いろいろな意見があるでしょうけど、こういうムーブメントを作るエネルギーがあること自体がすばらしい。なんでもかんでも「しょうがないよね」と言っていたら終わってしまいますよね。

 

 最後、今日は朝から晩まで追い込まれて仕事をしていたので、お昼は新橋の老舗中華「新橋亭(しんきょうてい)」に初詣?に行ってきました。土鍋鳥そばは寒いときに最高です! そして当然ですが、有名な巨大シュウマイも!

20180108__r

 

20180108__r_2

 

 でも、ちゃんと雨が降り始めた中、烏森神社にもお参りしましたよ。

20180108__r_3

 明日は、午前7時過ぎに成田に到着する、インド法人の社員、スージットさんを迎えに行きます! その前に明後日の荷造り(泣)

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/07

No.2602 インド版「生みの親より育ての親」

 インドに行く前に行うのが「インドの辛さ、食材に慣れる」ということで予行演習。インド英語に耳を慣らせるためにインドのテレビを視るのも予行演習です。

 その中で今日一番印象に残ったニュースは、2015年に紅茶で有名なアッサム州のマンガルドイという町の病院で生まれたモスリムの夫婦の子供と、ボードー族(これ、私にはよく分かりません)の親子の間に産まれた子供が取り違えられていたというニュース。

今月、子供を元に戻す日になって両者とも、すでに自分たちの子供だということから、結果取り替えないことにしたという結果になったそうです。まさに「生みの親より育ての親」ということなんですね。

 産まれてから1週間後に、モスリムの夫婦の奥さんが、この子は目が小さくて、ボードー族の特徴をしていると言いだし、病院に調査を依頼したものの拒絶されてしまったそうです。当日同じ病院で出産した人達に連絡をくれるよう告知をしたところ、ボードー族の夫婦が反応し、この件を警察にも訴え、DNA鑑定をすることに。2016年にサンプル採取して、その後鑑定結果が出て、さらにその後本年1月にお互い元に戻そうという結果になったとのこと。しかし、その当日、劇的な結果になったのでした。

 日本でもかつて赤ちゃんの取り違えが頻発して問題になりましたが、確かに生後2年以上経過してしまうと、情が移ってしまっていることは事実。難しい問題でもありますが、インドでは「心温まるニュース」として伝えられていました。

 

 ということで、こんな話しも恐らくどこかで話題になるんだろうなーと思いながら、インド訛りの英語をまたまた聞いてます。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/06

No.2601 インド出張前はバタバタ

 朝から社内報をチェックしたり、16日の西ベンガル州政府との覚書の下書きを確認したり、ベンガル・グローバル・ビジネス・サミットというイベントでのスピーチを考えたり、インドとスカイプで会議したり、さらには輸出する資材の確認のために葛西流通センターに行って、さらに夜戻ってきたり…。土曜日フル回転。

(写真はインドに輸出する倉庫の内装に使う漆喰の材料)

20180106__r

さらにお昼はニュー新橋ビルで、空いているとは思わなかったお店でカキフライ定食! なんとなく冬を感じる昼食でした。これは関係ないか!?

20180106__r_2

 会社に戻っていつまでも終わらない仕事をこなすのも大変です。9日にはいよいよインドの子会社で初めて採用したインド人のスージット・パウルさんが3週間程度の研修のために来日。倉庫での流通加工を中心に、運営の仕方を学んでもらいます。午前7時過ぎに到着するので、私が直接成田に迎えに行きます。寒いところでいきなりの研修なので、いろいろインドでは不要な冬物買うのも何なので、ジャンパーとか冬用のモノも渡すようになってます。そして彼と入替に、私が10日からインド。今年はこんな感じで1年が過ぎていきそうで、ずーーっとバタバタしている感じがしてます。大丈夫なのか!?

 ともあれ、あさってがどうにか休めそうなので、なんとかなるかな? そもそも休みだと思っていなかったので、今日馬力入れて仕事をかなり終わらせたことが、逆に良かったか!?

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/05

No.2600 夢を語れる会社でありたい

 おかげさまでこのブログも通算2,600回に到達しました。単なる通過点ですが…。

  アメリカは寒波で大変なようです。今日メールで、ミシガン州の州都ランシングはなんとマイナス17度。東京が7度くらいだと返信したら、熱波が北みたいに感じると言われました! その通り。私も氷点下20度から当然2度になって半袖で外を歩ける経験をしたことがありますから!

 今日は新橋本社の仕事始めで、朝九時に本社スタッフの前で、今年の最初の挨拶をさせていただきました。やはり少子高齢化、それに対してどうカイゼンしていくか? 知恵を出していこう。今までのやり方に捉えられないでいこう、そんな感じでした。とにかく北朝鮮の問題など、一寸先は闇。どんなことが起こっても動じないというのは理想ですが、そのくらいの意気込みで仕事をしていくことが大事。突然の変化にも慌てないようにしたいと思います。

 今日は高齢の1年の最初の賀詞交歓会、日成共益さんの賀詞交歓会に4時半から参加しました。30歳過ぎから参加していていますが、熊谷社長さんのご挨拶が特筆モノでした。「目標ではなく、夢を社員と考えました。目標はムリをすれば届くかもしれないけれど、夢は叶わないかもしれない。でも、夢を常に持って語り合える会社でありたい」というような内容。これは意味が深い。私も目標に捕らわれていて、夢という文字を忘れていたかもしれません。もちろん、夢が目標になっていくこともあるでしょう。しかし、今日の熊谷社長の言葉、今日はかなり忙しかったのですが、この時間だけスポッと時間が止まって心に響きました。2600回目にふさわしい感じでした!

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/04

No.2599 顔を黒く塗るバカな芸人は日本の恥

 トランプ大統領の金正恩の年頭挨拶に対するツイートが問題になっています。「こっちの核のボタンを前から持っていて、そっちより大きくてパワフルだぞ」 このツイートに対するコメントを見ると、反対するよりも「50年もイランや北朝鮮に資金援助してばかりで結果を出せないでいたことを、よくぞ言ってくれた」「誰が書いたか分からない大統領声明を読むより、ストレートに我々に考えを伝えてくれて透明性がある」など、ちょっと日本では考えられないような「応援コメント」が大量に並んでいます。やっぱり今までと全く違う大統領像を期待している人達がかなりの数でいるということなんでしょう。

 

 さらに問題は、トランプ政権の中枢を担っていたバノンさんが書かせた、ホワイトハウスを攻撃するような暴露本が来週発売されること(なんとスゴイ反響なので、発売が前倒しされて今週金曜日になったようです) これはまさかと思う位驚きましたね。トランプ政権を誕生させた立役者という人が、そういう発言をするのか? これはキンドルでもなんでも入手して読まなくては! 政治は一寸先は闇なんでしょうか?

 

 そして今日の最も腹立たしいニュースはやっぱりフジテレビとお笑い芸人のアホさ加減。これは本気で国辱モノだろう。かつて日本で顔を靴墨か何かで黒塗りして黒人のグループを気取ったアホなグループがあって、世界的に黒人を差別、バカにしていると問題になったんですが、それをまた繰り返している。冗談でも顔を黒く塗ってはダメなんだというのが分かってない。ついにはBBCとか世界中のニュースで取り上げられちゃって…。これって安倍総理が謝罪すべき位の重さがあるよね。

本当に同じ日本人として申し訳ないと思います。こんなアホなことを平気でやる。自分が海外で顔を黄色く塗られて日本人だと言われたらどうなんだと…。自分が本気で差別されたらこんなことしないね。それだけ島国の無知なんでしょうね。

 BBCはこんな感じで報道してます。まさに日本の恥です。⇒ここをクリック

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/03

No.2598 1000億円の宝くじ

 正月休みなんて、あっという間に終わってしまいますね。明日から銀行の挨拶回りが始まります。7箇所くらい、歩いて回ってきます。正月休みのよい運動でしょうか!? まさに日本的な習慣ですが、でも、無駄の効用というのがあるというのはこの歳になってよく分かってきます。

 今日はインドとのやりとりが多く、インドの方々の出張の規程とか、いろいろ作って意見交換してました。ゼロから会社作るというのはこういうことで、まさに勉強の日々です。日本で作るならあっという間なんですが…。

 

 アメリカでは宝くじの一つ、パワーボール(日本のナンバーズみたいなもんでしょか?)が$858Mとなってるようです。8.58億ドルですから、1ドル112円とすると961億円!! これはスゴイ。ほとんど1000億円! グループ買いがスゴくなっているのでは!? 日本の年末ジャンボとか、あまりに小さく感じるから怖いです。

 火曜日の抽選で、1-42-64-47-70が当選なしだったようですが、さらにその上のメガボールというのが22で、さらにその上のメガプライヤーというのが4xだったとか書いてありました。当然それらに昨年1025日以来当たっている人がいないからこの金額になったとか…。逆に1025日に当たっている人がいること自体が私には不思議です!

最初の5つの数字の組合せだけでも1005乗だから100億分の1の確率。それにさらになんだか難しいのを当てないといけないとなると、当たること自体が不可能な感じがしますね。

 過去最高は度肝を抜く15.86億ドル って、1776億円! 昨年1月に出たようです。

お正月なんで、人ごととは言え景気の良い話しがいいです。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/02

No.2597 今年は違う正月です

 昨日は正月早々飛ばしてたくさん書いたので、今日は短目に。午前4時半からお昼の2時まで、フットボールに付き合いました。合計4試合。5試合全部見るのはさすがに…。朝からビール呑んだりワイン飲んだりしながら観戦も、ランキングが近い通しが戦うので、大接戦の連続と、スーパープレーの連続で、酔いが覚めるプレーばかり! 抽選によるトーナメントではなく、委員会の選定による実質的な招待試合だから、これだけ接戦になるというか、委員会の見る目があるんでしょうね。

 そうは言っても正月早々イランがおかしくなっているし、北朝鮮の「あの方」は威勢良く年頭の挨拶をしているし、来週は南北がオリンピック参加で会談するとか、アジアの株価は爆上げしてるし、世界は今日火曜日から動いています。こういう動きを見ていると、日本もクリスマス休暇にして、お正月は2日から動き出した方が全体にいいのでは?なんて冗談みたいなことを考えてしまいます。

   そうそう、Pokemon GOがようやく中国で公開されるようです。といっても今年のいつかはまだ発表されてないんですが…。なんだか相当昔の話しのゲームのように思ってしまうのですが…。

 

 通常は正月休みに一気に5冊くらい本を読んでしまうのですが、今年はなし! 実はインドがもう動き出していて、午後からメールのやりとりとスカイプで結構大変だし、溜まってる仕事もあるし、依頼されている原稿の数が結構あり、さらにはインドに行ってしまうだろうから、今のうちにやっておいた方がいい仕事を一気にやっつけようなんて思ったりして…。とにかく今年は年末年始も空いている時間がないというのが実態。いつもと違う正月を味わっております…。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/01

No.2596 新年に思う!?

あけましておめでとうございます。本年もこの適当なブログのご愛読を宜しくお願いします。

元日ですが、営業所を訪問したりしていて、車を運転している時間があり、結構いろいろ考えること、気がつくことがありました。新年の抱負と言うより、新年の今日思ったことを、以下、順不同で:

 

1 駐留米軍のAMラジオ放送のニュースで

言ってました。ニューヨークはまだ新年を

迎えてないけれど、寒さだけはものすごく、

氷点下10度(摂氏 華氏だと15度) 

体感温度は華氏でマイナス5度と言ってた

ので、マイナス20度! なんと年越しの

タイムススクエアでは1962年以来の寒さ

だそうです! でも、100万人以上が

集まっているとか…。さすがです。

私も元日タイムズスクエアで新年を向か

えたことがあります! 2回だけ 

大昔ですが。

2 同じく米軍のラジオのいわゆる広告を

聴いて驚いたのが:

 1) 横須賀基地ではマイカーの簡単な

修理をする研修講座があるそうです。

これでちょっとした出費が抑えられる

とか。なるほどすばらしい。DIYです。

 2) 「家族の中に英語が話せない方々の

ための通訳サービス」というのがある

ようです。書類の翻訳もしてくれる

か…。日本人と結婚した人とかいろ

いろあるのでしょうけれど、このサービ

スはスゴイ。いろいろニーズがあるんだ

と感心。

3 埼玉県内でスーパーを訪れ、やっぱり

価格重視が未だに厳しいと感じました。

ワインなどは500円以下のものが本当に

増えましたね。最寄り品の価格は低位

安定という感じです。中身の量は減って

いるみたいですが。

4 働き方改革がいろいろ報道されていま

す。当社も、物流事業者も変わっていか

なくてはなりません。しかし、それを

報道しているマスコミのかた方の働き方

はどうなのか? 知りたいです。

5 年賀状をいただいた方々の中で、

大先輩方の「年賀のご挨拶は今回限りに

させていただきます」というのが増え

ました。終活という言葉を使われている

方々もいるので、寂しい限り。一方で、

「えーー、そんなところにも行ったの?」

と驚くべき万年青年がいらっしゃるのは

うれしい限り。賀状で「今年はどこに

突撃されたのか?」を読むのが楽しみ

です。

6 自分にとっての初詣は、やっぱり

営業所なんだ…、と思いました。今日

元日も一部の営業所で出荷があります。

休みが多くなるほど、逆に営業している

会社も多くなる。果たして今日元日に

働いている人は国民の何割くらいいる

のだろうか? ますます休みの取り方

が難しくなる方が多くなるのではと

思いました。

 さらに、中途半端な量が出るので、

ある意味非効率。1日はお休み!と言

い切れない弱さが日本のビジネスには

あると思いました。

7 河野外務大臣の外遊の努力はなかなか

スゴいなと。パレスチナとイスラエルを

アメリカのエルサレム首都問題の後に

最初に行ったこと自体がスゴイ。さらに

3日からパキスタンとバングラデシュも

行くんでしょ? インドと日本が仲が

良すぎるだけに、隣国にきっちり訪問

して、それなりにゴタゴタしないように

してくれるのはありがたいです。

 日本の立場をこれだけ積極的にPRする

外務大臣は久しぶりだと思います。報道

される量が少なすぎると思います。

8 来期の経営方針をどうするか? 

いろいろ考えています。1月下旬に発表

するまで秘密です。

9 もう35年以上紅白歌合戦も「行く年

来る年」も見ていないので、新聞に

書いてあっても全く分かりません。

北島三郎さんは中山競馬場で大トリを

務めていたなーなんて…。

10 明日のカレッジフットボールは実に

時間の管理ができているよなー。逆に

日本の高校ラグビーとかサッカーは

同じ時間に何試合もやってしまって…。

視聴率とか気にしないところがすば

らしい。明日のアメリカ時間の元日の

フットボールの予定を以下に。

 Outback Bowl

 ミシガン大 vs. サウルカロライナ大

 正午(以下すべて東部標準時)

Chick-fil-A Peach Bowl

 No. 12 セントラルフロリダ大 vs.

No. 7オーバーン大 12:30 p.m.

 Citrus Bowl

 No. 14 ノートルダム大 vs.

No. 17 ルイジアナ州立大 1 p.m

ここからいわゆる準決勝戦 Rose Bowl
 No. 3 ジョージア大 
vs. No. 2 オクラホマ大 5 p.m
  
Sugar Bowl
 No. 4 アラバマ大 vs. No. 1 クレムゾン大
 8:45 p.m
  

一試合4時間近くかかるので、お昼から深夜午前1時くらいまでテレビから離れられない! 奥様方が「まだ見てるの!」と言いつつ、「しょうがないわね」と言ってやっぱり応援してしまうという笑い話があるくらい、上手くできてます。

 

高校ラグビーやサッカーもナイターできないのでしょうか? 恐らく教育上良くないんでしょうね!?

 

ということで、私はこれから一寝入りして、午前2時からこれに付き合います!?

 

以上「新年に思う」でした!?

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/31

No.2595 コミュニケーションの大切さを感じた今年でした

 今年も残り数時間になりました。昨年はインドにいて日本に31日に帰るという途中でのブログ。30日朝にダージリンで、世界で3番目に高い山、カンチェンジュンガを見たり、仏様航空と訳せるブッダエアーの看板見て、ちょっとどうなのこの名前?と思ったり…。締まりのない終わり方のブログでした。

 さて、今年は打って変わって実は今日も仕事をしていて、とにかくやるべきことは終わらせました。いやはや…。でも、朝6時過ぎからフィエスタボウル(ペンシルベニア州立大vsワシントン大)を見ていて…。まあ、休みの日はそんなもんです。2日の早朝からはぶっ続けで好カードを見なくてはいけないので、明日元日は日米のバスケットボールを視ていようかと…。

 

 それはともかく、やはりインドとトラアポが普通の仕事に重なってくると、それはそれで大変な1年でした。上手く捌いていかないといけない。まあ、これもポジティブに考えれば良いことで、少なくとも毎回インドに行っているのですが「来月インドに行くの嫌だなー」なんて思ってもいないので、まだまだやる気は十分あります。

 そして、今年はやはりコミュニケーションがとても大事だと思った1年でもありました。仕事上での報連相がなかなかうまくいかないのは、永遠の課題。いろいろなコミュニケーションツールがありますが、やはり「書いて報告する」という基本ができないことには、多くの人間が関わる仕事はできないですし、ましてやインドと日本は離れまくってますから、さらに書いて伝えることが大切。いろいろな道具があっても、それに対して入力するのは人間。そしてそれば記録に残って、コピーされて伝わっていきます。すぐに消えてなくなってしまう口頭だけのコミュニケーションはやはり限界があります。スカイプではまだまだできません。

 と、そんなことを思いながら、今年を終わります。皆様、どうぞよいお年をお迎え下さい。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/30

No.2595 10年一昔

 今日は営業所2箇所回ってきました。年末でも物流は続きます。休みが多くなればなるほど消費の場所も変わるから、配達をする場所も変わってきます。

 今月を以て、当社の武蔵村山営業所で行ってきた、業務用飲料の配送センター業務が終わりました。これに伴う輸送業務は引き続き行いますし、同じ業務を西日本では継続しますが、1974年以来、一時の瞬間的な中断を除いて続けてきた倉庫業務が終わったというのも、一つの時代の流れを象徴しています。

 こういう仕事をしていると、新しい仕事が来るし、また終わる仕事もあるし、その連続。この仕事も平和島を振り出しに、いろいろな倉庫を転々としてきましたが、ここ武蔵村山は2003年からで14年続いた勘定です。10年一昔で物流の形は変わっていきます。

20171230_murayama_r

 さて、全く関係ありませんが、今日は昨日のミシガン州立大学とワシントン州立大学のフットボールの試合のオンデマンド放送を見ました。

20171230_holiday_bowl5_r

そう、昨日は試合の時間は会社の勤務時間だったので…。カリフォルニアのサンディエゴまで行ってこの試合を観戦したかったなー。私のアメリカ時代の上司もお孫さん連れてみんなで応援に行っているので来いとメールが来たんですが…。会社の仕事を納めをサボるわけにはいきません。昨年は1231日までインドに行っていて納会に出られなかったので…。

 

20171230_holiday_bowl3

 ともあれ、42-17でしっかり勝ってくれました。早速試合に勝った記念のTシャツの宣伝が来ました! こういうの早い。

20171230_msu_holiday_bowl_t_shirt

  そして、学生がとても学生に見えない、みんなおじさんです!

20171230_holiday_bowl_r

 

 その試合を視ながら、インドで買ってきたインスタントパスタを食べてみました。鍋に水を入れてパスタとスープも最初から一緒に入れて5分間茹でろと…。そして、茹でたら水を切らずにそのまま食べるインド式。ラーメンの出来損ないのようだけど、これまたスゴくスパイシーでインド! ということで今日は終わりました。今年もあと1日です。

20171230_instant_pasta_from_india2

20171230_instant_pasta_from_india

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/29

No.2594 トラックドライバーの立場で考えているか?

 今年は年末押せ押せでインドに行っていないので、忘年会だ、なんだかんだでブログをお休みさせていただきました。別にお休みしたからってお詫びする必要はないのですが…。

 ともあれ、ここに来てインドの建築関係が、今のシングール(コルカタ郊外)の第1号倉庫の建築が何とか進んでいる中、次も西ベンガル州北部での10棟建築を急がなくてはいけないというのも大変な話しです。もちろん、来年6月から9月上旬までの雨期(モンスーン)に、どれだけ第1号倉庫が頑張れるか? どういう変更を施したら良いかによって、計画は変わります。それでも、ありがたいことにお引き合いが一杯来ています。まだ本当に有効かどうか分からないのに…。

 

 そして、トラアポもここに来て大量のお問い合わせを受けていて、なかなか大変です。トラックドライバーの待機時間をどうにかしたいということで永年訴えてきましたが、来年度予算でも国交省が補助金を出していただけるとか。

まさかそういうことになってしまい、、俄然みなさんが注目していただけるようになりました。こんなに反響があるとは…。

 それにしても、予約って簡単そうに見えるけれど、居酒屋の予約と違いますからね。その辺、永年アメリカに行って研究してきた自負もあるけれど、日本人は待つのが平気だと思っていたのが、手のひらを返したようにこれだけの引き合いをいただけること自体ビックリしています。まあ、そんなもんなんでしょうね。最後はこの予約システムをいかに売るのではなく、いかにドライバーの職場環境を良くしてあげられるか? それだけだと思います。しかし、ドライバーの立場で考えられるという人が少ないのも事実。今日は会社の納会でしたが、ドライバーは明日も明後日も元日も動いている人達が多いのです。その気持ちが分からないやつらに、こういうシステムを考えることは難しいでしょう。休日が多くなればなるほど、休みに配達しなくてはならないし、配送センターは動かなくてはならないのです。その辺の感覚がずれまくっていると、上っ面だけの仕事になって、なかなか改善しません。その意味で、アメリカははるかに進んでいると思うのです。

 ということで、年末年始は現場を回りたいと思います。昨年は1231日にインドから帰国だったので…。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/26

No.2593 時間がなかった父親の命日

  とにかく忙しくて、朝からバタバタでしたが、実は今日は私の父、川崎陸送株式会社の前社長の命日でした。そういう日なのですが、それでもあっという間に一日が終わり…。

 

 とにかく年内に終わらせようという意識以上に、来年110日からインドに行ってしまうので、その前に仕事を終わらせておこうと思うと、祝日が意外にも1月の頭にあったりして、実は営業日数が少ないことに気がついて慌てました。いわゆる「年内に決めておかないと間に合わない」的な感じで、特にインドのプロジェクト関係が実際物理的に日数がないのに慌てて…。

 ということで、今日は午後7時に急遽関係者に新橋に集まっていただき、インドの西ベンガル州政府が制作した12分ほどのプロジェクトを説明するプロモーションビデオをどうやって日本語化するかを検討。4月の竣工式には必要なのですが、今から準備しないと、結構危ない。夜の打合せなので、ついでに新橋の豆腐料理屋さんに移動して、さらにその後の進め方を話し、さらにさらにその後に待ち構える、当方のプロジェクトの考え方をインドの方にベンガル語で説明するビデオをどうやって制作していくかの手順を検討して…。いやー、なかなか手間がかかるし、日本語->英語->ベンガル語と翻訳して、内容のやりとりをする、文字数が多いとか、言葉が長すぎるとか、調整が大変そうです。同じ事説明するのに単語の数が違いますからね。そもそもインド側が予定通りにやってくれるとか心配だし…。

 ということで、豆腐料理を堪能してきた父親の命日でした。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/25

No.2592 クリスマスに地下鉄が大名行列?でスタート

 なんとまあ、もう25日。今年はかなりやる気があったので、年賀状もきちんと出し終わりました。ここ数年がんばっています。クリスマスカードはインドへ行く前に出しているし…。ともあれ、ホッとしています。

 インドの方から結構クリスマスのメールメッセージをいただき、あれ?と思ったのですが、確かにインドでは今日25日は国民の祝日。で、ヒンズー教でしょう?と違和感を持っているんですが、ある意味仏教・神道の日本人からクリスマスカードもらったら、やっぱり違和感持つ人いるんだろうか? そんなことを考えていました。

 さて、今日のインドのニュースは、デリーの地下鉄に新しい路線、マゼンタラインがスタートしたという話題。日本のJICA(国際協力機構)の支援で完成したものですが、モディー首相もデリーの市長や隣接するウッタルプラデシュ州の州知事と試乗。その大名行列的な様子がインドのCNN18でアップされていましたので、6分半くらいありますが、首相到着から乗車までじっくりご覧下さい。インドらしくてなかなかいいです!⇒ 映像はこちらをクリック

 もはや日本の普通の地下鉄と同じ、ホームドアもあれば、車内でWi-Fiも使えるそうですが、鈴なりに乗ってしまったらどうなるのか!? 第4次の延伸計画はJICAがファイナンスするかどうかまだ決まってないらしいですが、なんでも1,000億円を越えるらしいと新聞には書いてあって…。なかなか大変ではあります。

 でも、クリスマスにオープンさせるというのは、演出が大事な国だというのを実感させてくれます。これもまたインドの勉強です。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/24

No.2591 ありゃま!

 中山競馬場にのこのこ出かけてきました。例年になく入場人員が多いと感じましたが、それでも10720人 売上げは売り上げは前年比984% なかなか低迷を抜けられないようです。平成2年にオグリキャップが同じく武豊ジョッキーで勝ったときに入場人員は、なんと177779人。あの日私もいましたが、とにかく場内騒然としていて危ない感じでした。

  とは言え、こんな感じで多くの人が一攫千金を狙って、あるいはキタサンブラックの引退レースを見ようと…。

 

 20171224__r

 

20171224__r_3

 ともあれキタサンブラックが予定通りに勝って良かったのでしょうけど、2着のクイーンズリングは「ありゃま!」という感じでした。それでもスポーツ新聞ではヤンキースの田中将大投手がクイーンズリングの追い込みを期待していたということですから、これは立派。たしかに後から考えると、それはそれで納得できるのですが…。田中投手お見事です。

20171224__r_2

 勝った北島三郎さんの持ち馬、キタサンブラックはパドックでも堂々としていて、まさに王者。やはり7冠を制したテイエムオペラオーの風格がありました。引退レースに際して、関係者がどれだけ努力して仕上げてきたかがよく分かりました。ただし、2着が…。これが「ありゃま記念」なんでしょう。

 ということで、今日は大人しいクリスマスイブでした!? 来年またがんばりましょう。

 

 そうです! 驚いたのです。明日25日、インドはクリスマスで祝日なんだそうです。あれ? インドって基本はヒンズー教でしょう? どうなってるの?

さらに、今日は土曜日なのですが、インドは銀行も含めて営業日。土曜日も振込とかOKのようです。ということで現地採用の方々のお給料を振り込ませていただきました。所変われば…。とにかくいろいろ勉強になります。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/23

No.2590 ノースダコタって意外に所得があるんだ

 ノースダコタ州選出の共和党下院議員Kristi Noem議員が、一昨日というか昨日未明にトランプ減税(税制改革)の調印式の前に語っていたのが意外でした。共和党議員が続々と出てきて「やったやった」と自慢するスピーチの連続なんですが、ノースダコタという田舎の州は世帯所得平均が56千ドルしかないので、この減税によって多くの人の生活が楽になると…。高額所得者にのみメリットがあると言われているトランプ減税ですが、ノースダコタでそんなに所得があるの? 私にとって、ノースダコタはイメージ的には日本で言う島根県です。サウスダコタが鳥取県。誤解しないで下さいね。東京がニューヨークというイメージで、ロサンゼルスが大阪という例えです。だったらシカゴは? 名古屋です。

 ともあれ、最も所得が低い州というイメージのあるノースダコタで600万円あるの? 日本の平均世帯所得は400万円を切ったとか言われているではないですか。いろいろな統計の取り方はあるでしょうが、やはりアメリカは豊かな国だと思います。シェールガスの影響もあるんでしょうか?

ちなみに島根の平均所得を調べたら、397万円(2016年厚生労働省「賃金構造基本統計調査」) 東京は609万円です。

 

さて、明日はいよいよ「ありゃま記念」です。またまた結果を見てみんなが「ありゃま!」と驚くんでしょうか? 今年の感じが「北」と言うことらしいのですが、キタサンブラックが人気。でも、11番のルージュバックには北村騎手が騎乗です!

今年はやっぱりミルコ・デムーロ騎手の活躍を抜きには語れないでしょう。左回りの方がよいスワーヴリチャードでも、この騎手が乗ればどうにかなる? 素質だけで走っていた皐月賞・ダービーの時とは大きく変わって成長したと思い、本命にしました。

そして、絶好の調教を披露したルージュバックの複勝は買ってみたいです。

◎(14)スワーヴリチャード

○(2)キタサンブラック

▲(1)ヤマカツエース

△(10)シュヴァルグラン

△(11)ルージュバック

△(13)ミッキークイーン

なんて勝手に言っていますが、やっぱり「ありゃま!?」でしょうか?

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで 

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/21

No.2589 気になるUberと日本郵政 ニュース2つ

 今日は気になるニュースが2つ。

1 Uberはやっぱり運輸サービスでした

私も運送屋ですから、Uberは運輸サービスではなくテクノロジーであるというのは詭弁にしか聞こえなかった。みんなUberが移動手段を提供してくれていると思っている。

日本ではUber禁止ですが、これがOKになったら、タクシーの方々は何やってんだか意味がないと思います。なんのためにドライバーの研修までやっているんだか。

国が安全面の確保をするために規制をしているという理由がなくなってしまいます。お客の評判を点数化するだけでは不十分。それまでに犠牲になる乗客がたくさん出るのですから…。

でも、サービスを重視していてなかなかがんばっていると思っていた東京MKタクシーの社長さんが新橋駅で個人タクシーに乗ろうとしてもめて、暴力振るって逮捕されましたね。これってどうなんだ? 本来Uberを批判する立場でしょ? 東京MKの社長も個人タクシーに乗るんですね。私もその頃新橋にいたような感じがしますが…。

 

2 日本郵政の長門社長が、年末の配達遅れが半日程度だと説明

驚いたのは、半日程度の遅れが124日から11日にかけての実績で、年末は大きな遅れが出ることはないだろうとおっしゃってること。本当か? 郵政は値上げが来年なので、かなりの荷物がヤマト、佐川から郵政に移ってます。最後の週の出荷がどの位になるのか? 現場知らないというか、生活実感がないというか…。年末か来年、長門社長がどういう感じで謝罪するのか?楽しみです。

 

結局、物流というのは案外キャパシティーとか、ルールとか、そういうことが余り考えられないで動かされています。飛行機はさすがにムリですが、新幹線も年末は立ち席というか、乗車率250%で山手線並みとかなんとかニュースで出ますよね。これは日本に限ったことではなく、鈴なりになって列車に乗っているのは、発展途上国ではおなじみ。飛行機につり革に掴まって乗ろうなんて誰も思わないでしょ? なにか考えるべき時です。

 

以上、今日の私の気になったニュースでした!

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/20

No.2588 大規模停電は大変だ

 日本時間で月曜日、現地で日曜日の午後に起きた、アトランタ空港の停電はスゴいですね。世界で一番乗客数の多い空港が停電するとこんなになるんだと。1,150本の飛行機がキャンセルというのもスゴイ数で。

 USATODAY40枚のスライドは現場の混乱がよく分かります。自分は到着していても、預けた荷物が停電でベルトコンベアが止まってしまって出てこないというのは最悪ですね。みんな至る所で寝てるし。

 

 BCP(事業継続計画)で、ここを拠点とするデルタ航空もそれなりには対応したんでしょうけれど、欠航した便以外に、到着する便が他の空港に回されるとかもあるでしょうから、これはさすがに危機管理と言っても完璧には対応できるモノではないです。いかにお客さんを冷静にさせるかなんでしょうけど、それも難しいでしょうね。

 BCPの計画策定はみなさんされているでしょうけど、いざ本番になってみると、そうは問屋が卸さないということで、やはり普段の訓練を欠かさず、いざという時に少しだけでも冷静さを持っている必要があるんだと思いました。

 

 アメリカの元日にアトランタのメルセデスベンツ・スタジアムで開催される、ピーチボウルなんて、一度見に行きたいななんて勝手に妄想していたんですが、この大停電で一気に妄想が萎みました。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/19

No.2587 カレッジフットボールの観客動員数が発表になりました

 久しぶりにアメリカンフットボールの話題。

昨日のアメリカのスポーツ専門サイト「247スポーツ」にこんなのが出ていました。

365日のことをTwenty four by Seven (24 x 7)というのでこんな感じの名前。24時間、7日間通しという意味で…。

 で、これは今シーズン終了したアメリカの大学フットボールの平均入場人員。1試合です。やはりミシガン大学、デカい器持ってるだけあります。毎回満員御礼。ミシガンもオハイオ州立大学のスタジアムも、すし詰めで、出るときは大変だというのが評判ですが、それでも強いチームは人気があるし、弱いときでもファンは応援します。

1ミシガン大学 111,480

2オハイオ州立 107,495

3ペンシルヴァニア州立 106,707

4アラバマ   101,722

5テキサス農工  98,802

 

19ミシガン州立 72,485

で、当然応援しているミシガン州立大学は19位の72,485人。これでもスゴいと思うんですが…。 ということで、以下のサイトでご覧いただくと、スタジアムの写真付きで、なかなかスゴい。日本の大学スポーツもみんなが応援して、もっと人が入るようにならないかなと思います。=>247スポーツはここをクリック

 

ただし、世界最大は平壌スタジアム。30万人入ります。これ本当です。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/18

No.2586 慣れるのに時間がかかりそうです

 昨日帰国。行きはムンバイまで向かい風で9時間半。帰りはほぼ同じような距離のデリーから東京まで追い風でなんと6時間半(本当はムンバイの方がちょっと遠い)。あまりの時間の違いに驚きます。対地速度も行きは800Kmちょっとが、帰りは930Km位出ていました。だから帰りは時間が短いだけ楽です。

特に冬場はこのジェット気流が強いので差が大きくなるようです。

 で、帰って来て用事があり新橋へ。写真のような情景で、さらに気温も低く。インドから帰ってきてすぐに思うのは「東京は人が少ない」 これ本当に感じます。まあ、インドが人が多すぎるんでしょうけど…。

20171217_shinbashi_r

 そして、インドで驚くのは建築方法の違い。128日のこのブログでもご紹介しましたが、竹の突っ張り棒で屋根を支えて、コンクリートが固まるのを待つ! だから入り口もこんな感じでした。

20171216_entrance_of_singur_warehou

  なんか不安だなーと思うのは私だけではないはず。固まったら取り外すらしいのですが、外したら屋根が落ちてこない? だって、つっかえ棒の高さの調整が、レンガを置いてこんな感じですからね。

20171216_support_ceiling_by_bamboo_

  自分の建ててる倉庫なんですが、やっぱりこの工法はなれるまでに時間がかかりそうです。

 さらに屋根の上にホースで水をまいて、打設したコンクリートを冷やす! 1週間くらいなんだそうですが、これまたビックリ。地震がない国っていいですね。写真はまだホースで水を流している途中の様子です。これが一面水で覆われて終了。

20171216_rooftop_cement_cool_down_b

 最後、スペインに旅行に行ったインド人の方からお土産にいただいたボトルチョコレート。なんか懐かしい感じですが、とてもカラフルなのでアップさせていただきます。

20171217_dass_san_omiyage_from_spai

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/17

No.2585 インドでこれだけの人間が集まりました

  出張中はなかなか忙しく、ブログもアップできず…。なんせ昼間の仕事が終わって、食事をして、終わってから日本から来たメールなどに全部対応していると、さすがに時間切れというか、午前様になって。それでも2585回目は移動中のデリーの空港、午前1:00過ぎから書いています。

 今回一番印象に残ったのは、やはり2年半前にインドに初めて来て、そこから今回21回目の訪印となり、これだけのメンバーに恵まれてチームが本当にできたことです。実質的に昨晩(15日夜)、エンジニアリング部門でお世話になっているIWATECの着ラバルティー所長以下、インド人スタッフ4名と、川崎陸送及びKawasaki Solar Warehousingのメンバー6名、合計10名でキックオフの会食をコルカタ市内で行いました。本当に一人一人個性豊かで、積極的で、そして必要な能力を持ち合わせた人達が、古い言い方ですが梁山泊のように集まってくれて、このソーラー発電・蓄電式小型定温倉庫でインドの農業と農民の生活を変えてやろうという考えに賛同してくれたことです。

 この倉庫は、自分が物流とかロジスティクスを学び経験してきたことの集大成だと思っていますが、このコンセプトについてこれだけ賛同してくれたということがありがたいと思っています。もちろんスタートしただけに、当然のように責任があるなー、と今さらながらに思っていますが…。

 当日撮影した記念写真。左から4人目は新卒のロクナット君。日本語を勉強しています。

20171215_our_members_r

 

 そして、西ベンガル州政府の農業マーケティング次官に15日のお目にかかり、当社の第2号倉庫以降、西ベンガル州北部での展開について提案させていただいたところが、なんとあっさり全部OKで、土地も提供いただけることに。従って、希望する農産物市場内に倉庫を作りたい土地の大きさを急ぎ確定してほしいとか…。今までずいぶん時間かかっていたのに、急にスピードが出てきて…。かなりの予定が前倒しになることとなり、来年1月からもかなりバタバタと大変です。ということで、そろそろ飛行機が出るので、ここでアップして、後は帰国後の成田エクスプレスの中から…。

20171215_desert_at_oh_calcutta_r

 

 懇親会で最後に出てきたベンガル料理のデザート。甘過ぎで、持参した糖度計で計測したら、「計測不能」になりました! インド人は甘いのが好きです。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/13

No.2584 真夜中のコルカタ空港はシュール!?

 順調に思えたムンバイでの乗り換えも、「定刻」と書いてある掲示にもかかわらず、その時間になっても飛行機がゲートにいない状況で、結局「定刻で1時間遅れなの?」という感じで出発。コルカタにはほぼ午前0時に到着。

20171212_at_mumbai_actual_departure

 

20171212_no_airplane_arrived_yet_r

 唯一空港からの車が夜中で空いていたので、ホテルに深夜1:15位にチェックイン。これがなかなか厳しいのです。これ以上遅く着くともっと大変です。

 ところで、コルカタの空港に到着したら、タラップを降りて「バスがいるはず」と思っていたら、バスがいなくて、乗客が真夜中の空港のはるか片隅に放置された感じで…。思わず写真を撮ったらなかなかシュールな感じで…。これからみんなサバイバルみたいな…!?

 

20171213_arrival_by_jetairways_at_k

 

 ということで、午前3時過ぎに寝て、9時から活動をして、倉庫の工事進捗とか、日本からの資材の通関の件で話をしたりして今日も終わると…。

 楽しかったのは、お世話になっているポーラン・ダスさんのご両親が、5月からアメリカに行くために、長期滞在のビザを申請にコルカタのアメリカ領事館に来ていて、ご一緒できたこと。西ベンガルの隣のアッサムからいらっしゃって同じホテルに泊まっていたのですが、これでお目にかかるのは3回目。面白かったのは、このご両親、お酒を飲まない。なんでも「アッサムや西ベンガルでは、高齢者ほどお酒を飲まず、若者の方がお酒を飲む」というお話し。日本と逆ですね。とにかくいろいろと逆のことが多いから、これまた話していて面白い。ということで、最後にみんなで記念写真でした!

 

20171213_with_dass_sans_parents_a_2

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/12

No.2583 カリフォルニアの山火事は想像以上

 カリフォルニアの火事は大変です。気になったので、昨晩知り合いのRollin Baughさんに連絡をしたら、なんとなんと、サンディエゴにあるデル・マー競馬場周辺は、800頭の競走馬が避難をしたそうです。800頭! その内、一般的になじみがある「サラブレッド」が400頭。残りはクオーターホース(サラブレッドよりも短い距離を走る、長短距離ランナーです)など、その他のレース用とか乗馬用の馬。人間が避難する以上に大きなサラブレッドやクオーターホースを避難させるのは大変です。多くの馬が死んだと言われています。これは日本で報道されている以上に大変な火事になっているんですね。謹んでお見舞い申し上げます。

 

 さて、今日は成田からムンバイ(ボンベイ)経由でコルカタ(カルカッタ)まで。一端コルカタを通り過ぎて、ムンバイからコルカタにバックするわけは、バンコックやシンガポール経由だと、コルカタ到着が午前1時とかになって、ホテルのチェックインが午前3時半とか4時になってしまうから。大抵飛行機が遅れて、ホテル到着午前5時とか6時もあります。これは辛いので、ムンバイ経由で午後11時過ぎにコルカタに到着してくれると、ホテルに午前1時くらいにはなんとか入れます。そうすると、5時間くらいは眠れるでしょう。ということで、できるだけコルカタに到着するのが午前0時を回らない便を選びます。

 でも、今の時期はジェット気流に「向かい風」で飛ぶので、9時間半くらいかかっちゃいます。以前新型のボーイング787が飛ぶ前は737で、羽田を出て一端福岡に降りて、そこで給油してからムンバイに行きました。それだけ向かい風が強い。逆に帰りは「追い風」になるので結構早く、最短6時間半で飛んできてしまってビックリしたことがありました。

 冬休み前なので、成田~ムンバイ線は空いているとたかをくくっていたら、結構満席ではないですか! これは結構驚き。インドもだんだん注目を集める場所になってきたということかもしれません。

 まあ、エコノミーでも787は他の機種に比べたら室内の湿度もコントロールされていて、かなり過ごしやすいです。おじさんの年齢になると、さすがにLCC9時間半はムリだなーとは思いますが…。

 それにしても成田空港とインドの空港の混雑の違いが甚だしく、こういうところでも、少子高齢化、人口減少とその逆の国があることを実感します。

 ということで、現在日本時間23:10 ムンバイ空港でコルカタ行きを待っているところでアップさせていただきます。

 

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/11

No.2582 サンディエゴの火事

 明日からインドに行くので、とにかく今日は出発前に「終わらせなくてはいけない仕事」を一心不乱にやっていて、気がつけば午後9時を回っていて。でも、昼休みには慌てて「新橋かめや」にかけこみ、私的には恒例の「インド出張前日の最後のランチ」を済ませて。それがこれです。天玉そば 今年値上げして440円。

 

20171211_my_last_lunch_before_visit  帰宅して、明日のインド出張の最後の仕上げ!? 食料とか着替えをスーツケースに詰めて。それもきれいに、荷物がずれないように。そうしたら、ストリーミングで流れていたアメリカのニュース(前日なのに予行演習でインドのニュースを見ていませんでした)で、サンディエゴ近郊の山火事が、なんとサラブレッドの育成牧場まで飛び火して、馬が死んでしまうとか何とか…。

 そこで、地元の「サンディエゴ ユニオントリビューン」紙をチェックしたら、かなり強烈な生々しいビデオが掲載されていました。この火事は相当スゴいし、知らないと過小評価をしてしまう可能性があります。我々日本人の感覚とは丸で違いますね。

 ということで、今日はURLをご紹介しますので、是非ともご覧下さい。

⇒ ここをクリック!

 

出てきた「サンディエゴ ユニオントリビューン」紙のホームページに出てくる動画をクリックしてご覧下さい。これはかなりのインパクトです。

ということで、インドのお話しは明日以降で…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/10

No.2581 インドにこれだけ持って行きます

 今日はインドに持って行くカップラーメン・そば、おつまみなどをいろいろ買い出ししてきました。私の持っている最大サイズのサムソナイトの鞄、いやはやなかなか入るモノです。最初これでは入りきれないだろうなと思っていたら、意外にもどんどん入ります。これなら来年1月にもう一度同じ事やれば、結構それなりにできるなーなんて考えています。

 ということで、まだビニール袋に入れたりしていませんが、こんな感じで入り、1月に訪印する漆喰職人さん達の一助になるカップ麺他が以下の写真です! それにしても本当にいろいろ入ってます。蚊取り線香も入ってるの分かりますか? さらに、実はこの下にプラスチックでできたオリコンまで入ってる! 運送屋の真骨頂であります!?

20171210_packing_food_staff_to_indi

「リーン・ウエアハウジング」のお求めはアマゾンで

広域運送事業協同組合の安全メルマガはここから登録!

『「事業継続」のためのサプライチェーン・マネジメント実践マニュアル』

「ヒューマン・ロジスティクス」のお求めはアマゾンで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«No.2580 Army vs Navy !!!